Hyper-V 仮想マシンへのネットワーク経由のカーネルデバッガ接続方法

Hyper-V 仮想マシンに仮想 COM ポート経由のカーネルデバッガ接続方法では、レスポンスが遅く感じられたことはありませんか?今回は、Hyper-V 仮想マシンへのネットワーク経由のカーネルデバッガ接続方法をご案内します。これにより、読者の方のデバッグの作業効率が上がれば幸いです。   今回は、例として、WinDbg を動作させるホストPC では Windows 10 1803 x64、カーネルデバッガを接続される仮想マシンではWindows 10 1803 x86 が動作しています。ホストPC 側には、WDK 10 1803 がインストールされているものとします。仮想マシンは、第一世代のものを使用しています。   ホストPC と仮想マシンをネットワーク接続します。   仮想スイッチは、以下の図のように、以下の3点を満たす必要があります。 ・外部ネットワーク ・「管理オペレーティングシステムにこのネットワークアダプターの共有を許可する」にチェック ・VLAN ID を無効     この仮想スイッチ(図の例では、External という名前にしています) を、仮想マシンのネットワークアダプタ―に設定しています。     ホストPC のIP アドレスを確認します。   ホストPC 側でコマンドプロンプトを起動し、ipconfig を実行してIP アドレスを確認します。   >ipconfig   Windows IP 構成     イーサネット アダプター vEthernet (External):…