Lync と Exchange の統合 EWS part5


こんばんは。Lync サポートの久保です。

 

これまで EWS 接続に行うための情報のソースとなる Primary SMTP アドレスを取得し、

名前解決を行い IP アドレスを取得し、

HTTPS 接続によりネットワーク レイヤーでの接続を確立する様子を確認しました。

その次に各設定箇所の確認方法について解説いたしました。

Lync と Exchange の統合 EWS part1

Lync と Exchange の統合 EWS part2

Lync と Exchange の統合 EWS part3

Lync と Exchange の統合 EWS part4

 

今回は、Lync クライアントの EWS の接続インターバルについて解説いたします。

Lync 2013 からは、キャッシュを保持している場合、サインイン直後からほとんど遅延なく Exchaqnge へ接続が行われます。

その後、Client Policy で設定されているインターバルに基づき、定期的に同期が行われます。

 

Set-CsClientPolicy

WebServicePollInterval

Microsoft Exchange Server 2007 以降のユーザーの場合は、WebServicePollInterval により、Lync が Microsoft Exchange Server Web サービスから予定表のデータを取得する頻度を指定します。WebServicePollInterval は、1 秒から 1 時間の範囲の任意の値に設定できます。Web サービス ポーリング間隔を設定するには、時:分:秒の形式を使用します。たとえば、次のコマンドは、Web サービス ポーリング間隔を 45 分に設定します。

-WebServicePollInterval 00:45:00

この設定は、電子メール アカウントが Exchange 2003 に存在するユーザーには適用されません。それらのユーザーの場合、予定表の取得は MAPIPollInterval プロパティを使用して管理されます。

この設定は、Communications Server 2007 R2 のグループ ポリシー設定 "Web サービス プロバイダーから予定表のデータを読み込む時間間隔" と同等です。

 

なお、デフォルト値は 30 分になります。

 

ClientPolicy なので、Lync クライアントの UCCAPI ログを確認することで、サーバーからどのように設定が配布されているか確認する事が可能です。

<provisionGroup name="endpointConfiguration" >

<propertyEntryList >

<property name="ShowRecentContacts" >true</property>

<property name="ShowManagePrivacyRelationships" >false</property>

<property name="MaxPhotoSizeKB" >30</property>

<property name="DisableMusicOnHold" >true</property>

<property name="EnableSQMData" >true</property>

<property name="EnableURL" >true</property>

<property name="PhotoUsage" >AllPhotos</property>

<property name="AbsUsage" >WebSearchOnly</property>

<property name="MaximumNumberOfContacts" >250</property>

<property name="SearchPrefixFlags" >127</property>

<property name="WebServicePollInterval" >3600</property>

<property name="EnableEnterpriseCustomizedHelp" >false</property>

<property name="HotdeskingTimeout" >300</property>

<property name="EnableExchangeDelegateSyncUp" >true</property>

<property name="EnableContactSync" >true</property>

<property name="ShowSharepointPhotoEditLink" >true</property>

<property name="EnableVOIPCallDefault" >false</property>

<property name="MaximumDGsAllowedInContactList" >10</property>

<property name="EnableMediaRedirection" >true</property>

<property name="P2PAppSharingEncryption" >0</property>

<property name="EnableHighPerformanceP2PAppSharing" >false</property>

<property name="EnableHighPerformanceConferencingAppSharing" >false</property>

<property name="TracingLevel" >Light</property>

<property name="ShowAliasOnContactCard" >True</property>

<property name="SearchPrefixFlags" >7f</property>

<property name="EnableTraceRouteReporting" >TRUE</property>

</propertyEntryList>

</provisionGroup>

</provisionGroupList>

 

UCCAPI ログは以下のパスにログされ、テキスト エディターで開くことが可能です。

%userprofile%\AppData\Local\Microsoft\Office\15.0\Lync\Tracing

 

次回 Lync と Exchange の統合 EWS part6 では、EWS 接続先を確認する方法についてクライアント・サーバーの両方の視点から確認してみたいと思います。

 

引き続き快適な Lync ライフをお楽しみください。

Comments (0)

Skip to main content