Postman を使った Web API テスト: Azure AD 連携したアプリケーションの Auth 2.0 トークン取得方法

最近 Postman を使って各種 Web API を試すことが多いんですが、Azure AD 連携のアプリケーションで OAuth 2.0 トークン取得をどうするのという話を何度か聞かれたのでまとめておきます。 利用するサービスはなんでもいいんですが、最近 UCWA よく触っているので UCWA でやってみましょう。他のサービスでやる場合は適当に読み替えてください。 尚、Azure AD の認証に関する詳細は、日本マイクロソフトエバンジェリスト松崎さんのブログをご覧ください。 https://blogs.msdn.microsoft.com/tsmatsuz/2012/09/01/azure-active-directory/ Skype for Business の準備 UCWA を使うにあたり、Office 365 E3 プランの申し込みから。既に環境ある人はスキップしてください。 1. https://products.office.com/ja-jp/business/office-365-enterprise-e3-business-software にアクセス 2. 「無料試用版」リンクをクリック。 3. ウィザードに従ってセットアップを進めます。大体 10 分くらいで完了します。 4. セットアップが完了したら、https://portal.office.com よりログインし、管理者アイコンをクリックします。 5. 検証するために、ユーザーを数名追加します。ユーザー | アクティブなユーザーよりユーザーの追加ボタンをクリックします。 6. 必須項目を埋めて、ユーザーを追加します。 7. 同様の手順でユーザーを数名追加しておきます。 8. Skype for Business にログインできるか試します。左上のワッフルメニューより「メール」を選択します。 9…. Read more

Microsoft Cognitive Service を使って Meetup イベントを最適化してみた

昨年 12 月に Azure Meetup で Microsoft Cognitive Service のセッションをやりましたが、その時に紹介したアプリケーションを公開したのでブログでもお知らせを。 Tokyo Azure Meetup #11 – Building Intelligent Applications (46:30 あたりからです。) https://www.youtube.com/watch?v=UH3oJ-gfze8 ソースコード https://github.com/kenakamu/AttendeeAnalyzer なにするアプリケーション? 私も Meetup のイベントを主催していますが、いくつか面倒なことがあり、今回のアプリケーションはそれらを改善するために作りました。 参加者の管理: イベント参加者は RSVP してくれますが、実際に来るかというと話は別。ということで実際に来た人のトラック QA の管理: イベント中に質問が出た場合、回答した/しなかったに関わらず情報は共有したい。よってそれらの管理。 英語: 質問してくれるのはありがたいんですが、たまに英語が聞き取れない。よってその対策。 使っている API や主要テクノロジー Microsoft Cognitive Face API: https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/face-api Microsoft Cognitive Emotion API: https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/emotion-api SignalR: https://www.asp.net/signalr Meetup.com API: https://www.meetup.com/meetup_api UWP… Read more