[閑話休題] Windows Home Server – "ママ、どうしておうちにサーバーがあるの?" をリアル娘に読み聞かせてみました。


皆様、おひさしぶりです。なおきお~です。


今日は、4月1日なので、エイプリルフールで、至る所で、ジョークが飛び交っていると思います。


本日は、ジョークではないのですが、"管理者は見た!~AD ILM 一家の秘密~" "ういこ"さんから、コラボレーションの提案があり、"[閑話休題] Windows Home Server - "ママ、どうしておうちにサーバーがあるの?" をリアル息子に読み聞かせてみました。版のお話をしたいと思います。


 


まず、私の場合、この絵本を持っていないので、ある方に相談したら、すぐに ACK "郵送した" というreply が来ました。すばらしいturn around time です。この場を借りて、お礼を申し上げます。ありがとうございました。


 


さて、この絵本の表紙のように、母と娘という形式にするために、妻に協力をお願いし、快諾。


"ういこ"さんの息子に近い年齢の娘(1年程度 年下)に読んで聞かせてあげることにする。


 


まず、表紙から。



娘:「これサーバー?」と真ん中のPCを指差している。


&私:「!!!」


何と読む前から、すでに、サーバを知っている!?


妻:「サーバーを知っているの?」


娘:「知らない。でも、サーバーって文字の下にあったから。」


なるほど、素晴らしい着目点です。


娘:「で、これ何?」と、作者のトム・オコーナー博士なるものを指差す。


妻:「この本を書いた人だよ。」


娘:「ふーん」


 


1ページ



娘:「これなんて書いてあるの?」といきなり、この本の発刊にかかわる根幹となる内容について指摘を受ける。


妻:「えっと・・・書いた人を紹介しているんだよ。」と嘘は言わないが、核心は話さず。そそくさと、次のページへ


 


※読みずらいと思いますので、書いてある内容を一字一句変えずに記載してみます。








この本の作者トム・オコーナーは本当は博士号なんて持っていません。それどころか存在しません。それにこの本の内容は全てフィクションです。でもね、Windows Home Server は、実在の製品です。きっとほしくなりますよ。


 


 


Windows Home Server のことをもっと知りたくなったらここを見てね。


www.microsoft.com/japan/windowshomeserver


 


2ページ



サーバーは、おかしな形の箱であることを説明。


妻:「これ何かわかる?」


娘:「うん、棚!!!」


妻の話を聞いていないか、理解していない様子なので、もう一度 説明。


妻:「これ何かわかる?」


娘:「うん、本棚!!!」


おっ、棚が本棚に変わったが、残念ながら、不正解。ただ、文を無視して、絵だけで判断すると、本棚に見える。


 


3ページ~4ページ


 


会社は、つまらないことで、会社に行くと、機嫌が悪くなったり、意地悪になると説明。


娘:「でしょっ?」と、屈託のない笑顔で私に確認


何故に、「そうなの?」と疑問形ではなく、この内容を肯定して確認なのだろうと思いながらも


私:「お父さんは、ここにいないでしょ?お父さんのことではないよ。」と苦しい切り返し。


とすると、娘が、突然 トン・トン・トン・トンとゴミ箱の辺りを指差し、不機嫌な顔で何かをアピール


私:「何?・・・どうしたの?・・・ゴミ?・・・片付けろ?」


娘:「そう」


私:「この人はダメだけど、お父さんは、大丈夫だから。」(本当に、Officeの机はちゃんと片付けています)



 


5ページ



娘:「犬でかっ!」とページをめくった途端に大声で、指摘


絵的には、小さなものだが、何が大きいと感じたのだろう?


どうやら、隣の子供と比較して、大きい犬であると認識したようである。


なるほど、比較的 大型の犬のようだ。よく見ている。


 


6ページ~8ページ



ほとんど反応がなく、妻は、坦々と読み続ける。


 


9ページ



おじいちゃん・おばあちゃんと、おうちの人以外でも、写真を見せ合いができるところで反応が!


娘:「でもね、知らない人に見せちゃダメなんだよ!」


すばらしい、セキュリティを理解している。


妻:「そうだね。見せちゃダメだよ。」


妻:「『大きな声のおじさんにともね。』」と読んでいると


娘:「大きな声を出しちゃダメだよ!」とおじさんのダメ出し


妻:「そうだね。静かにしないとダメだよね。」


ゴミのことといい、本題からずれたところで、随分と手厳しいダメ出しだ。


 


10ページ



ここで途端に反応が良くなり、隣の人や前の人との関係を創造したり、写真を撮ったときの状況を創造したり、新たな話が創造されていき、突然。


娘:「ねぇ、ここどこなの?」


妻:「どこだと、思う?」(教室や図書館との回答を期待して)


娘:「あっ、わかった!宇宙にお部屋を作んたんだよ。そうでしょ?」


&私:「!!!」


なんと、大胆な発想。しかし、言われてみると、この窓らしきところから見える景色は、普通の夜空と言うには不自然だ。


宇宙ステーションとは、意外と的を得ているかもしれないが、このままだと、話が全く別の流れになるので、強制的に次のページ


 


11ページ



PC が壊れてもサーバーにファイルを保存してあるから、大丈夫という話をしていると。


娘:「ねぇ、どうしてコンピューターが壊れたの?」


妻:「絵を見てごらん。どうしてだと思う?」


娘:「わかんな~い。」


今までの鋭い突っ込みから一変して、こんなに、あからさまな状況の絵を理解できないようだ。


妻:「よーく、見てごらん。コンピューターの上に何がある?」


娘:「わかんな~い。何これ~。ペンキ?」


ペンキ!?どうやら、この絵だと、水より粘りがあるように見えるために、犬のお小水とは認識できないようである。


したがって、犬は、器物破損の容疑者から外れ、無罪放免。


 


12ページ~13ページ



またもや、ほとんど反応がなく、妻は、坦々と読み続ける。興味の有無の反応が極端である。


 


14ページ~15ページ



妻:「『おうち用のサーバーなんておかしいっていう人もいるかもしれない』」と読んでいると


娘:「この子が、おかしいよ!」と右のページの左側の子供を指す。


からかっている子供のほうが、おかしいと主張。


妻:「何が、おかしい?」


娘:「顔!!」


妻:「・・・そうだね、おかしな顔だね。」


確かに、おかしな顔だ。しかし、ものすごくダイレクトな指摘だろう。友達には言っていないよね。


 


16ページ~17ページ



興味が無いようであり、ほとんど反応がなく、妻は、坦々と読み続ける。


しかし、私は、サーバーのライトがチカチカ光っていると書いてあるのに、絵では、ライトが光っている様子がないことを見逃していない。


 


18ページ



さて、クライマックスになりました。


娘:「ねぇ、これ本当に犬なの?」


クライマックスに来て、何て根本的な指摘をするのだ。


妻:「どうして、そう思ったの?」


娘:「だって、犬なのに、耳が長くて、立っているなんて変だよ。ウサギじゃないの?」


ウサギ!?


しかし、見直してみると、この犬モドキのウサギは、耳は長いし、疑惑のシーンを除き、耳は立っている。



この犬モドキのウサギは、コンピューターの破損の容疑は無罪だったが、今度は、身分を偽った容疑がかかってしまった。


 


19ページ



妻:「『うれしいよね!』」と最後のダメ押し


娘:「うん!」


紆余曲折がありながらも、最後は、なんとか綺麗に締めとなりました。


 


教訓


固定観念に囚われていると発想が貧困になる。子供は、知識が少ないが、着眼点や発想にかけては素晴らしい。


 


後述


娘が自分で読みたいと言ったので、漢字とアルファベットには、全て振り仮名を振りましたが、何故か、"大丈夫"という漢字だけは、振り仮名なしで読めました。何故、"大丈夫"だけが読めるかはわかりませんが、根拠もなく、この娘の将来は、大丈夫だろうと感じた今日この頃。


 


長々と失礼しました。


WDK/DDK のお話は、後日 また。


 

Skip to main content