Visual Studio 2010以降でデータヒントの値が不正に表示される


こんにちは。Visual Studio サポート チームです。

今回は、Visual Studio でデバッグ実行時に利用できるデータ ヒントの機能について、Visual Studio 2010以降で値が不正に表示される現象についてご案内します。

データ ヒントとは

データ ヒント (英文ドキュメントでは DataTip と記載しています) は、Visual Studio でアプリケーションをデバッグ実行している際に、コード エディター内の変数上にマウスカーソルをあわせることで表示される小さなウィンドウで、変数の情報を手軽に確認することができます。

現象

Visual Basic の With ブロック内の If ステートメントにおいて、条件式内のオブジェクト変数に対してデータ ヒントを表示すると、意図と異なるオブジェクトの情報が表示されます。

本現象は Visual Studio 2010、2012、および 2013 のバージョンで発生することが確認されています。

<再現コード例>

    Private Sub Button1_Click(sender As Object, e As EventArgs) Handles Button1.Click

        Me.Text = フォームの文字列

        With TextBox1

            .Text = テキスト ボックスの文字列

            If .Text = テキスト ボックスの文字列 Then ‘ ★

                MsgBox(“OK”)

            Else

                MsgBox(“Error”)

            End If

        End With

    End Sub

 

<現象発生時のデータ ヒントの表示>

clip_image002

 

対応状況について

本現象はデータ ヒントの不具合により発生しています。現在、次期バージョンの Visual Studio 14で修正するよう開発部門にフィードバックしています。なお、本現象は日本語版以外の Visual Studio でも同様に発生いたします。

弊社製品の不具合でご不便をおかけし大変申し訳ありませんが、本現象が発生する場合は、データ ヒントではなくウォッチ ウィンドウなどの別の方法で変数の情報をご確認くださいますようお願いいたします。


Skip to main content