リッチメニューで LINE ボットの UX を向上

あけましておめでとうございます。 昨年 LINE ボットの UX 新機能としてリッチメニューの拡張が発表されました。概要はこちらをご覧ください。これまで 1 つだけ設定できたリッチメニューが API 経由で操作できるようになっています。 最大 10 のリッチメニューが作成可能。また各メニュー毎に 20 のエリアが設定可能。 任意のリッチメニューを任意のユーザーに設定可能。 これにより、ユーザーの状態やキャンペーン期間中など動的にリッチメニューを差し替えることができるため面白いシナリオを実装出来そうです。 リッチメニューマネージャー まずリッチメニューを作る必要があり、API が公開されていますが、GUI で簡単にできるようにツールを作りました。 前提条件 Node.js: バージョン 8.7 で検証済 ブラウザ: Chrome で検証済 インストール 1. 以下コマンドでインストール npm install –g line-richmenus-manager macOS の場合は必要に応じて sudo 実行。 sudo npm install –g line-richmenus-manager 2. ツールがインストールできたら以下コマンドで実行。 line-richmenus-manager –port:3000 ポート番号を省略した場合はポート 3000 で起動します。 3. Chrome で… Read more

Improve UX with Rich Menus for your LINE Bot

Happy New Year! Months ago, LINE released new UX feature, Rich Menus. You can find the overview here. Yes the feature was there from the first place, but now you can do the following. Create up to 10 rich menus, with 20 actions for each menu. Assign any rich menu to a user. This is… Read more

Quick POC with LINE bot simulator

Happy holidays! I just added new feature to LINE bot simulator. You can find the simulator introduction here. So what’s the new feature? It’s POC feature. Proof of Concept feature This is more like mocking feature, that anyone can craft bot chat flow only from UI. The reason I implemented this is that I get… Read more

Microsoft Bot Framework と LINE を連携して賢いボットを開発

Microsoft はボット開発フレームワークとして Bot Framework (http://dev.botframework.com) を提供しています。主な機能としては 一度書けば様々なプラットフォームに展開が可能。(skype, facebook, skype for business, slack, sms, email, など) コンテキスト自動制御による、複雑な会話を実現するダイアログ機能 C#/Node.js SDK Visual Studio 用テンプレートやエミュレーター Microsoft コグニティブサービスとのシームレスな連携 個人的にはダイアログのサポートが最高です。もし一問一答ボット作るだけなら不要ですが、前回会話の内容を保持するなどスクラッチでダイアログ機能を作ることを考えると気が遠くなります。 では何が問題かというと、LINE を連携先として現時点でサポートしていないという点です。 解決策 Bot Framework では汎用的に使えるダイレクトラインという接続方法を提供しているため、こちらを使えばどんなプラットフォームとも連携が可能です。また既に C# でコネクタを開発済です。 対象者 既に Bot Framework でボット開発をしていて、 LINE にもつなげたい開発者 LINE ボット開発者で Bot Framework を使いたい開発者 前提 Microsoft Bot Framework bot アプリケーション。この記事では GitHub にあるサンプルを使います。 Visual Studio 2017… Read more

ボット開発用 LINE クライアントシミュレーターで開発スピードを上げる

個人的に、開発生産性の向上はとても重要です。よって Visual Studio を使うわけですが、LINE ボット開発における生産性のボトルネックは、テストやデバッグに実機が必要であるという点です。 Windows や MacOS 用の LINE クライアント LINE アプリはモバイル版以外にもあるため、ボット開発ではそちらを使いますが、テンプレートのようなリッチな機能を試そうとすると、スマートフォンを使うように促されます。 シミュレーター ではどうするか?ということでシミュレーターを作ってみました。これでより簡単にテストが可能です。 npm: https://www.npmjs.com/package/line-simulator GitHub: https://github.com/kenakamu/LINESimulator 試すには LINE のボットアプリが必要です。もし自前のアプリがない場合は、C# でよければ前回の記事をご覧ください。ここでは前回記事で作ったボットを使って説明します。尚、シミュレーター自体は開発言語に依存しません。 LINE ボットアプリ側の準備 シミュレーターを使うためには、LINE ボットアプリ側で少し準備が必要です。 1. run.cs ファイルを開く。 2. HttpTriggerFunction コンストラクタにある、LineMessagingClient のコンストラクタにシミュレーターのアドレスを第 2 引数として渡す。 3. 統合コンソールでアプリケーションルートに移動して、dotnet build を実行。 4. .\bin\Debug\netstandard2.0\ に移動して、func host start でファンクション起動。 5. 以下の画面が出たら起動完了。 6. F5 キーを押下して dotnet.exe にアタッチしデバッグを開始。 他の言語を利用している場合も基本同じような流れですが、詳細は GitHub… Read more

Improve LINE Bot development productivity with Visual Studio Code Extension

In my previous article, I explained about LINE simulator. In this article, I explain VSCode extension to improve LINE Bot development. LINE Bot Development Utilities This is the VSCode extension. See the link for detail explanation. Visual Studio Marketplace : https://marketplace.visualstudio.com/items?itemName=kenakamu.linebotutilities GitHub: https://github.com/kenakamu/LINEBotDeveloperUtil How to setup 1. Open Visual Studio Code. 2. Click Extension menu on… Read more

Develop intelligent LINE bot with Microsoft Bot Framework

Microsoft offers great bot development framework (http://dev.botframework.com) for bot developers. The key features are: Write once, publish to multiple chat platform (skype, facebook, skype for business, slack, sms, email, etc.) Provide dialog support so that developers easily implement conversation flow without managing the conversation. C#/Node.js SDK IDE and simulator support Native integration with Microsoft Cognitive… Read more

C# LINE Bot development with Azure Function for cross-platform

Serverless and bot are buzz words these days. But when you say bot in some countries like Taiwan, Korea, Japan, many people think about LINE as its platform. In this article, I explain how you can jump start developing LINE bot using Microsoft technologies and host the app on Function App at the end. Prerequisites… Read more

LINE Messaging API C# SDK, Visual Studio templates and more!

LINE Messaging API for C# SDKC# 用 LINE Messaging API ライブラリを改めて @pierre3 さんと公開しました。 GitHub: https://github.com/pierre3/LineMessagingApi 各フォルダに日本語の説明もあります。このレポジトリには以下のものが含まれます。 – C# LINE Messaging API 用 SDK – Azure ファンクションサンプルプロジェクト – Web App サンプルプロジェクト – Visual Studio 拡張用プロジェクト 拡張用プロジェクトはマーケットプレースに公開済です。また Azure Funciton は v2 もあるので、Mac でも安心です。是非遊んでみてください。   Finally, we completed releasing LINE Messaging API for C# SDK, Visual Studio templates… Read more