プリンタードライバーの GPD ファイル記述に関する注意事項


今回は Universal プリンタードライバーにて記述を行う GPD ファイルの記述に関する注意事項を簡単にご紹介させていただきます。

GPD ファイルはテキストベースでプリンターの Charasteristics、Commands、Features 等を記述するものですが、定義されたキーワードが多数あります。GPD ファイルの概要については Introduction to GPD Files をご参照いただくこととして、その事前定義されたキーワードに関しては、大文字小文字が区別されますので注意が必要です。

Standard Features として定義されているものとして ”Orientation”、”InputBin”、”PageSize”、”MediaType” などがありますが、例えば “ORIENTATION” というように、大文字で記述すると、正しく Standard Feature として認識されません。
以下は Windows Driver Sample に含まれている bitmap.gpd ファイルの抜粋ですが、以下の黄色に示した各キーワードはすべて大文字小文字が区別されます (ほぼすべてになりますが...)。

*%******************************************************************************************
*%                                      Paper Size
*%******************************************************************************************
*Feature: PaperSize
{
    *rcNameID: =PAPER_SIZE_DISPLAY
    *DefaultOption: LETTER
    *Option: LETTER
    {
        *rcNameID: =RCID_DMPAPER_SYSTEM_NAME
        *switch: Orientation
        {
            *case: PORTRAIT
            {
                *PrintableArea: PAIR(9500, 12500)
                *PrintableOrigin: PAIR(400, 400)
                *CursorOrigin: PAIR(300, 300)
                *Command: CmdSelect
                {
                    *Order: DOC_SETUP.12
                    *Cmd: ""
                }
            }

もし、正しく記述しているつもりであるにも関わらず、期待通りに動作しない場合は、今一度、大文字小文字に誤りがないか、以下の URL をご参照いただき、比較・確認していただければと思います。

General Attributes
https://docs.microsoft.com/en-us/windows-hardware/drivers/print/general-attributes

Standard Features
https://docs.microsoft.com/en-us/windows-hardware/drivers/print/standard-features

Standard Options
https://docs.microsoft.com/en-us/windows-hardware/drivers/print/standard-options

WDK サポートチーム 祝田

Skip to main content