テスト名でテストをフィルターする方法 – VSTest.Console.exe

こんにちは、Visual Studioサポートチームです。 今回は、Visual Studio 付属のツール VSTest.Console.exe の コマンド ライン オプションについてご紹介します。 VSTest.Console.exeはVisual Studio 2012 以降のバージョンで追加されたコマンドライン ツールであり、また、このツールを使用して、Visual Studioの単体テストやコード化された UIテストをコマンドラインから実行することが可能です。 VSTest.Console.exeには複数のコマンド ライン オプションが用意されています。 それらのオプションを使用することにより、実行するテストの構成の指定、テスト メソッドのフィルター、テストの一覧表示等がコマンドライン上で可能です。 VSTest.Console.exeのコマンド ライン オプションに関しては以下のMSDNドキュメントに関連のドキュメントがあります。 VSTest.Console.exe コマンド ライン オプション http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/jj155796.aspx   今回はこれらのオプションを使用して、テスト名でテストをフィルターする方法についてご紹介します。 以下の2つのオプションを使用し、テストアセンブリに含まれるテストに対してフィルターをかけて特定のテストのみを実行することができます。 /Tests: オプション /TestCaseFilter: オプション /Tests: オプション このオプションを使用する場合には、引数として渡す値と一致したテスト名に対してフィルターがかかり、テストアセンブリに含まれるテストのうち、フィルターされたテストのみを実行することが可能です。 コマンド オプション /Tests: <テスト名> 例: VSTest.Console.exe UnitTestProject1.dll /Tests:TestMethod1 –> UnitTestProject1.dll に含まれる ”TestMethod1″ を含むテスト名をもつテストがフィルターされ、実行されます。 複数のテストを実行する場合には、フィルター式の条件として指定する値を区切り文字で分け、指定します。 VSTest.Console.exe…


Visual Studio 2010 SP1 で .NET Framework 3.5 を対象とする単体テストを構成する際の留意点について

こんにちは。Visual Studio サポート チームです。 初投稿です!普段のサポート同様、皆様のお困りの状況に、少しでもお役に立てる情報をお届けできるよう努力してまいりますので、ぜひ温かく見守っていただけると嬉しいです! Visual Studio 2010 で .NET Framework 3.5 を対象とする単体テストを構成する場合、Visual Studio 2010 に SP1 を適用する必要がありますが、この際、いくつかの制限事項があります。 この記事では、これらの制限事項のうち、ドキュメントに記載がないものについてご紹介します。 すでにドキュメントでご案内している制限事項については下記よりご確認いただくことができます。 方法: .NET Framework 3.5 を対象とした単体テストを構成する 上記のほか、留意いただく点として以下の 2 つがあります。 1. インストールされている .NET Framework 2.0 SP2 に対して、MS10-060 以上のセキュリティ更新プログラムを適用する必要がある 2. プライベート アクセサーを使用することができない。 それぞれ順に説明します。 1. インストールされている .NET Framework 2.0 SP2 に対して、MS10-060 以上のセキュリティ更新プログラムを適用する必要がある。 Visual Studio 2010 SP1 で .NET Framework…


Visual Studio 2010 コード分析機能の結果を Excel で表示するには .NET プログラミングサポートのインストールが必要

こんにちは。Visual Studio サポート チームの根岸です。   Visual Studio の機能の一つとして、Excel 連携機能があります。 この Excel 連携機能により、Visual Studio 上で実行したコード分析等の結果をExcelファイルに保存することができ、チームで共有することができます。 Visual Studio 統合開発環境がインストールされてない PC でも、結果データを見ることができます。   この Excel 連携機能は Visual Studio と Office がインストールされている環境において使用することが可能であり、Officeのインストールオプションで “.NET Framework プログラミングサポート” を選択し、インストールする必要があります。 以下では、コード分析機能の結果を Excel で表示する手順を例に説明します。     Visual Studio 2010 でコード分析機能の結果を表示する手順 1. ソリューション エクスプローラーで、ソリューションまたはプロジェクトを右クリックし、[コードメトリックスを計算する] をクリックします。   2. 結果が生成され、[コード メトリックスの結果] ウィンドウが表示されます。     3. [コード メトリックスの結果]…