[Blog翻訳] C++ で Animation Manager を使って投射物の動作をシミュレーションする

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。 アニメーション関連のブログ翻訳第二弾をお届けします。今回のは、2010 年 11 月 26 日に Developing for Windows Blog に投稿された 「Simulating projectile motion with the Animation Manager using C++」 の翻訳です。 C++ で Animation Manager を使って投射物の動作をシミュレーションする 前回の記事では、Windows アプリケーションにアニメーションを組み込むメリットと、その基盤となるサポートの概要について説明しました。今回の記事では、ネイティブ Windows アプリケーションと Animation Manager を使って簡単なアニメーション効果を実現する方法をさらに詳しく説明していきます。 まず、適当なサンプルが必要です。面白そうで、アニメーションの諸概念や実装方法を説明するためにある程度複雑なものが理想的です。私が思い当たったのは、Atari 2600 や私のお気に入りゲームの 1 つだった Human Cannonball です。これらは本格的なゲームには程遠いものですが、投射物の動きをシミュレートするために必要な要素はカバーしています。 ではここから、Animation Manager インターフェイスを使用したアニメーション効果の実現方法の概要を説明していきましょう。 アニメーション変数を作成する。アニメーション変数は IUIAnimationVariable のインスタンスで、放物線に沿った投射物の座標を用意するために使用します。サンプルでは、水平位置と垂直位置の変数が 1 つずつあります。 遷移オブジェクトを作成する。遷移があらかじめいくつか定義されています。遷移は IUIAnimationTransitionLibrary を使用して作成できます。サンプルでは、水平座標にこのライブラリの線形遷移を使用します。垂直座標には、初速度に減速を適用するカスタム インターポレーターに基づいて遷移を作成します。これらの遷移は、前のステップのアニメーション変数に関連付けられています。…


[Blog翻訳] アプリケーションでセンサーを使用する – マネージ (その 1)

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。 さて、センサー シリーズの 3 回目、トリを務めますのは Developing for Windows Blog に 2010 年 2 月 3 日に投稿された 「Using Sensors in You Application – Managed Part 1」 の翻訳です。 昨日はネイティブ API の紹介でしたが、これはマネージ コードについての説明です。 ただし、昨日のネイティブ実装の記事と同様に、「その 1」 と銘打ってはいるものの 「Part 2」 はいまだ Developing for Windows Blog には投稿されていないので、センサー データの読み取りに関してはまだ触れられていません。 アプリケーションでセンサーを使用する – マネージ (その 1) 前回までの投稿では、「センサーで感知する – Windows 7 Sensor プラットフォームの使用」でWindows 7…


[Blog翻訳] アプリケーションでセンサーを使用する – ネイティブ実装 (その 1)

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。 昨日に引き続き、2010 年 2 月 2 日に Developing for Windows Blog へ投稿された 「Using Sensors in Your Application – Native Implementation, Part 1」 の翻訳をお届けします。昨日は Sensor プラットフォームの概要についてでしたが、今日の記事は Sensor API に関するより具体的な内容で、ソース コードのサンプルもあります。(なので、長いです…) ちなみに 「その 1」 となっていますが、「Part 2」 はまだ英語 Blog サイトにも投稿されていません。(なので、「その 2」 があるかはわかりません…) アプリケーションでセンサーを使用する – ネイティブ実装 (その 1) 「センサーで感知する – Windows 7 Sensor プラットフォームの使用」では Sensor and Location プラットフォームの概要を説明しました。今回は、API について詳しく見ていきましょう。データの流れを理解するために、まずは…


Hilo プロジェクトとは?

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。本日は 「Hilo」 プロジェクトについてご紹介します。 Hilo とは Hilo プロジェクトは、Windows 7 のパワーを活用し、Visual Studio 2010 および Visual C++ 開発システムによって、ユーザー エクスペリエンスの差別化を実現する高性能でリッチなクライアント アプリケーションの作成方法を紹介するシリーズ記事で、 開発環境のセットアップから Windows 7 の一連の機能の活用方法までプロセスを追って解説しています。また、ソース コードやサンプル アプリケーションも提供されているので、設計や実装を自分で確認しながら見ていくことができます。 サンプル アプリケーション Hilo プロジェクトの記事とサンプル コードは、C++ プログラマーが、Windows 7 の最新機能を利用してプラットフォームにできるだけ近いインターフェイスを効率よくプログラミングできるようにすることを目的としています。 このシリーズは全部で 16 の記事から成り、2 つのサンプル アプリケーションが提供されています。 1 つ目のサンプル アプリケーションは、コンピューター上で写真を閲覧するための、タッチに対応したユーザー インターフェイスを実装したフォト ブラウザー 「Hilo Browser」 です (第 1 章から第 8 章で説明)。 このアプリケーションを使用して、以下のような Windows の機能を活用するメリットについて説明しています。 Direct2D: 高パフォーマンスで高品質なグラフィック…


[Blog翻訳] IE9 のサイトの固定機能を Adobe Flash と統合する

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。 来週の 4 月 26 日 (火) から、いよいよ Internet Explorer (IE) 9 日本語版の提供が始まります。英語版などほかの言語については、すでに米国時間の 3 月 14 日より提供を開始していますが、東日本大震災に伴うインターネット回線への負荷軽減などを考慮して、日本語版についてはリリースを延期していました。 そこで、今回は 「祝! Internet Explorer 9 日本語版リリース」 と銘打って (ちょっと大袈裟?)、IE 9 に関する英語 Blog 記事をご紹介します。今日お届けするのは 2011 年 1 月 4 日に Developing for Windows Blog に投稿された Integrating IE9 Pinning with Adobe Flash という記事の翻訳で、IE 9 の新機能であるサイトの固定 (ピン留め) に関するプログラミングの内容です。明日も関連記事の翻訳を掲載予定ですので、どうぞお楽しみに ! IE9 のサイトの固定機能を…