LINE Messaging API C# SDK, Visual Studio templates and more!

LINE Messaging API for C# SDKC# 用 LINE Messaging API ライブラリを改めて @pierre3 さんと公開しました。 GitHub: https://github.com/pierre3/LineMessagingApi 各フォルダに日本語の説明もあります。このレポジトリには以下のものが含まれます。 – C# LINE Messaging API 用 SDK – Azure ファンクションサンプルプロジェクト – Web App サンプルプロジェクト – Visual Studio 拡張用プロジェクト 拡張用プロジェクトはマーケットプレースに公開済です。また Azure Funciton は v2 もあるので、Mac でも安心です。是非遊んでみてください。   Finally, we completed releasing LINE Messaging API for C# SDK, Visual Studio templates… Read more

Line Messaging API SDK update to v1.6

さっき v1.5 にしたばかりでしたが、別のレポジトリでアドバイスをもらった HttpClient のシングルトン化および Serverless Conf に参加した機会に Azure Function 対応しようと思ったので、ライブラリを .NET Standard 2.0 対応にしました。それに伴い、各種 VS テンプレートも更新済。 .NET Standard 2.0 にしたことでこれまでのテンプレートで SDK だけ上げると動かない場合があり、以下対応が必要です。 .NET Framework 4.6.1 以上 依存 NuGet の更新 I just released v1.5, but I forget to implement the advice I got from the issue from another repository about HttpClient singleton for performance. Another… Read more

Line Messaging API SDK update to v1.5

先日の LINE Developer Day 2017 での発表を受け、以下の機能をサポートするように LineMessagingAPI.CSharp をサンプルをアップデートしました。 GitHub: https://github.com/kenakamu/line-bot-sdk-csharp/releases/ – DateTime Picker – Image Carousel – リッチメニュー – Group および Room のユーザー一覧および詳細取得 ※開発者アカウントのためテストできていません。 Visual Studio テンプレートでも、以下のメッセージを送ることでテスト可能です。 carousel: カルーセルに DateTime Picker が付いてきます。 imagecarousel : 5つの画像カルーセルが返ります。 addrichmenu : リッチメニューを現在のユーザーに追加します。 deleterichmenu: 追加したリッチメニューを削除します。 deleteallrichmenu: すべてのリッチメニューを削除します。   LINE Developer Day 2017 was the other day, and I updated LineMessagingAPI.CSharp… Read more

Azure Serverless ワークショップ Deep Dive : モジュール 3

前回に続いて、今回はモジュール 3 の Deep Dive です。 GitHub: https://github.com/Azure-Samples/azure-serverless-workshop-team-assistant/tree/lang/jp/3-squirebot 概要 このモジュールではボットの本体を作ります。既存の GitHub 上のソリューションを使うため手順は簡単ですが、ここではコードを見ていきます。このソリューションにはボットの他に、タスク (コマンド) を登録するための Web アプリが含まれます。 プログラムの取得と実行 1. コマンドプロンプトより任意のディレクトで以下のコマンド実行。 git clone https://github.com/christopheranderson/squirebot 2. まずボット側から。squirebot\src\task-functions に移動して code . コマンドで Visual Studio Code を起動。 3. 次に package.json を確認。依存関係がすべて記述。Visual Studio Code の統合ターミナルより npm i を実行して依存関係をインストール。node_modules フォルダが作成されモジュールがコピーされる。 4. 続いてコンソールより npm start を実行。4 つのファンクションが起動。フォルダ構成を確認し、function.json を含むフォルダがファンクション名となっていることを確認。 5. 既にモジュール 2 で出てきてた lanceFetcher… Read more

BotFramework: ngrok を使って BotConnector 経由の通信をローカルでデバッグする

今回は BotFramework 関連で Bot Connector 経由の通信をローカルでデバッグしてみます。既に展開したボットをクイックにデバッグしたり、BotEmulator が何かしらの理由で使えない場合にも使える手法です。 ngrok BotFramework Emulator が入っている場合は既にインストールされていると思いますが、まだの場合は https://ngrok.com/download より取得。ngrok を使うと ngrok サーバー経由で通信をローカルにルーティングできます。 手順 テスト用にテンプレートから作ったものを使います。 1. Visual Studio 2017 より Bot Application を作成。 2. F5 でデバッグ起動。ローカル実行のポートを確認。 3. コマンドプロンプトを起動して、ngrok を以下のように起動。起動すると ngrok のアドレスが出るので、https アドレスをコピー。 4. https://dev.botframework.com にログインし、”By Bots” をクリック。”Create Bot” をクリックして新規作成。 5. Visual Studio 2017 で既にボットを開発しているので、下のオプションを選択して、”OK” をクリック。 6. 名前を入力。 7. Configuration に ngrok で取得したアドレスを入力。api/messages… Read more

Create Bot for Microsoft Graph with DevOps 18: DirectLine

In this article, I explain DirectLine which you can hook your service to bot via REST endpoint. DirectLine As you know already, bot connector supports multiple channels such as Skype, Facebook, Email, etc. However if you want to connect other channels like WeChat, LINE or even your own application, you can use DirectLine. Does O365Bot… Read more

Create Bot for Microsoft Graph with DevOps 17: BotBuilder features – State Service

In this article, I explain state service. State Service Remembering what user said, or even understanding the current context is the important part of intelligent bot. Bot Framework offer a state service to store these state information. Dialog, for example, also using it to track the conversation. See here for more detail. Scope There are… Read more

Create Bot for Microsoft Graph with DevOps 16: BotBuilder features – using Luis Entities with FormFlow

In this article, I will utilize Entity from LUIS and use the result to FormFlow. Use LUIS Entities 1. Change the code in CreateEventDialog.cs to use Entities from LuisResult. I just parsed several types for datatimeV2. See more detail about datetimeV2 here. You can parse the result anywhere, but I am doing so in StartAsync…. Read more

Create Bot for Microsoft Graph with DevOps 15: BotBuilder features – LUIS Dialog 101

In this article, I use LUIS to process natural language, and LuisDialog to integrate LUIS into BotBuilder. Create LUIS application 1. Go to https://luis.ai and create an account or signin if you already have account. 2. Click [New App]. 3. Create O365Bot application. 4. You can create Intent and entities by yourself but let’s use… Read more

Create Bot for Microsoft Graph with DevOps 14: BotBuilder features – Intercept messages

Intercepting conversation between users and bot gives you opportunities to extend the bot without affecting current code. For example: Log all conversations between users and the bot for analysis. Inspect the incoming messages. Though is it not pure intercept scenario from technology point of view, forward the conversation to human (hand-off scenario) is another interesting… Read more