Server 2008 R2 RemoteApp の概要

こんにちは、ウィンドウズ開発統括部、Aaronです。 Server 2008 R2 のリリースが無事に終わりました。 今日は、Server 2008 R2 の Remote Desktop の一部の RemoteApp の機能を紹介したいと思います。 Server 2008 (R2 じゃない)から RemoteApp の機能が入ってきました。 背景: まずは今までのRemote Desktop Services (RDS) の機能を少しだけ説明させていただきます。既にわかる方、次のセクションへどうぞ。 RDS はServer 2008 R2の仮想化機能の一部です。Hyper-V や App-V を含めると Windows Server 2008 R2 が最高の仮想化プラットフォームとなりました。Data Center から様々なデバイスへアプリケーションやデスクトップの展開の高速化の機能となります。今までのセッション(今までのTerminal Servicesと呼ばれたデスクトップ全体)の仮想化のみではなく、RDSが完全なVirtual Desktop Infrastructure (VDI) のソリューションとなります。 図1。VDI やマイクロソフトのほかの仮想化の技術や製品を知りたい方は、ここをご覧ください。 今までのTerminal Services のセッション仮想化が以下の画面となります。Terminal Server からデスクトップの全部がクライアントの画面へ送られました。   図2。クライアントデスクトップの中にリモートデスクトップ接続(セッション仮想化)があってペイントのアプリが起動しています。  …


Windows PowerShell用Active Directory モジュールの概要

こんにちは、ウィンドウズ開発統括部のサーバー担当、Aaronです。 Server 2008 R2の新機能の一つは役割別のPowershell Applets です。Active Directory やRemote Desktop Server (以前Terminal Server)やServer Manager (サーバー管理ツール)のApplets があります。 この記事はActive Directory Powershell の概要となります。 最初はServer 2008 R2のActive Directory をインストールする必要あります。「初期構成タスク」からでも「サーバーマネージャ」からでも「役割の追加」を選択して、「Active Directory ドメイン サービス」を選択して、インストールしてください。役割がインストールされたら、dcpromo.exe を実行する必要があります。これServer 2008 とあまり変わりません。 Active Directory ドメインのインストールが終わったら、管理すること方法、いろいろがあります。昔のままのMMC の「Active Directory ユーザーとコンピューター」でも可能です。cmd.exeのdsadd.exe やdsquery.exe のコマンドラインツールも残っています。でもServer 2008 R2 にてPowershellのActive Directory のApplet も追加しています。最後にそのActive Directory用PowerShellを使っている「Active Directory 管理センター」もあります。(次のブログで説明する予定です) 私はPowershellの新しい統合スクリプト環境 (Integrated Scripting Environment – ISE)を使うのが好きなので教えてあげます。使う前に「サーバー マネージャー」の「機能」からインストールする必要があります。 スタート¥アクセサリ¥Windows…


Server 2008 R2 Hyper-V対応 RC2 版 Linux 統合コンポーネント

おはようございます。Aaron です。 お久しぶりでございます。 Server 2008 R2のRTMもしましたし、MicrosoftがLinuxのKernelにもコードをチェックインしましたし、いろんな面白いことがおこっていますね。  Hyper-V v2 対応のLinux 統合コンポーネントの指名してください! https://connect.microsoft.com/SelfNomination.aspx?ProgramID=1863&pageType=1&SiteID=495 Linux IC (Integration Components)のRC2のものです。ConnectにSign-inして、ダウンロードできます。 詳細情報はRedmond のVirtualization ブログへごらんください。 Linux ICs for Hyper-V and GPLv2 と http://blogs.technet.com/virtualization/ です。 よろしくお願いいたします。 Aaron


Server 2008 R2 Hyper-V 新機能

こんにちは Windows開発統括部 Aaronです。 今週、米国でTechEd が行いました。さらにServer 2008 R2のHyper-Vの新機能を二つ追加されましたので、紹介したいと思っております。 ホストの64 Logical Processor (論理CPU?)のサポートが追加しました。最近のプロセッサだと4コアがあるとは当たり前ぐらいになりました。Intel の場合だと、そのプロセッサにSymmetric Multi-Threading(インテルだとHyperThreading)がサポートするとWindowsからみると8のプロセッサに見えます。 8物理プロセッサx8コアだと64 Logical Processorsになります。Hyper-VはR2だとそこまでもサポートします。Hyper-Vの予定は仮想プロセッサの8個だと物理コアは1個が必要となります。ひとつのホストで最高でも同時に384の仮想マシンを起動することをサポートします。 二つ目の新機能はHyper-V Processor Compatibility Mode(プロセッサ互換性モード?)です。 シナリオ:OSやアプリケーションはプロセッサの機能を調べるのはCPUIDで調べます。仮想OSもそのプロセッサの機能を使えます。でもServer 2008や2008 R2のFailover Clusterだとプロセッサが同一とは証明できません。Hyper-V のLive MigrationやQuick Migrationの機能で仮想マシンがサポートされていないプロセッサの機能のマシンへ移動させたら壊れる可能性が高いです。 Hyper-V Processor Compatibility Modeだと移動先のプロセッサが移動元のプロセッサと同じ(もしくは元より多い。。上位集合)じゃないと仮想マシンのMigrationが失敗されます。 Host A processor 機能 Host B processor 機能 VM migration 結果 Same as host B (features: X, Y, Z) Same as host A (features:…

1

Hyper-V Server R2 Release Candidate 公開

お疲れ様です。Windows 開発統括部 Aaronです。 昨日の情報の引き続きです。 Hyper-V Server R2 Release Candidate (RC)の公開が開始しました。 http://www.microsoft.com/hyper-v-server/en/us/default.aspx ダウンロードは直接だとこちらです。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=fdac7be8-1847-4839-991d-f84be95a33a0&displaylang=en 情報はVirtualization Blogに山ほどありますが、以下にOverview があります。   今は英語だけですが、RTMに11ヶ国語でリリースする予定です。(もちろん日本語も含めています) Hyper-V Server R2 がLive MigrationとHigh-Availabilityをサポートしています。 Live Migrationは予想しているダウンタイムのための機能です。メモリーやハードウェアの追加やアプリケーションやOSのパッチを当てるためなどなどです。仮想サーバーやアプリケーションはTCPの再接続のタイムアウト以下ぐらいにしかダウンしません。 High-Availabilityは予想していないダウンタイムのためです。電源を抜いてしまった場合やサーバーないに以外なトラブルがあった場合にフェールオバークラスタリング機能を使って別のサーバーに自動的に再起動します。ダウンタイムはありますが、管理者は何もしなくても行うことです。 Hyper-V Server 2008 R2のLive MigrationやHigh-Availabilityの管理方法について: Windows Server 2008 R2 のフェールオーバオクラスリングツールまたは、 System Center Virtual Machine Manager 2008 R2または、 Windows 7上でリモート サーバー管理ツールをつかう。(RC版が公開中です)   System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 を使う場合一番リーチな機能を持っていますが、Windows…

1

リモートサーバー管理ツールも公開開始!

  お疲れ様です。Windows開発統括部Aaronです。   今日はリモートサーバー管理ツール(Remote Server Administration Tools, RSAT)のお知らせします。   インストール: ダウンロードはここです:  http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=f6c62797-791c-48e3-b754-c7c0a09f32f3&displaylang=en 英語版しかないと書いてありますが、英語のパッケージは日本語(またはドイツ語、スペイン語、フランス語)のリソースも入っております。日本語版上にインストールすると日本語の管理ツールが入ってきます。 x86版 Microsoft Remote Server Administration Tools for Windows 7 RC (x86): http://download.microsoft.com/download/1/F/C/1FC27A82-15D9-4D93-B3BC-24204175F9DF/Windows6.1-KB958830-x86.msu x64版 Microsoft Remote Server Administration Tools for Windows 7 RC (x64): http://download.microsoft.com/download/1/F/C/1FC27A82-15D9-4D93-B3BC-24204175F9DF/Windows6.1-KB958830-x64.msu RSAT Client is available to all customers as part of the supplemental Microsoft Software License Terms to Windows…

9

RC公開開始!

Windows 開発統括部のAaronです。 もう遅い?そうかもしれませんが、Golden Weekあけなので、念のためにお知らせいたします。 今日の時点に日本語版のServer製品のページはまだベータですが、英語のサイトだとRCが公開しています。後ほど日本のサイトもだと思っています。 http://www.microsoft.com/windowsserver2008/en/us/R2-Download.aspx 直行のリンク: http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=a4e21e2e-e992-4aec-9ed4-086de21632a2 英語のVHD版もあります: http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=%20053691a9-9fa8-47f2-916c-3fc8b02284b6&displaylang=en   Win7用のリモート管理ツールも公開しました。日本語版もあります。別ポストで説明します。 http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=f6c62797-791c-48e3-b754-c7c0a09f32f3&displaylang=en   Windows 7はこちらですね: http://technet.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/dd353205.aspx   よろしくお願いいたします。 Aaron

1

Server 2008 R2 Server Core の.NET 3.0 と .NET 3.5

こんにちはAaronです。 先のServer 2008 R2 の.NET Framework 2.0のポストみたいに.NET Framework 3.0 と 3.5は制限があります。Andrew MasonのServer Coreブログにも書かれています。 含まれているものは Windows Communication Framework (WCF) Windows Workflow Framework (WF) LINQ 含まれてないものは Windows Presentation Foundation (WPF) のみです。 インストールも簡単です。 start /w ocsetup NetFx3-ServerCore 32bit版が必要な場合、WOW64のインストールを先にやらなければいけません。 start /w ocsetup ServerCore-WOW64 start /w ocsetup NetFx3-ServerCore-WOW64 AndrewのOriginalはここにあります。 http://blogs.technet.com/server_core/archive/2008/12/19/net-3-0-and-3-5-in-windows-server-2008-r2-server-core.aspx


Server 2008 R2 Server Core と .NET Framework 2.0

こんにちはAaronです。 最近サーバーの友人たちから「.NET FrameworkはServer Coreでどうなってる?」と聞かれています。私はあまり詳しくありませんが、Redmond のサーバーの仲間のAndrew Masonのブログに情報があります。 Server Coreに.NET Frameworkのサブセットが入っています。でも「サブセットって実際どのものでしょうか?」はまだ答えがありませんでした。 .NET 2.0 とServer 2008 R2 のServer Coreの場合、Server Coreの役割をみながら必要なものを選びました。Server 2008 R2 の Server Coreの.NET Framework 2.0から以下のNamespace が含まれていません。 Microsoft.Aspnet.Snapin Microsoft.Ink Microsoft.ManagementConsole.* Microsoft.StylusInput.* Microsoft.VisualBasic.Compatibility.VB6 Microsoft.Windows.Themes Microsoft.WindowsCE.Forms Microsoft.WindowsMobile.DirectX.* System.ComponentModel.Design.* System.Data.Design System.Deployment.Application System.Diagnostics.Design System.Media System.Messaging.* System.Speech.* System.Web.UI.Design.* (design time support in this namespace is unavailable, runtime support for expression builders is…


Hyper-V Live Migration

こんにちはAaron です。 最近サーバーの友人たちから「Hyper-VのLive Migrationを試したいけど、どうすればいいのかな?」とよく聞かれています。そこで、このブログでその方法をみなさんにもお知らせしたいと思います。 必要なもの: Windows 7 とHyper-V 対応マシン2台(ノートでもデスクトップでも可能です) iSCSI Storageデバイスまたはマシンもう1台* *正式に対応しているものは以下のリスト: http://www.windowsservercatalog.com/results.aspx?&bCatID=1511&cpID=0&avc=10&ava=0&avq=0&OR=1&PGS=25&ready=0 http://www.windowsservercatalog.com/results.aspx?&bCatID=1354&cpID=0&avc=10&ava=0&avq=0&OR=1&PGS=25&ready=0 これはiSCSIまたはFibre Channel arrayとなります。 「アーロン、そんなハードウェア持ってないよ!」という方もいらっしゃると思います。以下のものを試してみる価値があるかもしれません。 Windows Storage Server (OEM製品のみ) http://www.doubletake.com/english/products/sanFly/Pages/default.aspx http://www.rocketdivision.com/download_starwind.html http://www.nimbusdata.com/products/mysan.php 私はこれらを試したわけではないので、動作は保証できません。おそらく「動くだろう」、というリストです。ソフトのiSCSI Targetを使うとパフォーマンスなどには影響あるかもしれませんが、実際のところはよくわかりません。 作成手順ですが、Server 2008 R2はServer 2008 に似ていますので、このブログをご覧ください。 http://blogs.technet.com/ryukiy/archive/2009/01/20/step-by-step-hyper-v-part-1.aspx 環境ができましたらR2の新機能をいくつか追加します。フェールオーバークラスタ管理ツールにて「Enable Cluster Shared Volumes」(CSV)を実行し、開いている共有ストレージを追加することが必要です。 Live Migrationにクラスター用の共有ディスク(LUN)が1つとCSVが1つあれば試すことができます。 フェールオーバークラスター管理ツールに「Live migrate this virtual machine to another node」というメニューがあります。マシンから仮想マシンに”ping -t”をかけながら、マイグレーションすると、タイムアウトが起こらないはずです。 クライアントノードを使っているお客様には裏でLive Migrationが起こっていても全く気づかないようにマイグレーションできることを目指しています。 英語: I have been receiving…

1