[閑話休題] Windows Home Server – "ママ、どうしておうちにサーバーがあるの?" をリアル娘に読み聞かせてみました。

皆様、おひさしぶりです。なおきお~です。 今日は、4月1日なので、エイプリルフールで、至る所で、ジョークが飛び交っていると思います。 本日は、ジョークではないのですが、”管理者は見た!~AD と ILM 一家の秘密~” の”ういこ”さんから、コラボレーションの提案があり、”[閑話休題] Windows Home Server – “ママ、どうしておうちにサーバーがあるの?” をリアル息子に読み聞かせてみました。” の娘版のお話をしたいと思います。   まず、私の場合、この絵本を持っていないので、ある方に相談したら、すぐに ACK と “郵送した” というreply が来ました。すばらしいturn around time です。この場を借りて、お礼を申し上げます。ありがとうございました。   さて、この絵本の表紙のように、母と娘という形式にするために、妻に協力をお願いし、快諾。 “ういこ”さんの息子に近い年齢の娘(1年程度 年下)に読んで聞かせてあげることにする。   まず、表紙から。 娘:「これサーバー?」と真ん中のPCを指差している。 妻&私:「!!!」 何と読む前から、すでに、サーバを知っている!? 妻:「サーバーを知っているの?」 娘:「知らない。でも、サーバーって文字の下にあったから。」 なるほど、素晴らしい着目点です。 娘:「で、これ何?」と、作者のトム・オコーナー博士なるものを指差す。 妻:「この本を書いた人だよ。」 娘:「ふーん」   1ページ 娘:「これなんて書いてあるの?」といきなり、この本の発刊にかかわる根幹となる内容について指摘を受ける。 妻:「えっと・・・書いた人を紹介しているんだよ。」と嘘は言わないが、核心は話さず。そそくさと、次のページへ   ※読みずらいと思いますので、書いてある内容を一字一句変えずに記載してみます。 この本の作者トム・オコーナーは本当は博士号なんて持っていません。それどころか存在しません。それにこの本の内容は全てフィクションです。でもね、Windows Home Server は、実在の製品です。きっとほしくなりますよ。     Windows Home Server のことをもっと知りたくなったらここを見てね。 www.microsoft.com/japan/windowshomeserver…