印刷時のスプーリングについて(その2)


こんにちは、A尾です。

色々とバタバタとしておりまして、しばらくぶりとなってしまいました。申し訳ありません。

前回はローカルにインストールしたプリンタで印刷した際のスプーリングについてお話ししました。今回は Point and Print によりインストールしたプリンタで印刷した際のスプーリング動作についてお話ししたいと思います。

 

Point and Print によるインストールについてですが、Point and Print によるインストールとはプリント サーバー等のネットワーク上の PC から共有されているプリンタを、他のクライアント PC から接続してインストールすることを言います。具体的には、主に以下の3つの方法があります。

 

1.エクスプローラのネットワークコンピュータ上に表示される共有プリンタ (アイコン) をダブルクリックするか、もしくは右クリック→[接続] を選択してインストール。

2.プリンタの追加ウィザードから、リストアップされたネットワーク上の共有プリンタを選択するか、プリンタ名 \\<サーバー PC >\<プリンタ共有名> を直接指定してインストール。

3.AddPrinterConnection API からインストール。

 

Point and Print によりインストールしたプリンタの場合も、ローカルにインストールしたプリンタと同様に、RAW スプーリングと NT EMF スプーリングがあります。

ただ、印刷を行う PC とプリンタにデータを転送する PC が異なりますので、NT EMF スプーリングの場合には、NT EMF スプール ファイルの再生をクライアント PC 上で行うか、サーバー PC 上で行うかの選択肢が出てきます。

それでは、それぞれの動作を見てみましょう。

 

 

RAW スプーリング

ローカル プリンタの場合はプリント プロバイダがローカルプリント プロバイダであったのに対し、Point and Print によりインストールされたプリンタではネットワークプリント プロバイダが使用されることになります。

そのため、以下のような図の流れとなります。

clip_image001

 

NT EMF スプーリング(サーバー PC 上で再生する場合)

Windows 2000 Windows XP では、Point and Print によりインストールしたプリンタは必ずこの動作でした。

Windows Vista からは Client Side Rendering 機能 (CSR) がサポートされ、CSR が無効の場合にこの動作となります。

CSR の設定方法については、最後に補足します。)

clip_image002

 

NT EMF スプーリング(クライアント PC 上で再生する場合)

Windows Vista 以降の Windows OS にて、CSR が有効の場合、この動作となります。

プリント サーバーの負荷が高い場合に、クライアント PC 上にて NT EMF スプール ファイルの再生処理を行うことになりますので、サーバー側の負荷を減らすことが出来ます。

clip_image003

 

CSR の設定方法

プリンタ プロパティの [共有] タブを開くと、Windows Vista では「クライアント コンピュータで印刷ジョブのレンダリングを行う」、Windows 7 では「クライアントコンピュータに印刷ジョブを表示する」というチェックボックスがあります。

このチェック ボックスを ON にすると CSR が有効となり、OFF にすると CSR が無効となります。

なお、クライアント PC Windows Vista 以降の場合のみ、この CSR の設定が適用されますので、CSR 機能がサポートされていない Windows 2000 Windows XP においては常にサーバー側でレンダリングが行われます。また、CSR 設定は NT EMF スプーリング時のみ適用されますので、ご注意ください。

 

いかがでしたでしょうか?少しややこしいところもありますが、どこでレンダリングが行われるのか?という点だけでも抑えておいてもらえればと思います。

次回は Printer Driver Isolation についてお話ししようかなと考えています。

それではまた。

Skip to main content