Microsoft ASL Compiler (asl.exe) を使ってみる

今回は、Microsoft ASL Compiler (asl.exe) を使って、BIOS の ACPI テーブルを編集する手順をご紹介したいと思います。   Microsoft ASL Compiler (asl.exe) は、システム上の種々の ACPI テーブルの逆アセンブリ、ACPI Source Language (ASL) ファイルのコンパイル等の機能が含まれています。   Microsoft ASL compiler https://msdn.microsoft.com/windows/hardware/drivers/bringup/microsoft-asl-compiler (日本語訳 : https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/hardware/dn551195(v=vs.85).aspx)   これと、以下のサイトの GpioSampleKMDF.asl のサンプルを使います。   https://github.com/Microsoft/Windows-driver-samples/blob/master/gpio/samples/simdevice/kmdf/GpioSampleKMDF.asl   実際のファイルは、以下のサイトの右側の緑色の [Clone or Download] ボタンを押すと表示される [Download ZIP] ボタンで Windows-driver-samples-master.zipをダウンロードすると、Windows-driver-samples\gpio\samples\SimDevice\kmdf フォルダにあります。   https://github.com/Microsoft/Windows-driver-samples   今回は、例として、ターゲット PC としてWindows 10 (1607) x86の仮想マシンの BIOS…