Windows 10 Preview ビルド 14328 でお試しいただける日本語 IME の変更点について


皆さま、こんにちは。Windows & Devices 開発統括部です。
Windows 10 をご使用頂きありがとうございます。皆さまから、貴重なフィードバックや改善のご提案をして頂き、大変感謝しております。
今回は米国時間の4月22日に公開されたPreview ビルド 14328 でお試しいただける日本語 IME の変更点をご紹介させていただきます。

 

●予測候補の機能強化
フィードバックでご要望の多かった日付候補が予測候補に表示されるようになりました。例えば、「きょう」と入力すると予測候補の中に今日の日付が表示されるので、その候補をTabキーで選択することで今日の日付を入力することができます。また、予測候補ウィンドウの一番下でTab キーを押した際に、候補ウィンドウを拡張して追加の予測候補を表示するようにしました。フォーマットの異なる日付候補も候補ウィンドウを拡張すると表示されます。さらに、長く入力した場合などに、変換結果が予測候補ウィンドウに表示されるようになり、入力しながら変換結果を確認したりTab キーで選択したりできるようになっています。

  • 日付候補の例

日付変換

●入力履歴の管理
入力履歴の管理が便利になりました。人に見られたくない履歴が候補リストに表示されて困った経験はありませんか?
プライベートモード(仮称)を使えば、その間に蓄積された入力履歴はモードの終了時には削除され、その後意図しない場面で表示されてしまうことを防ぐことができます。
プライベートモード(仮称)はIME のアイコンをクリックして表示されるメニューから「プライベートモード」を選択することでオン・オフすることができます。Edge や Internet Explorer で InPrivate ブラウズ機能をお使いの場合は、本機能が自動的に オン・オフ されます。
プライベートモード(仮称)で蓄積された入力履歴はプライベートモードの間だけ有効となり、モードの終了時には削除されます。それまでにプライベートモード以外で蓄積されていた入力履歴のデータには影響ありません。

プライベートモード

プライベートモードに関係なく、特定の予測候補を削除したい場合には、候補ウィンドウで削除したい候補をTab キーか下矢印キーで選択した後、Ctrl + Delete キーで削除できます。こちらの機能はWindows 10 November Update 以降のビルドでお試し頂けます。

予測候補削除

●クラウド候補
より使いやすくなったクラウド候補をお試しください。Bing を利用し、新しい言葉や専門用語などのより多くの予測候補を表示することが可能になります。クラウド候補をより多くの方に知っていただくためにユーザーインターフェースを改善しました。この改善により必要な時にクラウド候補の取得をすることが可能になりました。また、表示されるリンクから設定画面へ移動してクラウド候補の取得方法を指定することで、従来のシームレスな入力を実現することも可能です。

クラウド候補

是非、これら変更点を含め、プレビュー ビルドをお試しいただき、フィードバック Hub を使ってご意見をお聞かせください。
ご意見の報告方法は、こちらをご覧ください。
また、フィードバック Hub でお知らせやクエストの最新情報も是非チェックしてください。
皆さまからのご意見を心よりお待ちしております。

Comments (0)

Skip to main content