Visual Studio 2008 で作成したプロジェクトを変換すると MSB4211 の警告が表示される

こんにちは、Visual Studio サポートチームです。 今回は Visual Studio 2008 で作成した Visual C++ のプロジェクトを、Visual Studio 2010、2012、および 2013 のプロジェクトに変換した場合に、MSB4211 の警告が表示される現象についてご案内します。 なお、この問題は Visual Studio 2015 以降では修正されています。   現象 Visual Studio 2008 で作成したプロジェクトを、Visual Studio 2010、2012、および 2013 のプロジェクトに変換した場合に、以下の警告が表示される場合があります。   警告メッセージ例 ——————————– Sample.vcproj: MSB4211: C:\Program Files (x86)\MSBuild\12.0\bin\Microsoft.Common.CurrentVersion.targets (87,5); プロパティ “TargetPlatformVersion” は初めて値に設定されますが、これは “C:\Program Files (x86)\MSBuild\Microsoft.Cpp\v4.0\V120Microsoft.Cpp.Common.props(103,5)” で既に使用されています。 ——————————– ※ TargetPlatformVersion のマクロ名はプロジェクトにより異なるものが表示されます。   原因 本警告は Visual…


Visual Studio 2010 Service Pack 1 の入手方法について

こんにちは、Visual Studio サポートチームです。 今回は Visual Studio 2010  Service Pack 1 の入手方法についてご案内します。 Visual Studio 2010  Service Pack 1 のダウンロード センターからの公開は既に終了しています。Windows Update から入手することも可能ですが、オフライン環境に適用する必要がある場合などには、以下の方法で ISO ファイルを入手することもできます。 ISO ファイルの入手方法   A) MSDN サブスクリプションをお持ちの場合 1. MSND サブスクリプションのダウンロード ページにサインインします。   https://msdn.microsoft.com/ja-jp/subscriptions/downloads/   2. 「Visual Studio 2010 Service Pack」などのキーワードで検索し、「Visual Studio 2010 Service Pack 1 (x86) – DVD (Multiple Languages)」 をダウンロードします。    …


IUpdateSearcher::GetTotalHistoryCount メソッドで不正な値が取得される

こんにちは、Visual Studio サポート チームです。 今回は、Windows Update Agent (WUA) API の IUpdateSearcher::GetTotalHistoryCount を Windows 10 上で実行した場合に発生する問題と対処方法についてご案内します。 なお、この問題は Windows 10 Creators Update では修正されています。   現象 Creators Update 適用前の Windows 10 で IUpdateSearcher::GetTotalHistoryCount メソッドを実行すると、実際よりも多い履歴数が取得される場合があります。 また、本メソッドで取得された値を使用して IUpdateSearcher::QueryHistory メソッドを実行すると、取得される更新履歴のコレクションに不正なエントリが含まれてしまい、この不正なエントリのプロパティを取得しようとした場合などにエラーが発生します。   原因 本現象は Windows 10 における Windows Update データの保存方法の不具合に依存して発生します。 本不具合は Windows 10 Creators Update で修正されています。   対処方法 IUpdateSearcher::QueryHistory メソッドで取得される IUpdateHistoryEntryCollection では、以下のように、正常なエントリに続く形で不正なエントリが格納されます。…