Windows 7 上の Internet Explorer 8 の機能について


こんにちは、五寳です。
夏前に開発が終了した Windows 7 ですが、もう来週 10/22 の発売日まで1週間を切りました。
21日深夜からイベントを行う店舗なども多く、前回の 2007年1月30日の Windows Vista のラウンチ以上の盛り上がりをみせそうで、楽しみですね。

また、週末の24・25日はベルサール秋葉原で、Windows 7 博覧会 (セブン博) も開催されるということで、
我々 Windows 開発統括部のメンバーも説明員として参加しておりますので、見かけたら何でも?質問・相談してください!

さて、今日は Windows 7 発売前ということで、Windows 7 に加えられた Internet Explorer 8 の変更点などについて、紹介したいと思います。
基本的な機能は、XP、Vista 向けのいわゆる Standalone 版といわれている Internet Explorer 8 とほとんど変わりません。

(XP と Vista/Windows7 の間には、UAC, 保護モードという実行モードにおける大きな違いがありますが、
それは IE7 でも同じなので、今回はスルーします。。。)

内部的?な部分での違いは、

  • Win7 の TCP/IP Stack の向上による、TCP/IP window size scaling 機能の向上によるパフォーマンス UP
  • Windows 7 と Windows Server 2008 R2 の新しい機能である DirectAccess で利用するプロトコル、 IP-HTTPS をサポート
  • Windows 7 の Crypto Stack の向上による、TLSv1.1 と TLSv1.2 の追加サポート (デフォルトは TLSv1.0 と SSL 3.0 が ON)
  • Standalone IE8 リリース後に提供された Security Fix といくつかの重要な問題の Fix が適用済み

と、このくらいでしょうか?
上記を含め、細かい点でも Windows 7 という OS に特化したパフォーマンス チューニングは行われています。

次に、Windows 7 上で見た目でわかる追加・変更点として、次のものが挙げられます。

    • タスクバーに表示される IE のサムネイル プレビュー表示がタブ毎に表示される
      TabPreview
    • タスクバーのジャンプリストに対応
      • よくアクセスするサイトの一覧表示と、Beta User からフィードバックのあった、
        “InPrivate ブラウズの開始” と “新しいタブを開く” の 2 つのタスクが追加。
      • タスクバーに表示されているアプリケーションを右クリックすると、表示されますが、個人的にはマウスカーソルを上方向にすべらすように (トランプのカードを切るように) “にゅっ” っとドラッグして出す方法が好きです。
    • JumpList
  1. タッチ 機能に対応
    • いわゆるハードハングアップ(:完全に応答がなくなるような場合)にも対応し、信頼性を向上。
  2. 検索プロバイダーと翻訳アクセラレータのデフォルトが Bing に

タッチ機能については、そのハードウェアが Windows7 のタッチ機能に対応していないと利用できませんが、
もし運よくお持ちの場合はぜひ試してください。また、 Windows 7 上でのアクセラレータの利用については、
そのままでは利用できません。こちらは追って別途紹介したいと思います。

Windows 7 の発売日までの間に、役に立ちそうな情報をまたいくつか紹介したいと思います。

(10/16: わかりやすい図は後ほど追加します。。。)
(10/20: 図を追加しました。)

Comments (0)

Skip to main content