Windows 10 Insider Preview ビルド 14367 でお試しいただける日本語入力関連の改善点について

皆さま、こんにちは。Windows & Devices 開発統括部です。 Windows 10 をご使用頂きありがとうございます。皆さまからの貴重なフィードバックや改善のご提案に日々感謝しております。 今回はプレビュー ビルド 14367 以降 でお試しいただける日本語入力関連の改善点をご紹介させていただきます。   • 入力履歴の管理(プライベートモード)切替方法の改善 前回のブログ でご紹介した入力履歴の管理(プライベートモード)にショートカット キーが追加されました。面倒だったモードの切り替えを Ctrl + Shift + F10 で簡単に行うことが可能です。プレビュー ビルド 14367 以降でお試しいただけます。プライベートモードはコンピューターの再起動、またはサインアウトといったタイミングで自動的にオフに戻ります。      タブレットモードでご使用の場合: タスクバーの右クリックメニューから「言語の切り替えを表示」を選択後、日本語入力モードアイコンを表示し、そのコンテキストメニューからプライベートモードを選択することができます。ショートカット キーもお使いいただけます。        言語バーをお使いの場合: 言語バーのコンテキストメニューからはプライベートモードの切り替えを行うことができません。上記のショートカットキーをお使いください。      • 手書き入力の認識精度の改善と予測入力候補 新しい手書き入力は、文字ごとの枠をなくし、より直感的に手書き入力ができるようになりました。文字枠がなくなることで、認識されにくい文字があるとのフィードバックをいただき、認識精度の向上を行いました。また、ひらがなで読みを書くことで予測候補が表示され、候補を選択すると、選択した言葉につながる予測候補も表示されます。すべての文字を書かなくても簡単に素早く入力することができます。      • 10 キー かなタッチキーボードのフリック入力時における視覚効果の改善 皆さまからいただいたフィードバックをもとに、フリック入力時の視覚効果の改善を行いました。これにより、フリックのミスに気付きやすくなるようになりました。プレビュー ビルド 14367 以降でお試しいただけます。      • 「日本語入力にどの程度満足していますか?」の評価にご協力ください…

0

Windows 10 Preview ビルド 14366 でお試しいただける日本語 IME の変更点について

皆さま、こんにちは。Windows & Devices 開発統括部です。 Windows 10 をご使用頂きありがとうございます。皆さまからの貴重なフィードバックや改善のご提案に日々感謝しております。 今回は米国時間の6月14日に公開された プレビュー ビルド 14366 でお試しいただける日本語 IME の変更点をご紹介させていただきます。   • プレビュー ビルド 14361 で起きていた「予測入力確定後の変換でPCがフリーズすることがある」という問題について 上記の問題は、プレビュー ビルド 14366で修正されています。問題を回避するために予測入力を使用しない設定に変更された方も、ぜひ予測入力を使用する設定に戻していただき、新しくなった予測変換をお試しください。   以下の方法で予測変換をONにできます。 1.タスクバー右下にあるIMEのアイコン 「A」または「あ」の部分を右クリック。 2.プロパティを選択 3.「Microsoft IMEの設定」ウィンドウの「詳細設定」をクリック 4.「Microsoft IMEの詳細設定」の「予測入力」タブをクリック 5.「予測変換を使用する」のチェックをONにしてください。    • ラインモード手書き入力の変更点 皆さまからいただいたフィードバックに基づき、主に以下の機能改善を行いました。プレビュー ビルド 14361 以降でお試しいただけます。 ・文字の認識精度向上 ・バックスペースで手書き文字を1文字づつ削除        • 入力履歴の管理(プライベートモード)の変更点 前回のブログでご紹介した入力履歴の管理(プライベートモード)に1点変更があります。 皆さまからいただいたフィードバックに基づき、プライベートモードが有効な状態を示す IMEモードアイコンが表示されるようになりました。プレビュー ビルド 14361 以降でお試しいただけます。     本日「Windows 10…

0