Windows Summit 引っ越し完了しました

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。 さて、今月の初めにお知らせした Windows Summit のお引越しですが、移行が完了したのでご連絡します。 (なんとか今年中に間に合いました!) Windows Summit で提供していたセッションは、すべて MSDN サイトの下に移動されました。そして、移行後の URL について、以下の Web ページにまとめました。 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/gg462959 ハードウェア関連、アプリケーション関連、Internet Explorer 関連の大きく 3 つに分類してあります。また、ハードウェア関連の 「Windows 7 のデバイス エクスペリエンス – ワークショップ」 は英語の Web ページへリンクされていますが、それ以外はすべて日本語の Web ページへリンクされており、日本語に翻訳されたプレゼンテーション ファイル (PowerPoint ファイル) をダウンロードすることができます。 さらに、次のセッションについては、今回初めて日本語に翻訳されたプレゼンテーション ファイルまたはトランスクリプト付きのプレゼンテーション ファイルをダウンロードできるようになりました。 Windows 7 のタッチ機能サポートに関する考察  Windows 7 のテキスト入力パネル Internet Explorer 9 の概要 (更新情報) (トランスクリプト付き) Canvas 入門 (トランスクリプト付き)…

0

BUILD の 「8 traits of great Metro style apps」 ビデオに日本語字幕が付きました

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。 さて、9 月にアメリカで開催された BUILD イベントで提供されたセッションのうち、”big picture” (全体像) セッションとして位置づけられている  「8 traits of great Metro style apps」 というビデオに日本語字幕が付いたのでご紹介します。現在開発中の “Windows 8” では、新しく 「Metro スタイル アプリ」 がサポートされることになりますが、その Metro スタイル アプリとは何かについて、Windows ユーザー エクスペリエンスチームの Jensen Harris が、8 つの特徴をベースに 1 時間半にわたって説明したものです。 ビデオは以下のページでご覧いただけます。 https://channel9.msdn.com/Events/BUILD/BUILD2011/BPS-1004 このページのビデオの下にある説明セクションに、「このセッションのビデオに日本語の字幕が用意されました。日本語字幕付きビデオを見るには…」 という日本語の説明文 (ハイパーリンク) があるので、そこをクリックしてください。すると、日本語字幕が埋め込まれたビデオ (WMV 形式) が再生されます。なお、Windows Media Player の初期設定では字幕はオフになっているので、字幕を表示するには Windows Media Player のウィンドウ上で右クリックし、[歌詞、キャプション、および字幕] – [利用できる場合はオン] をクリックしてください。

0

iOS 5 デバイスからの Hotmail 利用者が 200 万人を超え、毎日 10 万人ずつ増加中

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。 本日は、先月 Inside Windows Live Blog に投稿された Windows Live の Hotmail に関する記事の翻訳をお届けします。2011 年 11 月 2 日付 「Hotmail on 2 million iOS 5 devices, growing 100K per day」 の翻訳で、Hotmail が Windows PC だけでなく、さまざまな機種のスマートフォンにも対応していることを紹介した記事です。 iOS 5 デバイスからの Hotmail 利用者が 200 万人を超え、毎日 10 万人ずつ増加中 Hotmail は世界最大級の電子メール サービスです。昨年開始された Exchange Active Sync (英語) のサポートにより、Exchange の機能を生かして、Hotmail の受信トレイ、カレンダー、連絡先をスマートフォンと同期することが可能になりました。それから 1 年が経ちましたが、iOS…

0

Windows Store 開発者向けブログが始まりました

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。今日は 「Windows Store for developers」 ブログをご紹介したいと思います。 Windows 8 の新機能や仕様について技術的な情報を提供する 「Building Windows 8」 ブログについては既にこのサイトでもご紹介しましたが (「Building Windows 8 ブログの紹介」 および 「記事一覧」)、このたび Windows Store について開発者の方々を対象に情報発信するブログ サイトが新しくオープンしました。Building Windows 8 ブログ同様に、日本語翻訳版 (その他にフランス語、ドイツ語、ポルトガル語、韓国語、中国語、ロシア語の翻訳) も用意されています。   Windows Store for developers ブログのオリジナル (英語版) は http://blogs.msdn.com/b/windowsstore/ です。 Windows Store for developers ブログの日本語版は http://blogs.msdn.com/b/windowsstore_ja/ です。   第一回目の記事は先週の米国時間 12 月 6 日に投稿され、Windows Store の設計理念やビジネス モデル、今後開発者の方々にどう関係してくるかについて とても長い記事…

0

Windows Summit 引っ越し中

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。 これまでにも何回かご案内したことのある Windows Summit ですが (こちらの記事から過去の関連記事をたどっていけます)、現在コンテンツの引っ越し中です。これまでは Windows Summit 専用サイトで公開していましたが、このたび MSDN サイトの下に移動することになりました。 オリジナルの英語版については既に移行が完了しており、以下のページでビデオを見たり PowerPoint の資料をダウンロードしたりすることができます。 Windows 7 関連: http://msdn.microsoft.com/en-us/windows/hardware/gg454522 この 「Channel 9 Videos for Hardware and Driver Developers」 のページに、Channel 9 のビデオと混在してリストされています。Windows Summit で提供されていたものは、以下のセクションの下にあるものです。 Device Experience for Windows 7 – Overviews Device Experience for Windows 7 – Workshops Firmware and Boot Hardware Design for Windows Kernel…

0

SkyDrive で Office 文書の共有やファイル管理がより簡単に

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。早いもので、2011 年ももう師走… カレンダーも残り 1 枚となりました。 さて、今日は Windows Live の SkyDrive に関する記事をご紹介します。2011 年 11 月 29 日に Inside Windows Live Blog に投稿された 「Hotmail declares war on graymail」 の翻訳です。記事の一番下に書かれていますが、日本時間の今日 12 月 1 日 の午後 3 時から 5 時まで、SkyDrive チームが Twitter 上で Q&A 大会を実施するようです。興味のある方は是非覗いてみてください。 SkyDrive で Office 文書の共有やファイル管理がより簡単に 先週、「SkyDrive – designing personal cloud storage for billions of…

0

Kinect for Windows SDK Beta 2 がリリースされました

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。暖かい日が続いていましたが、急に寒くなってきました。私の周りでも、咳やくしゃみをしている人が増えています。季節の変わり目、風邪など引かないようどうぞお気を付けください。 さて、今日は 5 ヶ月ぶりに Kinect の話題をお届けします。2011 年 11 月 4 日に Blogging Windows Blog に投稿された 「Update on Kinect for Windows – Beta 2 of SDK and new website!」 の記事の翻訳で、Kinect for Windows SDK の Beta 2 がリリースされたお話と、新しい Web サイトについてです。 Kinect for Windows SDK Beta 2 がリリースされました 新しく Kinect for Windows Blog がスタートしました。そのまっさらなブログ サイトの最初の投稿で、Kinect for Windows…

0

USB デバイスが「不明なデバイス」として表示される場合の対処法

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。今日は、また前回から 2 か月ぶりに、USB に関する情報をお届けします。2011 年 10 月 15 日に Microsoft Windows USB Core Team Blog に投稿された 「What to Try When Your USB Device is an “Unknown Device”」 の翻訳です。 なお、今回の記事は、2009 年に投稿された 「Why is my USB device not detected or comes up as “Unknown Device”? (USB デバイスが検出されない、または [不明なデバイス] として表示される理由)」  というの記事の続編と位置づけられています。なので、その記事の日本語訳も準備しようかと思いましたが、今回の記事にその内容も含まれているので、翻訳しませんでした。つまり、今回の記事は 「続編」 というよりは 「まとめ」 に近いです。 USB デバイスが「不明なデバイス」として表示される場合の対処法…

0

Windows 8 のハードウェアに関する技術情報の紹介

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。今回は、現在公開されている、Windows の次期バージョン (コードネーム “Windows 8”) のハードウェアに関する技術情報 (ホワイト ペーパー) をご紹介します。 Windows 8 に対応したハードウェアをどのように設計して開発すればよいか、という情報は、次のページにまとめられています。 Windows 8 用ハードウェアの設計と開発 http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/hardware/br259114 この Web ページでは、ハードウェアのカテゴリ別に、関連するホワイト ペーパーへのリンクがリストされています。残念ながらリンク先のページおよびホワイト ペーパーそのものは英語ですが、現時点でどのような情報が公開されているかがわかります。   また、デバイス エクスペリエンスについては、次のページにまとめられています。 Windows 8 のデバイス エクスペリエンス http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/hardware/br259108   なお、新しく公開されたホワイト ペーパーは、こちらのページで確認することができます。 ハードウェア デベロッパー センターの新しいホワイト ペーパーとツール http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/hardware/gg454514 このページにリストされている、2011 年 9 月以降にリリースされたホワイト ペーパーのほとんどは Windows 8 関連のものです。新しい情報がリリースされていないかどうか、今後も定期的にチェックしてみてください。

0

Windows の再起動と回復のレシピ

みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。今日は 2011 年 3 月 21 日に Developing for Windows Blog に投稿された 「 Windows Restart and Recovery Recipe 」 の翻訳をお届けします。 これまで Developing for Windows Blog の記事を数多くご紹介してきました。Windows 7 のタスク バーに関連する記事と、2010 年以降に投稿された記事のほとんどを翻訳したと言っても過言ではありません。しかし、これでしばらく打ち止めとなりそうです。というのも、Developing for Windows Blog には今年の 3 月 24 日以降、新しい記事が投稿されていないからです。Developing for Windows Blog への投稿が再開されたら、また日本語に翻訳して紹介していきたいと思います。 Windows の再起動と回復のレシピ Windows Vista では、アプリケーションの再起動とアプリケーションの回復という、2 つの密接に関連した機能が導入されました。これらの機能は、ハンドルされていない例外や “ハード ハング” などの結果、アプリケーションが予期せず終了した場合の手間をできる限り減らすために設計されています。 アプリケーションの回復は、アプリケーションが予期せず終了したときに失われる可能性のある “文書” などのメモリ内情報を使用しているアプリケーションに適用されます。アプリケーションの再起動は、未保存のデータがあるかどうかにかかわらず、すべてのアプリケーションに対して、特に予期しにくい終了…

0