.NET Framework のネイティブ イメージが無効になる状況と考えられる影響について

こんにちは、Visual Studio サポート チームです。 .NET Framework のライブラリは中間言語 (MSIL) 形式のアセンブリとして提供されていますが、これらは事前にコンパイルされるか、アプリケーションの実行時に JIT コンパイルされて機械語に変換され、プログラムから利用されます。 今回は、Windows Update の適用などに伴い .NET Framework のネイティブ イメージが無効になり再作成が行われる動作と、考えられる影響などについてご案内します。   現象 Windows Update や .NET Framework の更新プログラムの適用後、.NET Framework を使用するアプリケーションやサービスの動作が遅くなる場合や、CPU 使用率が高騰する場合があります。 PowerShell など、 .NET Framework 上で動作するスクリプトをホストするプロセスも同様の事象が発生する場合があります。 なお、下記の KB で案内しているとおり、32 ビットの .NET Framework に比べて 64 ビットの .NET Framework のほうが JIT コンパイルが必要となることに伴う影響は大きい傾向があります。 64 ビットの .NET Framework アプリケーションの起動に時間がかかる https://support.microsoft.com/ja-jp/help/2833666  …