Azure Serverless ワークショップ Deep Dive : モジュール 5

前回に続いて、今回はモジュール 5  の Deep Dive です。 GitHub: https://github.com/Azure-Samples/azure-serverless-workshop-team-assistant/tree/lang/jp/5-voting-service モジュール 5 は v1 が付きと無しがありますが、v1 は Windows 環境のみでサポートされる Azure ファンクション v1 の CLI 対応です。ここではマルチプラットフォームである v2 を対象にします。 概要 このモジュールでは投票を行える機能を実装します。以下の絵にあるように、合計 5 つ投票系のファンクションを作成し、Squire ボットに連携する仕組みです。 注意点 今日の時点で確認した限り、CosmosDB の拡張モジュール導入に日本語 UI 環境では失敗します。こちらのモジュールは英語 UI に切り替えて試してください。 プログラムの解析 基本的にはコマンドを実行して、コードをコピーしていけば動作しますが、いくつかポイントを見ていきます。 バインディング あまり触れてきませんでしたが、Azure ファンクションの特徴の 1 つにバインディングがあります。バインディングは外部サービスなどの連携に利用される技術で、 function.json ファイルで定義され、index.json などメインのコードから利用できます。 1. CreateVotingNode の function.json を開き、内容を確認。はじめのバインディングは、方向が in で名前が req と指定されており、タイプが… Read more

Postman を使った Web API テスト: Azure AD 連携したアプリケーションの Auth 2.0 トークン取得方法

最近 Postman を使って各種 Web API を試すことが多いんですが、Azure AD 連携のアプリケーションで OAuth 2.0 トークン取得をどうするのという話を何度か聞かれたのでまとめておきます。 利用するサービスはなんでもいいんですが、最近 UCWA よく触っているので UCWA でやってみましょう。他のサービスでやる場合は適当に読み替えてください。 尚、Azure AD の認証に関する詳細は、日本マイクロソフトエバンジェリスト松崎さんのブログをご覧ください。 https://blogs.msdn.microsoft.com/tsmatsuz/2012/09/01/azure-active-directory/ Skype for Business の準備 UCWA を使うにあたり、Office 365 E3 プランの申し込みから。既に環境ある人はスキップしてください。 1. https://products.office.com/ja-jp/business/office-365-enterprise-e3-business-software にアクセス 2. 「無料試用版」リンクをクリック。 3. ウィザードに従ってセットアップを進めます。大体 10 分くらいで完了します。 4. セットアップが完了したら、https://portal.office.com よりログインし、管理者アイコンをクリックします。 5. 検証するために、ユーザーを数名追加します。ユーザー | アクティブなユーザーよりユーザーの追加ボタンをクリックします。 6. 必須項目を埋めて、ユーザーを追加します。 7. 同様の手順でユーザーを数名追加しておきます。 8. Skype for Business にログインできるか試します。左上のワッフルメニューより「メール」を選択します。 9…. Read more