[Skype for Business Online] フェデレーション ユーザーとの P2P ファイル転送を禁止する (ExternalUserCommunicationPolicy のリリース)

Japan Lync/Skype Support チームの和気です。   Skype for Business Online で新しいポリシー “ExternalUserCommunicationPolicy” が利用できるようになりました。 このポリシーでは、これまで要望の多かったフェデレーション ユーザー (外部組織のユーザー) との P2P セッションにおけるファイル転送の制限を実現可能です。 今回は、この新しいポリシー、およびこのポリシーを使ってフェデレーション ユーザーとの P2P ファイル転送を禁止する方法についてご紹介したいと思います。  


Skype for Business iOS/Android – ゲスト参加時に表示されるメッセージ

Japan Skype/Lync サポート チームです。 サインイン中のモバイルクライアントで他組織のオンライン会議へゲスト参加する際、会議 URL へアクセスした後に以下のメッセージが表示されます。 Skype for Business for iOS     Skype for Business for Android      メッセージ 日本語 : 「会議専用バージョンのアプリで参加しています。終了後、正規のアプリにサインインし直します。」 英語 : 「You’re joining using a meetings-only version of the app. We’ll sign you back in to the regular app when you’re done.」 モバイルクライアントがゲスト参加する際、過去の実装では一旦サインアウトした状態で会議 URL へアクセスする必要がありました。ユーザーのオペレーションが分かりにくいことから、サインインした状態からでもゲスト参加可能なように実装が変更されましたが、内部的な処理としてはサインアウトする必要があるります。 一旦サインアウト状態となることより、該当のメッセージを表示してユーザーへの許可を求める実装となっております。不正な会議へ参加しているなど、異常な動作となっている訳ではございません。なお、アカウントを持たないユーザーなどのゲスト参加シナリオにつきましては、引き続き利用可能となっております。 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Skype for Business 2015 (Lync 2013) 2017 年 6 月 のセキュリティ更新プログラムがリリースされました。

Japan Skype/Lync サポート チームです。 Skype for Business 2015 (Lync 2013) の 2017 年 6 月のセキュリティ 更新プログラム (Sec Patch) がリリースされました。 TITLE: Description of the security update for Skype for Business 2015 (Lync 2013): June 13, 2017 URL: https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3191939 適用後のファイル バージョンは、15.0.4937.1000 となります。 ※UI 上は、15.0.4933.1000 で表示されますが、パッケージに含まれるUC.DLLなどが 15.0.4937.1000 に更新されます。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


.NET Framework 2017年5月の更新インストール後にイベントが多発 (ID 41025,41026 / 41029,41031)

こんばんは、UC サポートのワトソンです。 以下の、.NET Framework 2017 年 5 月の更新を Lync Server 2010/Lync Server 2013/Skype for Business Server 2015 のフロントエンドサーバーにインストールした場合、フロントエンドサーバーの Event Log に 41025/ 41026 のイベントが大量に発生します。 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4014612/may-2017-description-of-the-quality-rollup-for-the-net-framework-4-5-2 これは、5 月の更新に含まれている .NET Framework の Enhanced Key Usage が強制されている事により、DATAMCUSVC.exe が他のサーバーに対して PSOM による接続を行った際に接続先サーバーの証明書には通常 EKU が含まれていないために切断されることから発生いたします。対象となる接続は以下となります。 Event ID 41025,41026 / Edge サーバーに対する TCP 8057 の接続 – 外部との Web 会議において、PowerPoint、ホワイトボード、ファイルといった共有が失敗します Event ID 41029,41031 / Front End サーバー間の…


Skype for Business Server CU5 で Azure 上の Web App を利用できます。

こんばんは、UC サポートのワトソンです。 先日、Skype for Business Server 2015 の CU 5 がリリースされました。 それに伴い、会議リンクの URL の中で、Skype for Business のクライアントがインストールされているかどうかを判断するロジックを含み、 Skype Meeting App のダウンロード先を  Azure 上に指定する事が可能になりました。 それに伴い、Firefox/Chrome/IE/Edge のブラウザーの仕様変更により、突然会議に参加ができなくなるなど、 影響を受けやすい、オンプレミスの Skype for Business Web App を常に最新番がリリースされている、Microsoft のクラウド上のプラグインに差し替える事が可能となりました。 これには Hybrid 構成などは不要となり、コマンド一つで実施が可能です。 これにより、オンプレミス環境での更新プログラムの適用をしなくとも、エンドユーザーや外部組織のユーザーに常に最新のエクスペリエンスを提供する事が可能になりました。 この変更をしていただく事で、たとえば、先日 ESR 番ではない、Firefox にて NPAPI の無効化により Skype 会議に入れなくなっていた問題も解決する事が可能となります。 まず、前提条件としては、以下の URL から取得できる最新の Skype for Business Server 2015 CU5 がインストールされている必要がございます。…


Skype for Business Server 2015 2017 年 5 月の更新プログラムがリリースされました。

Japan Skype/Lync サポート チームです。 Skype for Business Server 2015 (サーバー) の 2017 年 5 月の更新プログラムがリリースされました。 更新されるコンポーネントの公開技術情報 (Knowledge Base) への Link は以下の通りとなります。 4018462 May 2017 cumulative update 6.0.9319.281 for Skype for Business Server 2015, Enterprise Web App 4012658 May 2017 cumulative update 6.0.9319.281 for Skype for Business Server 2015, Bandwidth Policy Service 4012657 May 2017 cumulative update for Skype…


Lync/Skype for Business の更新プログラム(CU) 一覧

こんばんは。 Japan Lync Support Team です。 1. Skype for Business Server 2015 Version KB Date 6.0.9319.281 4012620 2017/05/17※代表して core components への Link を記載しています。 6.0.9319.277 3061064 2017/02/13 6.0.9319.272 3061064 2016/11/04 6.0.9319.259 3149226 2016/06/30 6.0.9319.235 3061064 2016/03/18 6.0.9319.102 – 2015/11/17 6.0.9319.55 – 2015/06/19   2. Skype for Business 2016 Version KB Date 16.0.4546.1000 3203382 2017/06/13 16.0.4534.1000 3178717 2017/05/09…

4

Skype for Business Server および、Lync Server でのランサムウェア WannaCrypt への対応について

Japan Skype/Lync サポート チームです。 現時点で世界中で影響を及ぼしている ランサムウェア WannaCrypt の対応について Skype for Business Server 2015 および、Lync Server 2013、2010 (以下、SfB Server と記載) についてご案内させていただきます。 ※ 本内容は影響の大きさと、セキュリティ面で影響から緊急的な記事として日本マイクロソフトで確認した内容をもとに公開しております。本内容は今後の状況次第で変更をおこなわせていただく可能性がありますことを事前にお断りさせていただきます。   なお、ランサムウェア WannaCrypt 自体の影響や動作については、すでに多数の情報が存在するため本記事では割愛させていただきます。   SfB Server での影響について =========================== SfB Server では、マスターレプリケーター エージェントサービス がポート445 (SMB)を利用しております。 こちらについては、実際の SMB 処理は、OS 側に処理を引き渡しており、SfB Server としては OS 側で実際に利用されている SMB のバージョンについて関知せず、リクエストした SMB 処理の結果のみが影響を受けます。 そのため、OS 側で SMB 通信が確保されていれば、SfB Server間での動作に影響を及ぼすことはございません。  …


Skype for Business 2016 2017 年 5 月のセキュリティ更新プログラムがリリースされました。

Japan Skype/Lync サポート チームです。 Skype for Business 2016 (クライアント) の 2017 年 5 月のセキュリティ 更新プログラム (Sec Patch) がリリースされました。 TITLE: Description of the security update for Skype for Business 2016: May 9, 2017 URL: https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3191858 適用後のファイル バージョンは、16.0.4534.1000 となります。 本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。


Lync Web Apps の Google Chrome 対応状況

Japan Skype/Lync サポートの久保です。 Lync Server 2013 が提供する機能の一つに、Skype for Business Web App/Lync Web Apps があります。 このサービスは、リッチ クライアントが利用できない場合などにブラウザ ベースでオンライン会議に参加することが可能なサービスとなります。 Internet Explorer など、複数のブラウザで利用することが可能ですが、Google Chrome 側の仕様変更により、一時利用ができなくなっておりました。 しかしながら、現時点では、Lync Server 2013 の更新プログラムを適用することにより、仕様変更後の Google Chrome を利用した場合も Lync Web App が利用できるようになっております。 詳細は、以下の技術情報をご確認ください。 なお、修正プログラムは、2015年5月にリリースされているものとなります。 Skype for Business Online をご利用のお客様に関しては、2015年時点でこの問題は解消されております。 TITLE: Cumulative update for Lync Server 2013 that provide full Lync Web App experience for…