セブン博

こんにちは、金子です。   10/24, 25 にベルサール秋葉原で行われた「Windows 7 博覧会(セブン博)」に参加してきました。 Windows 開発統括部からも大勢が参加して、タッチ&トライ コーナーやシナリオ  コーナーで多くのお客様とお話をすることができました。 私は主にシナリオ コーナーに居たのですが、Windows タッチ PC にご興味がある方が非常に多かったのが印象的でした。ウルトラセブンのショーにやってきたのか、小さなお子様は親御さんに抱きかかえられるようにして、液晶をバンバン叩いていました。Windows タッチによって、Windows がより直感的になり、より多くの方が使えるようになるのでは、、と思いました。 DLNA のシナリオも、Home Server を既にお使いの方が大勢いらっしゃって、さすが秋葉原!、、と関心しました。   ・・・日ごろのデスク ワークで鈍った体には、1日の立ち仕事がけっこう堪えました。。。運動不足ですね。反省。

0

カウントダウン

こんにちは、金子です。 Windows 開発統括部のメンバーと、夜の秋葉原に行ってきました! 普段は閑散としている時間から大勢の方が並んでいる光景をみて、ちょっと感動を覚えました。 そして、0時のカウントダウンは本当に数え切れないくらい大勢の方が参加していただいて、とても感動しました。鳥肌たった!! やってて良かった~~、と思えた瞬間でした。 この日を心待ちにしてくださったみなさま、そしてカウントダウンに参加されたみなさま、本当にありがとうございました。

0

シリーズ録画について (Windows 7 Windows Media Center)

こんにちは、金子です。 番組ガイドから録画を行おうとした際に、[シリーズ録画] という項目が表示されるケースと、されないケースがあります。番組のカテゴリーが「映画」になっているものに対しては、[シリーズ録画] を表示しないような配慮になっているためです。 もし、番組のカテゴリーが「映画」になっているものをシリーズ録画するには、右クリックのメニューから [シリーズ録画] を選ぶか、Ctrl + R を2回押してください。   [図1 右クリック メニューにおける [シリーズ録画] ]

0

手動録画の放送波選択について (Windows 7 Windows Media Center)

こんにちは、金子です。 BS 放送と CS110 放送の両方を受信できるチューナーをお使いの方はチャンネル設定の際、放送波を選択することができません。 CS110 放送の「QVC」という放送局を例にさせていただきますと、この局のチャンネルは161となっております。しかし、BS 放送でも「BS-TBS」が 161 を使用しています。このように同じチャンネル番号が、異なる放送波で用いられている場合があります。 回避策:BS や CS110 の番組を録画する際には、番組ガイドから直接設定してください。   [図1 手動録画ではチャンネルを指定可能]

0

Rights Management アドオン for Internet Explorer について

こんにちは、五寳です。今日は Rights Management アドオンの Internet Explorer と Windows OS の対応についてお伝えします。 Rights Management というのは、デジタルコンテンツを軽率な不正処理や悪用や盗難から防ぐためのデータ保護の取り組みで、マイクロソフトが提供している Right Management Service (以下、RMS) は、デジタル コンテンツの使用をその所在に関係なく効果的に管理することのできるソリューションのひとつです。 例えば、製品開発のプロジェクトの概要をメールで配信した時、意図した人以外にその情報が転送されたりするのを防ぐために、転送を禁止したり、印刷や、その中にあるオブジェクトをコピーすることを禁止したい、というような場合に活躍します。 さて、Windows XP までは、この RMS を利用するにはクライアントに、個別にインストールする必要がありました。Windows Vista、Windows 7 では、デフォルトで RMS クライアントがインストールされているので、別途インストールする必要はありません。 しかしながら、Internet Explorer 経由でこの RMS の機能を使いたい場合 (例えば Outlook Web Access から保護されたコンテンツを開くなど) は、こちらから Rights Management Add-on for Internet Explorer をインストールする必要があります。これは、RMS クライアントがデフォルトでインストールされている Windows Vista や Windows 7 の…

0

シャットダウン時に、Task Host Window が待機中というメッセージがでる場合がある問題 (Windows 7)

  こんにちは、金子です。 Windows 7 でシャットダウンや再起動を行う際に、画面が暗くなり、「1 個のプログラムが閉じられていません:」などというメッセージが表示される場合があります。 一般的には、未保存のドキュメントなどがある場合に、アプリケーションが「変更内容を保存しますか?」などというようなダイアログを表示し、ユーザーへの入力を促しているケースでこの状態をみかけるかと思います。 [図 1 ペイントで未保存の変更があるまま、Windows のシャットダウンを選択した場合] このようなときには、 [キャンセル] を選んでいただければ、アプリケーションに戻って変更内容を保存していただくことが可能な場合があります。 これとは別に、下記図 2 のように、「Task Host Window」が待機中と表示される場合があります。特にアプリケーションで編集中などということがなくても、本現象が発生する場合があります。この際にはシャットダウン処理は正常に進行していますので、何もせずにお待ちください。このままシャットダウンが完了すれば、データの破損や損失は発生しません。申し訳ございませんが、そのまましばらくお待ちください。   [図 2  Task Host Window が待機中になっている場合] この問題は現在調査中です。 追伸 この Task Host Window が待機中となる問題ですが、マイクロソフト サポート オンラインで提供されている技術文書 975777 で、修正プログラムが提供されています。詳しくは、そちらをご参照ください。http://support.microsoft.com/kb/975777/ja Windows 7 Service Pack (SP) 1 でも修正されました。まだの方は、どうぞ SP1 をインストールしてみてください。 なお、プログラムが一定時間応答をしない場合に本メッセージが表示されるのは仕様であり、別の原因によって同様の現象が発生する可能性はあります。その場合は、そのまましばらくお待ちくださいますようお願いいたします。 

16

ネットワークが複数作成された時の、ネットワークの場所の結合または削除の仕方

こんにちは。五寳です。今日はよくある?ネットワークの場所が複数作成された時の対処方法を紹介します。 “ネットワークの場所が複数作成される” とは、どういうことか?というと。。。 例えば、自宅でワイヤレス接続している場合、異なる IP アドレスが割り当てられるたびに、Windows 7 は異なった環境に来たと思い、ユーザーにその場所が、ホームネットワークなのか?企業ネットワークなのか?公共のネットワークなのか?を確認してきたりします。そのたびに、名前をつけることで (ワイヤレスの場合は SSID のことが多い。) 登録されるネットワークの場所がどんどん増えていきます。 ワイヤレス ネットワーク ワイヤレス ネットワーク 1 ワイヤレス ネットワーク 2 。。。 という感じに。 当然、増えても問題ありませんが、同じネットワークだし、余計な設定を増やしたくない!と私と同じ気持ちを持っている方に、スッキリさせる方法を紹介します。(*下記の図は、クリックすると原寸サイズが表示されます。) まずは、”ネットワークと共有センター” を開きます。 開き方はいろいろあると思いますが、一番簡単だと思うのは、タスクトレイにあるネットワーク(ワイヤレス)アイコンを右クリックしてメニューを出すことだと思います。 2番目にオススメなのは、スタートボタンをクリックしてそのすぐ上にでる検索ボックスに “ネットワーク” といれるだけで、コントロールパネルの項目の “ネットワークと共有センター” が表示されるので、これをクリックします。 ネットワークと共有センターが開いたら、今のネットワークの場所を示しているアイコンをクリックします。 Windows Vista の時は、ネットワークと共有センターの表示の右端に、”カスタマイズ” というリンクがあったのですが、Windows 7 からなくなっているので、これが意外と見つけにくいのです。。。 クリックすると、ネットワークの場所のプロパティが表示されるので、その下に表示されている “ネットワークの場所の結合または削除” をクリック。 ネットワークの場所の結合または削除 ウィンドウが表示されるので、削除したいネットワークがあれば、それを選んで “削除” 。結合させて対場合は、余分なほうのネットワークをまずマウスで選択してから、”結合” ボタンをクリック。 ネットワークの場所の結合 ウィンドウが表示されたら、結合させる先のネットワークの場所を選択して OK をクリック。 以上で完了です。 いっぱい表示されていた場合は、これで結構スッキリすると思いますよ。

0

スクリーン セーバーに加わった新モードについて (Windows 7)

こんにちは、金子です。 Windows 7 のスクリーン セーバーは今までにない設定が選べるようになっています。 それは、スクリーン セーバーを [(なし)] に設定した時にも [再開時にログオン画面に戻る] という選択肢が選べるようになりました。 チェックを付けた場合、指定した待ち時間を過ぎるとログオン画面に戻ります。ログオフするわけではなく、PCを再度操作するにはパスワードの入力が必要になる、という動作になります。 スクリーン セーバーは要らないけれど、離席時のセキュリティは確保したい際などに便利です。ぜひご活用ください。   [図1 新しい設定]

0

Tablet PC などで使うキャリブレーションの問題 (Windows 7)

  こんにちは、金子です。 Windows 7 から、Tablet PC のキャリブレーションが 16点タップに拡張されました。 しかし、画面の回転に合わせて文字が回転してくれません。画面を回転させても、文字は先ほどと同じ方向を向いたままです・・・。 こちらの 16点タップにてキャリブレーションを行う場合には、画面の向きを「横」にして行ってください。   [図1「画面の向きが [横] だった場合のイメージ」] [図2「画面の向きが [横(回転)] だった場合のイメージ」] このように文字が反対を向いています。 ご迷惑をおかけしますが、キャリブレーションは画面の向きを「横」にしてお使いください。 なお、この問題は Windows 7 Service Pack 1 (SP1) でも発生します。

0

Internet Explorer 8 on Windows 7 での、手のひらツールの問題。。。

こんにちは、五寳です。 タブレット PC で Windows を実行していると、Internet Explorer には “手のひらツール” が表示されます。手のひらツールは、Web ページを紙を扱っているような感覚で、自分が見たいところに画面を移動させることができる機能です。 通常使っている分には問題ないのですが、Internet Explorer 8 で、Web サイトの表示を 100% と異なる倍率にした時、ポインタはペンが指しているところに表示されますが、実際にクリックする場所は、絶対的な 100% の場所・・・つまり 100% で表示している時の場所を指示してしまうため、思わぬところをクリックしてしまうことになります。 この問題は現在調査中ですが、今のところ解決していません。どうしても、倍率を変えて手のひらツールを使いながらハイパーリンクをクリックしたいような場合は、少々面倒なのですが、ハイパーリンク上で右クリック (タブレットPC ではペンを少し抑えたままにする) して、メニューから “開く” などを選択する必要があります。 ご迷惑をおかけすることになりますが、既知の問題であるとご理解いただければと思います。 *なお、この問題は Internet Explorer 9 でも発生します。*ただし、Windows Vista + IE8 および IE9 ではこの問題は発生しません。*また、手のひらツールを使わない時は、Windows 7 + IE8 および IE9 でもこの問題は発生しません。        

0