Bing Solutions について

ブログを立ち上げてから少し時間が空いてしまいましたが、今回はこのブログのタイトルでもあるBing Solutionsについて、解説したいと思います。 知的(Knowledge)エンジンとしてのBingBingというのはマイクロソフトのウェブ検索エンジンのサービス名称なのですが、昨今Bingは検索エンジンから知的(Knowledge)エンジンとして進化を遂げています。つまりBingのウェブ検索エンジンの開発および運用を通じて蓄積した知識(Knowledge)や経験を、さまざまな製品・サービスのプラットフォームとして利用していただけるようにになったということです。詳しくは後述しますが、例えばマイクロソフトのWindowsやOfficeがBingを利用していますし、またサードパーティーのさまざまな製品やサービスにも利用されています。このBingの知的エンジン・プラットフォームとしての側面をBing Solutionsと呼んでいます。 さまざまなAPI群Bing Solutionsを利用する方法としてAPIがあります。APIについてこのブログの読者の皆様にはあえて解説しませんが、ご参考までにWikipediaではこのように解説されています。本ブログでは今後それぞれのAPIについて詳しく紹介していきたいと思っていますが下記にて代表的なAPIをご紹介します。どういったものが用意されているのか、概要をつかんでいただければと思います。またそれぞれのAPIのライセンスや料金についても今後このプログでご紹介していければと思っています。 Bing Maps API – 地図を表示したり、住所を検索したりできるAPI群です。多くのサイトやサービスに利用されています。Bing Search API – ウェブの検索結果を取得できるAPIです。画像やニュースなどにも対応しています。Translator API – 文字通り翻訳APIです。機械学習を用いて非常に多くの言語に対応していることが特徴です。Speech API – 文字を音声に変換したり、音声を文字に変換することができます。Vision API – 画像の中身を分析するAPIです。本APIを用いた、顔写真から年齢を当てるサービス″How-Old.net”が最近話題になりました。  マイクロソフト自社製品・サービスやサードパーティーでの事例前述したようにBing Solutionsはマイクロソフトやサードパーティーのパートナー企業様のさまざまな製品・サービスに利用されています。ではBing Solutionsの使われ方についていくつかご紹介していきましょう。 Windows 10 – 2015年7月29日にリリース予定のWindows 10では新しい検索ボックスからBingを用いて簡単にウェブ検索を実行できます。Office – Word 2013やPowerPoint 2013ではクリップアートの検索にBingの画像検索が用いられています。Bing不動産 – Bing不動産では外部に提供しているものと同じBing Maps APIとBing Search APIを用いて不動産サービスを提供しています。Amazon – Amazon社のFireタブレットのウェブ検索にはBingが採用されています。Twitter – Twitter社のツイートの翻訳機能にBingのTranslator APIが採用されています。  まとめ今回の記事では Bing が実は Bing Solutions としてさまざまな製品やサービスに利用されていることがご理解いただけたのではないかと思います。また、ご自身が運用されている、あるいはこれから作ろうと思っている、製品やサービスにも Bing Solutions…


【告知】 本日6/16 18:00~ Bing Mapsのオンライントレーニングが開催されます

突然ですが、本日6月16日の18時~、Bing MVPの山崎氏によるBing Mapsのオンライントレーニングが開催されます。ご興味があればぜひ参加ください。 「プログラミング実践 PHP&JSで作る写真共有アプリ ~マップサービスとの連携方法 BingMaps~」講師:山崎大助氏 こんなことが学べます ・MapAPI のKeyを取得、使い方 ・PHPとMAPの連携 ・Webアプリケーションを作る流れを体験できる


Hello World

初めまして、マイクロソフトでBingのビジネス開発を担当しています、佐野と申します。 まずは簡単に自己紹介をさせていただきますと2004年にマイクロソフトに入社しまして、流通小売業の業種担当やOEM営業担当を経て、2012年よりBingのさまざまなアライアンスやパートナーシップを担当しています。マイクロソフトに入社する前は某大手国産SIerでシステムエンジニアをやっていました。 このブログを始めるきっかけですが、先月de:code 2015というマイクロソフトのイベントでBing Maps APIをテーマにセッションとブースを担当させていただいたところ、もっと日本語でBingのビジネス利用に関する情報発信を求める声を社内外から多く頂いたことです。英語ではこのあたりの情報が比較的充実しているのですが、日本語での情報発信は皆無に近かったのが現状です。ブログ以外のさまざまな方法も検討したのですが、この度勇気を出してブログを始めてみることにしました。 さて、このブログのテーマについてですが、インターネットの検索エンジンとして2009年にスタートしたは昨今プラットフォーム戦略を加速しています。WindowsやOffice、Xboxをはじめとするさまざまなマイクロソフト製品に採用されているだけでなく、3rd Partyのさまざまなデバイスやアプリケーションにもご採用いただいています。 またマイクロソフト内ではBingが深くかかわっている、人工知能(Artificial Intelligence)や機械学習(Machine Learning)に業界の注目が集まっており、私が社内外から問い合わせを受けることも多くなってきました。「Bing Solutions Japan」と題して本ブログではBing Solutionsとして提供しているBing MapsをはじめとするAPI群の情報、およびBingを取り巻くさまざまなビジネス・開発者向けの情報を発信していきたいと思います。 一般消費者・ユーザー向けのの動向についてはBing Japan Blogで発信していますので、引き続きそちらもよろしくお願いいたします。本ブログではビジネス・開発者向けの情報発信を行います。http://blogs.bing.com/japan/ [アップデート] Bing Solutions の下記記事を投稿しました。http://blogs.msdn.com/b/kensano/archive/2015/06/29/bing-solutions.aspx  それではこれからよろしくお願いいたします。