Skype for Business の機能をアプリに追加してみよう その 3

前回の記事では、UWP に Skype for Business から取得した連絡先の表示やステータスの変更を実装しました。 今回はアプリケーションの作りを MVVM モデルに作り替えて、以下の機能を実装します。 ※サンプルでは Windows 10 からサポートされた x:Bind 機能を使っています。x:Bind の詳細はこちらの記事をご覧いただくか、検索すればわかりやすい記事が多く出てきます。 – グループの取得 – チャットの送受信 – 連絡先のステータス情報をリアルタイムに取得 – 連絡先の詳細を取得 サンプルアプリケーションは GitHub にあるので、記事読むよりコード読むほうが早い方はそちらをどうぞ。 https://github.com/kenakamu/UCWA2.0-CS/tree/master/UCWASDK/UCWAUWP アプリケーションの作成と MVVM パターンの準備 新しくアプリケーションを作り直します。 1. プロジェクトの作成、NuGet パッケージの追加、UCWA SDK プロジェクトの参照の追加、認証の追加まではこちらの記事を参考にしてください。今回も前回と同じ名前でソリューションを作成しました。 2. ソリューションを右クリックして、Views、ViewModels、Models、Services フォルダを追加します。 3. 既存の MainPage.xmal を Views フォルダに移しますが、名前空間の変更など面倒なので、一度 MainPage.xaml を削除します。 4. Views フォルダを右クリック | 追加 | 新しい項目より「空白ページ」を追加します。名前は… Read more

Skype for Business の機能をアプリに追加してみよう その 2

前回の記事では、UCWA を利用して Skype for Business の機能を UWP アプリケーションに追加しましたが、今回は機能を充実させてみます。 追加する内容 以下のものを追加してみます。 – 自分の写真を取得して表示 – 連絡先に入っているコンタクトの名前、写真およびステータスを取得して表示 – ステータスのアップデート機能 事前作業 上記機能を追加できるよう、事前の作業をしておきます。 写真の追加 1. https://portal.office.com に自分のアカウントでログインします。 2. アプリケーションより「メール」を起動します。 3. 画面右上の ユーザーアイコンをクリックし、「変更」をクリックします。 4. 写真のアップロードより写真をアップロードして、保存します。 5. 同じ作業を他に作成したユーザーでも行い、すべてのユーザーに個別の写真を設定します。 Skype for Business グループにコンタクト追加 1. https://portal.office.com に自分のアカウントでログインします。 2. アプリケーションより「メール」を起動します。 3. 画面右上の Skype for Business アイコンをクリックします。 4. 画面左の検索アイコンをクリックします。 5. 同僚を検索して選択し、「連絡先に追加します」をクリックします。 6. 同じ操作を繰り返し、同僚を連絡先に追加します。 アプリケーションの改修 モデルの追加 まず表示する同僚のクラスを定義します。… Read more