Visual Studio 2015 でのテスト署名方法

今回は、Visual Studio 2015 でのテスト署名方法とx64 版のOS でインストールして動作するところまでの手順をご紹介します。   と言っても、WDK で提供されているサンプルはたいてい自動的にテスト署名されることが多いため、テスト署名の方法そのものは、通常はあまり意識する必要がないかもしれません。そのため、テスト署名をされた際に、インストールがうまくいかない場合に、正しい手順との比較がしたい、というような目的としても、今回のブログエントリをご参考にしていただけると幸いです。   今回は、例として、「NDIS Virtual Miniport Driver (netvmini) サンプルをインストールする」でご紹介した、NDIS Virtual Miniport Driver (netvmini) サンプルにテスト署名をし、x64 のOS であるWindows Server 2016 にインストールしたいと思います。サンプルをビルドする、開発側のPC はWindows 10 (1703) x64 にVisual Studio 2015 とWDK 10 がインストールされています。   なお、テスト署名の説明そのものは「ドライバーのデジタル署名の基礎」、Visual Studio を使わずに、コマンドからテスト署名する方法については、以前のブログエントリ「INFファイルを記述する」もしくは、以下のドキュメントをご参照いただければ幸いです。   Test Signing https://docs.microsoft.com/en-us/windows-hardware/drivers/install/test-signing     1. サンプルの入手   NDIS Virtual Miniport Driver (netvmini) サンプルは、以下のサイトの右側の緑色の…


NDIS Connection-less Protocol Driver Sample をインストールする

今回は、NDIS プロトコル ドライバのサンプルNDIS Connection-less Protocol Driver Sample をご紹介します。   このサンプルは、コネクションレス型の、NDIS 6.0 プロトコル ドライバの実装を確認できるサンプルです。プロトコル ドライバについては、さなえすさんの以前の記事「Windows の Network Driver」をご参照ください。Connection-less プロトコルの例としては、UDP があります。これは、トランシーバーの様に明示的な接続をしなくても、通信ができます。そして、Connection-oriented の例としては、TCP があります。こちらは、電話のように相手が着信して初めて接続が確立し、通信ができます。このサンプルは、ユーザーモードからのReadFile/WriteFile で Raw イーサネット フレームを送受信できます。また、イーサネット アダプタへのバインドを確立したり破棄したりできます。   NDIS Connection-less Protocol Driver Sample では、ドライバーに加え、そのドライバーとのやり取りを行うテストアプリケーションがあるので、すぐに検証を行うことができます。   今回は、このサンプル プロトコル ドライバをビルドして、ターゲット側 PC の Windows 10 (1703) x86 にインストールします。そして、本サンプルの test フォルダでビルドする prottest.exe サンプルアプリケーションで、このプロトコル ドライバがバインドされたイーサネット アダプタを列挙し、パケットを送受信するところまでを確認します。サンプルをビルドする、開発側のPC は Windows 10 (1703) x64…