C++ による Metro スタイル アプリ開発に関するセッション ビデオ


みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。今日は 「Developing Windows 8 Metro style apps with C++」 というセッションのご紹介です。

今月の 18 日にマイクロソフトの米国本社がある Redmond で、Visual C++ を使用して Windows 8 用に Metro スタイル アプリを開発する方法を説明する 「Developing Windows 8 Metro style apps with C++」 という 1 Day イベントが開催されました。そのセッションの様子はインターネットで実況中継されたのですが、このたびその録画した内容が Channel 9 のサイトで公開され、いつでも見られるようになりました。

Visual C++ と XAML、または DirectX を使用した Metro スタイル アプリやゲームの開発に興味のある方は、ぜひご覧ください。(セッションはすべて英語ですが…)

Channel 9 の 「Developing Windows 8 Metro style apps with C++」 の URL:
https://channel9.msdn.com/Events/Windows-Camp/Developing-Windows-8-Metro-style-apps-in-Cpp

下記はセッションの一覧です。セッションの順番も参考にしてください。

開始時刻 セッション内容 長さ スピーカー
9:00 Visual C++ for Windows 8 60 Herb Sutter
10:00 Building Windows 8 apps with XAML and C++ 60 Tim Heuer
11:00 Blend and XAML Walkthrough 15 Navit Saxena
11:20 Porting a desktop app to a Metro style app 30 Sridhar Madhugiri
11:50 Building Windows Runtime Components with C++  30 Harry Pierson
12:20 Casablanca 20 Niklas Gustafsson
12:40 Live Q&A #1  (パネル ディスカッション) 20 午前のセッションのスピーカー
13:00 C++ and DirectX for Metro style games 60 Chas Boyd & Matt Sandy
14:00 Combining XAML and DirectX in Metro style apps 30 Jesse Bishop
14:30 Getting the most out of the C++ compiler 15 Jim Hogg
14:45 Async made simple with C++ PPL 35 Rahul V. Patil & Genevieve Fernandes
15:20 The Windows Runtime Library 40 Sridhar Madhugiri
16:00 Live Q&A #2 (パネル ディスカッション) 60

午後のセッションのスピーカー

Comments (0)

Skip to main content