リッチメニューで LINE ボットの UX を向上

あけましておめでとうございます。 昨年 LINE ボットの UX 新機能としてリッチメニューの拡張が発表されました。概要はこちらをご覧ください。これまで 1 つだけ設定できたリッチメニューが API 経由で操作できるようになっています。 最大 10 のリッチメニューが作成可能。また各メニュー毎に 20 のエリアが設定可能。 任意のリッチメニューを任意のユーザーに設定可能。 これにより、ユーザーの状態やキャンペーン期間中など動的にリッチメニューを差し替えることができるため面白いシナリオを実装出来そうです。 リッチメニューマネージャー まずリッチメニューを作る必要があり、API が公開されていますが、GUI で簡単にできるようにツールを作りました。 前提条件 Node.js: バージョン 8.7 で検証済 ブラウザ: Chrome で検証済 インストール 1. 以下コマンドでインストール npm install –g line-richmenus-manager macOS の場合は必要に応じて sudo 実行。 sudo npm install –g line-richmenus-manager 2. ツールがインストールできたら以下コマンドで実行。 line-richmenus-manager –port:3000 ポート番号を省略した場合はポート 3000 で起動します。 3. Chrome で… Read more

Improve UX with Rich Menus for your LINE Bot

Happy New Year! Months ago, LINE released new UX feature, Rich Menus. You can find the overview here. Yes the feature was there from the first place, but now you can do the following. Create up to 10 rich menus, with 20 actions for each menu. Assign any rich menu to a user. This is… Read more