BingのAPIを活用してサービスを作ろう!

今回はBingの代表的なAPIについてご紹介します。これらのAPIを用いることによって、効率的に新しいサービスを開発することができます。 代表的なBingのAPIについておさらいしましょう。よく問い合わせいただくのはこの3つです。 Bing Maps API Bing Search API Translator API Bing Maps APIは地図にまつわるさまざまなAPIが用意されています。 技術的な内容は英語になってしまいますが、こちらのMSDNの記事を参考にしてください。 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ff428643.aspx 概要についてはこちらのFEST2015のセッションにまとまっていますので、参考にしてください。  http://blogs.msdn.com/b/kensano/archive/2015/07/23/de-code-2015.aspx ライセンスについてはAzure Marketplaceでご購入いただくことが可能となっています。詳しくはこちらを参照ください。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/marketplace/partners/bingmaps/mapapis/ 例外はありますが原則的に月に1万 Transaction までは無料でお試しいただけます。詳しくはこちらのTerms of Useを参照ください。 https://www.microsoft.com/maps/product/terms.html また、本記事では割愛しますが、マイクロソフトのボリュームライセンスプログラムでもライセンスをご購入いただけます、詳しくは弊社リセラーに問い合わせください。 Bing Search APIでは検索エンジンの検索結果をAPIで取得することができます。 Bing Seach APIの技術やドキュメントは英語でしかご用意がないのですが、下記を参考にしてください。 Bing API Quick Start & Code Bing API Schema Guide Bing API FAQ Bing API Migration Guide こちらのライセンスもAzure Markeplaceでご購入いただくことが可能になっています。詳しくはこちらを参照してください。 http://datamarket.azure.com/dataset/bing/search 本APIは月に5千トランザクションまでは無料でお試しいただけます。利用規約はこちらをご確認ください。 http://datamarket.azure.com/dataset/bing/search#terms なお、よく問い合わせいただくのですが日本(日本語)では弊社が検索連動型広告を現在提供していないので、実質下記条文によりマネタイズが禁止となっています。 •Microsoft advertising. On…