Windows 8.1 での GetAsyncKeyState 関数の動作変更について


 

こんにちは、Visual Studio サポート チームです。

今回は、GetAsyncKeyState 関数の動作の変更についてご紹介します。

キーボードフックの処理内で、GetAsyncKeyState 関数を使用して、Shift キーが押されていることを判断している場合があると思います。

しかしながら、KB2975719 の修正の一部である KB2980433 の対応の結果、この関数の戻り値が変更されることがあります。

具体的には、Shift キーを押下した際、GetAsyncKeyState 関数の戻り値は、0x00000000 または 0x00000001 となります。

この変更に伴い、例えばアプリケーションとしての動作が変わり、予期せぬ問題が発生することが想定されます。

なお、この問題は、キーボードフックしている時のみ確認できる問題となります。

本動作変更の対処方法としては、キーボードフックした際に、GetAsyncKeyState 関数を使用せず、KBDLLHOOKSTRUCT 構造体のメンバー変数 vkCode が VK_LSHIFT か VK_RSHIFT かを判定し、メンバー変数 flags が LLKHF_UP である場合には、SHIFT キーが入力されたと判断する方法があります。

[補足]

以下は対処方法のソースコードの一例となります。

// フックコードのチェック

if(nCode == HC_ACTION){

 

     // lParam はキーボードフックされた際に渡される LPARAM 

           LPKBDLLHOOKSTRUCT pKey = (LPKBDLLHOOKSTRUCT)lParam; 

 

    // vkCode が VK_LSHIFT か VK_RSHIFT かを判定

           if (((pKey->vkCode == VK_LSHIFT) || (pKey->vkCode == VK_RSHIFT)) &&  

 

    //  LLKHF_UP かを判定

               ((pKey->flags & LLKHF_UP) == 0)) {  

 

         // Shift キーが押されたと判断。

     }

}

 

 

[参考情報]

GetAsyncKeyState

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc364583.aspx

KBDLLHOOKSTRUCT structure

http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windows/desktop/ms644967.aspx

Properties of an item opens randomly when you double-click the item in Windows 8.1 or Windows Server 2012 R2

http://support.microsoft.com/kb/2980433

Windows RT 8.1、8.1 の Windows、および Windows Server 2012 の R2 用の更新プログラムのロールアップ 2014年 8 月

http://support.microsoft.com/kb/2975719


Skip to main content