Windows 10 Technical Preview ビルド9879のリリース

みなさん、こんにちは。オペレーティングシステム開発統括部です。 Windows 10 Technical Previewを評価していただきまして誠にありがとうございます。11月12日(米国時間)にWindows 10 Technical Previewの二度目の更新となるビルド9879がWindows Insider Programに公開されましたのでお知らせいたします。 今回も英語版で日本語版はリリースされておりませんが、オペレーティングシステム開発統括部では、皆様より多くのフィードバックを頂く事で製品の品質向上に努めたいと考えておりますので、引き続き評価へのご協力をお願いいたします。 既にWindows Insider Programに登録されており、Windows 10 Technical Previewを評価中の皆様のPCには、PCが起動中またはスリープ状態であれば、夜間等に自動で新しいビルド9879がダウンロード及びインストールされます。また新しいビルド9879が自動でインストールされていないPCでもPC SettingsのUpdate and recoveryメニュー内のPreview buildsより、Check Now buttonをクリックする事で、ビルド9879のインストールが可能となります。   ●Windows 10 Technical Previewビルド9879の詳細情報 今回の更新では、皆様からお寄せいただきましたリクエストにお応えする形で、Task ViewやSearch buttonの表示をコントロールする設定が新たに追加されました。 他にもいくつか改善点がございますので、詳細はこちらの英語のBlogging Windowsブログをご覧ください。   まだWindows 10 Technical Previewを試されていない方は以下の情報を合わせてご覧ください。 ●Windows 10 Technical Previewの入手方法 こちらをご覧ください。その後WindowsInsider Programにご自身のマイクロソフトアカウントにて登録することで入手できます。   ●Windows 10 Technical Previewのセットアップ方法 新規インストール及びアップグレードインストールについてはこちらをご覧ください。   ●IMEに関して IMEの追加方法についてはこちらをご覧ください。   ●セットアップやデバイス、周辺機器、IEの互換性に関して…

0

Windows 10 Technical Preview ビルド9860のリリース

みなさん、こんにちは。オペレーティングシステム開発統括部です。 10月21日(米国時間)にWindows 10 Technical Previewの最初の更新となるビルド9860がWindows Insider Programに公開されました。 今回も英語版で日本語版はリリースされておりませんが、オペレーティングシステム開発統括部では、皆様より多くのフィードバックを頂く事で製品の品質向上に努めたいと考えておりますので、引き続き評価へのご協力をお願いいたします。 既にWindows Insider Programに登録されており、Windows 10 Technical Previewを評価中の皆様のPCには、PCが起動中またはスリープ状態であれば、夜間等に自動で新しいビルド9860がダウンロード及びインストールされます。また新しいビルド9860が自動でインストールされていないPCでもPC SettingsのUpdate and recoveryメニュー内のPreview buildsより、Check Now buttonをクリックする事で、ビルド9860のインストールが可能となります。   ●Windows 10 Technical Previewビルド9860の詳細情報 こちらの英語のBlogging Windowsブログをご覧ください。   まだWindows 10 Technical Previewを試されていない方は以下の情報を合わせてご覧ください。 ●Windows 10 Technical Previewの入手方法 こちらをご覧ください。その後WindowsInsider Programにご自身のマイクロソフトアカウントにて登録することで入手できます。   ●Windows 10 Technical Previewのセットアップ方法 新規インストール及びアップグレードインストールについてはこちらをご覧ください。   ●IMEに関して IMEの追加方法についてはこちらをご覧ください。   ●セットアップやデバイス、周辺機器、IEの互換性に関して 英語版のセットアップ方法や、それに伴う評価内容についてはこちらをご覧ください。   ●またフィードバック方法はこちらをご覧ください。 皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

0

フィードバック方法

みなさん、こんにちは。オペレーティングシステム開発統括部です。Windows 10 Technical Previewのフィードバック方法は以下の手順になります。 2015/1/29更新: フィードバックツールが新しくなりましたので、内容を更新しました。 1. 検索ボックスよりWindows Feedbackツールを起動します タスクバーにある検索ボックスに”Windows feedback”と入力し、Windows Feedbackを選択するとフィードバックアプリが起動します。     2. フィードバックアプリの検索ボックスにフィードバックしたいことを入力して、同様のフィードバックがすでに送られていないか確認してください。    同様のフィードバックが見つかった場合は、そのままSendをクリックしてください。   3.同様のフィードバックが見つからなかった場合、New Feedbackをクリックします。   新しいフィードバックを記入する画面が表示されます。   カテゴリとサブカテゴリを選択します。 例えば、IMEの場合は 以下を選びます。 カテゴリ:Input and Interaction Methods、サブカテゴリ:East Asian input method editor テキストフィールドにフィードバックを記入します。日本語で構いません。 新機能や改善箇所を提案する場合はSuggestion、問題を報告する場合はProblemを選びます。 Take a Screenshotをクリックするとスクリーンショットを撮影できます。 Sendをクリックしてフィードバックを送信します。 ご協力ありがとうございました。

0

アップグレードと互換性の評価ポイント

みなさん、こんにちは。オペレーティングシステム開発統括部です。Windows 10 Technical Previewのセットアップやデバイス、周辺機器、IEの互換性の評価ポイントは以下の手順になります。評価にご協力をお願いします。   セットアップ/アップグレード セットアップ/アップグレード終了したかどうか?(スタートスクリーンまたはデスクトップが表示されれば成功と判断します。)   デバイスの互換性 ●デバイスマネージャー デバイスマネージャーを起動し、”表示”メニューの”非表示のデバイスを表示”をチェックします。 黄色の!マークが表示されているデバイスが無いことをご確認ください。 ●組み込みデバイスおよび周辺機器 (ビデオ、LAN/WiFi、キーボード、タッチ、ポインティングデバイス、カメラ、Bluetooth、指紋認証デバイス、プリンター、外部ストレージ、etc.) デバイスが正しく機能し、設定の変更が行えることをご確認ください。   アプリケーションの互換性 ●インストールされているアプリケーション (セキュリティー関連、メディア再生、ゲーム、etc.) アプリケーションが正しく動作することをご確認ください。 ●IE の互換性 (オンラインバンキング、ネット通販、etc.) 普段アクセスしているサイトにアクセスできること、表示が正しいこと、またIEからの印刷が行えることをご確認ください。   その他の問題 ●パフォーマンス (ブート、シャットダウン、スリープ/Resume、バッテリー)   ブートやシャットダウンが著しく遅くなったり、バッテリーのもちが著しく悪くなったりがないかご確認ください。 フィードバック方法はこちらをご覧ください。 皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

0

Windows 10 Technical Previewでの日本語IMEについて

みなさん、こんにちは。オペレーティングシステム開発統括部です。本日発表されましたWindows 10 Technical Preview は英語版のご提供となりますが、日本語入力が可能です。 この記事では、日本のユーザー様向けに、日本語IMEを追加する方法とWindows 10 Technical Preview を便利に使うためのTipsを合わせてご紹介いたします。  日本語IMEを追加する方法 Tips1. デフォルトの入力方法を日本語に設定する方法 Tips2. IMEの表示言語を日本語に変更する方法  キーボードが英語配列キーボードとして認識されてしまう場合の対処法   日本語IMEを追加する方法  Windows 10 Technical Previewのインストール時に日本語キーボードを指定していただくと、IMEが自動的に追加されて日本語入力が可能になります。 また、OSのインストール後にIMEを追加することもできます。その場合は、以下の手順をお試しください。 1. 画面左下のスタートボタンをクリックしてスタートメニューを表示し、PC settingsアプリを起動します。アプリが見つからない場合は、スタートメニュー下部にある検索ボックスにPC settingsと入力することでアプリを検索できます。 2. PC settingsアプリを起動したら、画面左側にあるTime and languageをクリックまたはタップします。 3. 画面左側のRegion and languageをクリックまたはタップします。 4. 初期状態では英語のみが入力できる状態になっていますので、日本語を追加するためにAdd a languageをクリックまたはタップします。 5. いろいろな言語がアルファベット順に並んでいます。日本語をクリックまたはタップします。 6. 以上により日本語IMEが追加されました。   Tips1.デフォルトの入力方法を日本語に設定する方法 日本語を頻繁に入力する場合は、デフォルトの入力方法を日本語に設定すると便利です。 1. 日本語をクリックまたはタップし、Set as primaryボタンをクリックまたはタップしてください。 2. 以上により、デフォルトの入力方法を日本語に設定することができます。   Tips2….

0

セットアップ方法

みなさん、こんにちは。オペレーティングシステム開発統括部です。Windows 10 Technical Previewのセットアップ方法は以下の手順になります。今回、日本語版はリリースされておりませんが、英語版はリリースされましたので、この機会に是非Windows 10 Technical Previewの評価をお願いします。   Windows 8/8.1 からのアップグレード方法 アップグレード前の確認事項 · Windows 10 Technical Preview を使うのをやめて、以前のバージョンの Windows に戻すには、PC に付属していたリカバリ メディアやインストール メディア (通常は DVD) から以前のバージョンを再インストールする必要があります。リカバリ メディアがない場合は、USB 回復ドライブを作成できる場合があります。 · 以下のステップでは、英語版の OS がインストールされ、今までに使用されていたデスクトップアプリケーションは削除され使用できません。 · 開発中の製品のため、使用中にデータの損失・予期せぬ再起動などがあった場合でも当社では一切責任を負いかねます。予めご了承ください。   アップグレード方法 1. ご使用のパソコンを最新版にアップデートします (※アップデート方法はこちらWin8/Win8.1 : http://www.microsoft.com/ja-jp/security/pc-security/j_musteps_win8.aspx , Win7 http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/products/features/windows-update) 2. インストールメディアから setup.exe を実行します。 3. Windows Technical Preview Setup が起動します。  …

0

Windows 10 Technical Previewを是非お試しください

みなさん、こんにちは。部署名がWindows開発統括部からオペレーティングシステム開発統括部に変更となりました。それに伴いブログのタイトルも変更いたします。今後ともよろしくお願いします。   9月30日(米国時間)に発表がありました通り、Windows 10 Technical Previewが公開されました。オペレーティングシステム開発統括部では、皆様にご評価いただき、多くのフィードバックを頂く事で製品の品質向上に努めたいと考えております。今回、日本語版はリリースされておりませんが、英語版へのインストール方法やIMEの追加方法を載せておりますので、ご参考にしていただき、新しいWindows上でのIMEを含めた新しい機能をお試しください。     ●Windows 10 Technical Previewの入手方法 こちらをご覧ください。その後WindowsInsider Programにご自身のマイクロソフトアカウントにて登録することで入手できます。   ●Windows 10 Technical Previewのセットアップ方法 新規インストール及びアップグレードインストールについてはこちらをご覧ください。   ●IMEに関して IMEの追加方法についてはこちらをご覧ください。   ●セットアップやデバイス、周辺機器、IEの互換性に関して 英語版のセットアップ方法や、それに伴う評価内容についてはこちらをご覧ください。   ●またフィードバック方法はこちらをご覧ください。   皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

0