DDK/WDK の入手方法 – Welcome, Device driver world!!!



早速、管理者は見た!~AD と ILM 一家の秘密~のういこさんに、このブログの紹介とリンクをしていただきましたので、こちらもリンクを追加したいと思います。


 


さて、手始めに、Japan DDK/WDK サポートチームのリーダのマネごとをしている私が、DDK/WDK の入手方法を紹介したいと思います。


まず、MSDN サブスクリプションの会員様は、MSDN サブスクリプションのページから、DDK/WDK をダウンロードすることができます。


対して、MSDN サブスクリプションの会員様以外の方は、Microsoft Connectのページから、以下のように簡単にダウンロードすることができます。


 


1.      Microsoft Connectにアクセス


2.      Windows Live IDを取得して、登録/サインイン


3.      会員制プログラム一覧をクリック


4.      Windows Driver Kit (WDK), Windows Logo Kit (WLK) and Windows Driver Framework (WDF) をクリック


5.      ダウンロードを選択し、ダウンロードが終わるまで、ジーッと待つ


 


ISOファイルの形式なので、DVD-R に焼いたり、仮想ディスクのソフトウェアでマウントしてご利用ください。


また、Microsoft Connectには、常に最新版があるので、MSDN サブスクリプションの会員様も利用していただきたいと思います。


そして、現在 ダウンロードできるのは、WDK for Windows Server 2008 - Build 6001_18002 というバージョンです。


 


最新版しか入手できないので、比較的よく質問をいただくのが、Windows XP のドライバを開発したいから、Windows XP DDK (DDK 2600.1106)  は、どうやって入手するの?という質問です。


しかし、最新版の WDK は、Windows Server 2008 と表記されていますが、Windows 2000 Windows Server 2008 までのドライバが、全て開発ができます。(もちろん、64ビットのドライバも開発できます。)


そのため Windows XP のドライバを開発されたい方でも、最新版の WDK を使用していただければいいのです。


 


特に初めてドライバを開発される方は、最新版のWDKを利用されることをお勧めします。そしてインストールする際は、HDD の残容量がよほど切迫していない限りは、全てのオプションを選択して、インストールすることもお勧めします。


全てのオプションを選択すると、サンプル コードは、カテゴリごとに、以下のようなフォルダ構成でインストールされます。


 


1394


audio


AVStream


bth


filesys


general


hid


input


ir


kernel


kmdf


mmedia


network


print


setup


smartcrd


storage


Swtuner


Test


umdf


usb


video


videocap


wia


wmi


 


デバイス ドライバと一言で言っても、たくさんの種類があります。全部WDMWDFじゃないの?と質問されることもありますが、そんなことはありません。WDMWDFは、重要なドライバ モデルですが、それだけではなく、それぞれのドライバで、開発手法やテクノロジーなど、色々と違います。


ドライバごとのTipsについては、追々 チームメンバより紹介したいと思います。


 


--- チームのリーダより---


Skip to main content