新しい WDK for Windows 10 version 1703


[更新] 2017 年 4 月 28 日 に、インストール後の注意点に関する記述を追加しました。

 

 

Windows 10 Version 1703 のリリースに合わせて、新しい WDK が公開されました!

 

お花見の季節ですね、WDK サポートチームの石沢です。

新しい Windows Driver Kit (WDK) こちらからダウンロードできますので、是非お試しください!

 

WDKWinDbg、および関連ツールのダウンロード

https://developer.microsoft.com/ja-jp/windows/hardware/windows-driver-kit

 

  • インストール時の注意点

WDK 1703 をインストールされる際は、以下の 2 点にご注意ください。

 

2017 4 12 日現在では、Visual Studio 2017 には対応しておりません。Visual Studio 2015 Update 3 をご利用ください

Windows 10, version 1607 用の WDK がインストールされている場合、インストール後に以下の手順にていくつかのファイル (C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Tools\bin\i386\pkggen.exe C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\bin\x86\inf2cat.exe) の復旧が必要です

 

            <復旧手順>

  1. コントロールパネル「プログラムと機能」より、”Windows Driver Kit 10.0.15063.0” を選択して右クリック。表示されたメニューより “変更” をクリック

 clip_image001[8]

 

  1. 表示されたダイアログにて ”Repair” を選択し、”Next” をクリック

    clip_image002[5]

 

  • インストール手順

以下の手順にてインストールを行ってください。

 

<インストール手順>

1Visual Studio 2015 Update 3をインストール

2. Window SDK for Windows 10, version 1703 をインストール

3. WDK for Windows 10, version 1703 をインストール

 

  • リリースノート

本バージョンの WDK については、以下のフォーラムのスレッドに既知の問題が記載されておりますので、気になる方はこちらも参照いただければと思います。

 

Hardware development kits for Windows 10, Version 1703 (April 2017)

https://social.msdn.microsoft.com/Forums/windowshardware/ja-JP/1fa43cc7-a82d-4dd3-8d28-f76fe2d7593e/hardware-development-kits-for-windows-10-version-1703-april-2017?forum=wdk

 

  • インストール後の注意点

本バージョンの WDK のみがインストールされた環境で、Windows 7 / 8 用のドライバーをビルドしようとした場合、次のようなエラーが発生することがあります。

 

1>------ Rebuild All started: Project: WMARKUNI (Watermarkuni\Wmarkuni\WMARKUNI), Configuration:Win7 Debug Win32 ------
1>C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\build\WindowsDriver.common.targets(133,5): error : Unknown or unsupported property value 'Win7' for TargetVersion.

 

この問題を解決するには、次の1または2のどちらかの方法を実施することで、エラーを回避できます。

 

1.TargetVersion として Win7 Win8 を正しく認識できるようにする
こちらの方法は、個々の .vcproj を書き換える必要はございません。.vcproj ファイルの TargetVesion の記述は Win7 / Win8 のまま変更する必要はございません。

 

  <設定手順>

  1.1 C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\build\WindowsDriver.Default.props をテキストエディタ等で開く

  1.2 56行目および61行目に以下の赤字の条件を追加

 

        <When Condition="('$(TargetVersion)'=='Windows8') Or ('$(TargetVersion)'=='Win8')">

          <PropertyGroup>

            <DDKSpec>win8</DDKSpec>

          </PropertyGroup>

        </When>

        <When Condition="('$(TargetVersion)'=='Windows7') Or ('$(TargetVersion)'=='Win7')">

          <PropertyGroup>

            <DDKSpec>win7</DDKSpec>

          </PropertyGroup>

        </When>

 

 

2.Windows SDK for Windows 8.1 Windows Driver Kit 8.1 をインストールする
これらツールをインストールすることで、個々の .vcproj を書き換えたり、WDK 10 のファイルを書き換えたりする必要はありませんが、個々のプロジェクトのプロパティにて WDK 8.1 の設定に戻す必要があります。
なお、この方法は WDK 10 ではなく、Visual Studio 2015 WDK 8.1 を使用する ということと同等になります。

 

  <設定手順>
  1.1 Windows SDK for Windows 8.1 をインストール
  1.2 Windows Driver Kit 8.1
をインストール
  1.3
プロジェクトのプロパティを開き Platform Toolset WindowsApplicationForDrivers8.1 に設定


clip_image002

 

 

今後とも WDK を何卒よろしくお願いいたします。

WDK サポートチーム 石沢 望夢

 

Skip to main content