Windows 10 で発生している他社製 IMEの問題について


こんにちは。オペレーティングシステム開発統括部です。

 

Windows 10 の提供が開始されてから約2か月がたちましたが、お使いの皆さまからさまざまなフィードバックや改善のご提案をいただいております。この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 

お客さまからのフィードバックは複数の方法を使って集めています。Windows 10 に搭載されている Windows フィードバックアプリや Microsoft コミュニティには多くの声が寄せられ、製品開発の重要な情報源として活用させていたただいています。

 

その中でも特に多くのユーザーさまから聞かれるのが、 Windows 10 にアップグレード後、他社製のIMEを使った日本語入力ができなくなったという問題です。Windows 7 や Windows 8.1 上で Google 日本語入力や Just Systems 製 ATOK をお使いでWindows 10 にアップグレードされた場合、ストアアプリや タスクバーの検索ウィンドウ、または Edge ブラウザで、それらの IME を使い日本語入力ができないという声が多く寄せられました。

 

回避策としては、お使いの他社製 IME を Windows 10 上で一度アンインストールした後、再インストールすることをご案内しております。アンインストール、再インストール後にはコンピュータの再起動を併せてご案内しています。製品によってはアップグレードモジュールが提供されている場合があります。再インストールに必要な情報をEdge ブラウザで検索する際、一時的にMicrosoft IME を有効にし日本語を入力する必要がある場合があります。Windows キー + スペースキーでお使いの IME を切り替えることが可能です。引き続き問題が起こるようでしたら、Microsoft コミュニティの関連の質問へご報告頂けると幸いです。

 

 関連の質問:http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_10-ime/windows10アップグ/079810c6-932c-4f5d-8310-d13811f78a61?page=2

 

Windows 10 をお使いの皆さま、またフィードバックをお寄せいただいた方に改めて感謝申し上げます。お気づきになった改善してほしい点やお役に立った機能などについて引き続きフィードバックをお寄せください。みなさまからの声を製品開発に取り入れ改善を継続していきたいと考えています。

 

Comments (0)

Skip to main content