Server 2008 R2 RemoteApp の概要

こんにちは、ウィンドウズ開発統括部、Aaronです。 Server 2008 R2 のリリースが無事に終わりました。 今日は、Server 2008 R2 の Remote Desktop の一部の RemoteApp の機能を紹介したいと思います。 Server 2008 (R2 じゃない)から RemoteApp の機能が入ってきました。 背景: まずは今までのRemote Desktop Services (RDS) の機能を少しだけ説明させていただきます。既にわかる方、次のセクションへどうぞ。 RDS はServer 2008 R2の仮想化機能の一部です。Hyper-V や App-V を含めると Windows Server 2008 R2 が最高の仮想化プラットフォームとなりました。Data Center から様々なデバイスへアプリケーションやデスクトップの展開の高速化の機能となります。今までのセッション(今までのTerminal Servicesと呼ばれたデスクトップ全体)の仮想化のみではなく、RDSが完全なVirtual Desktop Infrastructure (VDI) のソリューションとなります。 図1。VDI やマイクロソフトのほかの仮想化の技術や製品を知りたい方は、ここをご覧ください。 今までのTerminal Services のセッション仮想化が以下の画面となります。Terminal Server からデスクトップの全部がクライアントの画面へ送られました。   図2。クライアントデスクトップの中にリモートデスクトップ接続(セッション仮想化)があってペイントのアプリが起動しています。  …