BUILD イベントが始まりました


みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。

米国時間の 2011 年 9 月 13 日より、アメリカのカリフォルニア州アナハイムにおいて、BUILD イベントが開催されています。この開発者を対象としたイベントでは、keynote (基調講演) をはじめ、100 以上のテクニカル セッションや chalk talk (講師とのインタラクティブな講義) が実施され、現在開発中の次期バージョンのオペレーティング システム "Windows 8" (コード ネーム) に関連した最新の技術情報が提供されます。

このイベントやセッションの様子については、Web キャストで配信されています。直接アナハイムのイベントに出席されていない方も、ぜひオンラインで BUILD ホーム ページ (http://www.buildwindows.com/) から BUILD にご参加ください。

Building Windows 8 ブログでお馴染みの Steven Sinofsky による keynote のビデオは、BUILD ホーム ページにてご覧いただけます。なんと keynote のビデオは 3時間半もあるので、簡単に解説すると、

  • 最初の 1 時間は始まるを待っている時間です。会場の様子も映っていますが、keynote はまだ始まりません。
  • 実際に Steven Sinofsky が登壇して keynote が開始するのは 1:07 からです。”Windows 8” とは何か、設計コンセプトなどを説明しています。
  • 1:20 から Julie Larson-Green が登場して、Windows 8 の新しいユーザー エクスペリエンスの紹介が始まります。
  • 1:39 ころから Windows 8 用のアプリ (Metro style App) の開発方法 (プラットフォームや言語) についての説明が始まります。そして 1:45 に Antoine Leblond が登場して、新しい Visual Studio 11 を使ったアプリ開発や Windows Store のデモを行います。
  • 続いて議題はハードウェア関連に移り、2:14 に私の上司の上司の上司の上司である Mike Angiulo が登場して、さまざまな PC フォームファクターやデバイス エクスペリエンスについてデモをします。イベント出席者に配布された Samsung のプロトタイプ PC もここで発表されました。
  • 2:39 ころから、インストールやタスク マネージャー、仮想マシンなどパフォーマンス系の話題や Internet Explorer 10 などについて Steven Sinofsky が解説します。
  • 3:04 から Chris Jones が登場して、Windows Live のデモを行い、クラウド サービスについて説明します。
  • 最後に 3:18 から、keynote のデモで使ったサンプル アプリの開発に貢献したインターン (大学生) の紹介があり、
  • 3:23 からの Path to “RTM” (今後のスケジュール) と Windows 8 Developer Preview の話で締めくくられています。

BUILD イベントの各セッションのビデオや資料は、Channel 9 で提供されます。BUILD ホーム ページからもアクセスできるようになる予定です。

Windows 8 Developer Preview をダウンロードするには、http://dev.windows.com/ にアクセスしてください。

 


追伸 (2011 年 9 月 15 日)

現在 BUILD ホーム ページ では、Day 2 の keynote が配信されています。Steven Sinofsky による keynote は、Channel 9 の以下のページでご参照いただけます。

https://channel9.msdn.com/Events/BUILD/BUILD2011/KEY-0001

また、最初の何もない 1 時間はカットされているので、タイミングが先に述べた時間から変わっています。Channel 9 で提供されているビデオのタイミングは次のとおりです。

  • オープニング映像に続いて Steven Sinofsky が登壇して keynote が始まります。”Windows 8” とは何か、設計コンセプトなどを説明しています。
  • 0:13 から Julie Larson-Green が登場して、Windows 8 の新しいユーザー エクスペリエンスの紹介が始まります。
  • 0:32 ころから Windows 8 用のアプリ (Metro style App) の開発方法 (プラットフォームや言語) についての説明が始まります。そして 0:38 に Antoine Leblond が登場して、新しい Visual Studio 11 を使ったアプリ開発や Windows Store のデモを行います。
  • 続いて議題はハードウェア関連に移り、1:07 に私の上司の上司の上司の上司である Mike Angiulo が登場して、さまざまな PC フォームファクターやデバイス エクスペリエンスについてデモをします。イベント出席者に配布された Samsung のプロトタイプ PC もここで発表されました。
  • 1:32 ころから、インストールやタスク マネージャー、仮想マシンなどパフォーマンス系の話題や Internet Explorer 10 などについて Steven Sinofsky が解説します。
  • 1:57 から Chris Jones が登場して、Windows Live のデモを行い、クラウド サービスについて説明します。
  • 最後に 2:11 から、keynote のデモで使ったサンプル アプリの開発に貢献したインターン (大学生) の紹介があり、
  • 2:16 からの Path to “RTM” (今後のスケジュール) と Windows 8 Developer Preview の話で締めくくられています。

2 時間 20 分にわたる長い keynote でした。

Comments (0)

Skip to main content