[Blog翻訳] MIX11 で Kinect for Windows のデモを披露


みなさん、こんにちは。Windows 開発統括部の古内です。

さて、今年の 2月末に Kinect for Windows SDK のリリース発表に関する英語 Blog 翻訳記事を掲載しましたが、4 月12 ~ 14 日にラスベガスで開催されたイベント 「MIX11」 において、Kinect for Windows SDK の Beta 版が今春リリースされることが明らかになりました。また、基調講演では Kinect for Windows のデモが披露されました。これらについてまとめたレポート 「Kinect for Windows Demonstrated at MIX11」 が 2011 年 4 月 13 日に Blogging Windows Blog に投稿されましたので、今日はこの英語 Blog 記事の翻訳をお届けします。


MIX11 で Kinect for Windows のデモを披露

マイクロソフトは昨年秋、Kinect for Xbox 360 を発売しました。ジェスチャに基づくナチュラル ユーザー インターフェイス (NUI) を採用した Kinect では、Xbox 360 でコントローラーを使わずにゲームやエンターテイメントを楽しむことができます。NUI については、同僚の Steve Clayton 氏がブログ サイトの「Next at Microsoft (英語)」で山ほど NUI に関する記事 (英語) を書いているので、ぜひそちらをお読みください。Kinect の成功は驚異的であり、ギネス世界記録では世界最速の販売記録を達成した家庭用電化製品 (英語) として認定されました。Kinect は発売以来、多くのエンスージアストや研究者の方々によって、ゲーム用とは違った Windows 上での展開が模索されてきました。今年の 2 月、マイクロソフトは Kinect for Windows の非商用の SDK (ソフトウェア開発キット) のリリースを発表しました。そして MIX11 において、強力な組み合わせである Kinect と Windows の活用例を実演すると共に、Kinect for Windows SDK には、骨格トラッキング、音声処理、深度センサー付きカメラといった機能が含まれることを明らかにしました。

MIX11 の Day 2 の基調講演において、Microsoft Research の Jonathan Fay 氏は Kinect for Windows を使って WorldWide Telescope (英語) を操作するデモを行いました。宇宙マニアである私も、このデモには度肝を抜かれました。PC 上で宇宙をコントロールする様子に、Kinect の大きな可能性を感じました。

以下に、基調講演の Kinect と WorldWide Telescope のデモの様子を記録したビデオをアップします。

他にもさまざまなデモが Channel 9 でご覧いただけます。中でも Jeff Sandquist 氏や Dan Fernandez 氏のデモでは、Kinect を活用したアプリケーションを Windows で簡単に作成できることが紹介されています。

Kinect for Windows の登場によって、開発者は PC 上で NUI を活用できるようになります。これにより、テクノロジのまったく新しい活用方法を生み出し発展させる道が開かれます。

Kinect for Windows SDK に関する最新情報については、Microsoft Research Web サイト (英語) をご参照ください。また、Kinect for Windows SDK のサイト (英語) で登録を行うと、リリース情報 (英語) が通知されるようになります。Kinect for Windows SDK Beta は今春中に公開される予定です。Steve Clayton 氏のブログ記事 (英語) もお勧めなのでぜひご覧ください。彼は数週間前に Microsoft Research 主催の TechFest というイベントで、PC での Kinect の操作を実際に見てきたそうです。MIX11 の最新情報は、MIX Virtual Pressroom (英語) で入手できます。

Comments (0)

Skip to main content