Visual C ++ で公開されているソース コードについて


こんにちは、Visual Studio サポート チームです。

今回は Visual C++ で公開しているソース コードについてお伝えします。

マイクロソフト製品のソースコードは公開されていないというイメージを持たれることが多いかと思いますが、Visual C++ の C Runtime (CRT) ライブラリ、MFC、および ATL に関しては、Visual Studio の製品版に付属しており、Visual Studio と一緒にソース コード ファイルもインストールされています。

インストール時に既定のフォルダー設定を変更しなければ、Visual Studio 2013 関連のファイルは以下のフォルダーに配置されます。

 64 ビット OS の場合: C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 12.0

 32 ビット OS の場合: C:\Program Files\Microsoft Visual Studio 12.0

上記フォルダー内で、CRT / MFC / ATL の関連ファイルに関しては、それぞれ以下のように配置されています。

VSBlog0909

 

アプリケーションの開発中に CRT/MFC/ATL の内部動作を確認したい、という場合には、ぜひ一度、実際のソース コードをご参考ください。

ところで、Visual Studio 2013  のフォルダーは Visual Studio 12.0 という名称となります。

少しわかりにくのですが、フォルダ名称は製品名に含まれる西暦ではなく、弊社の管理で使用している製品の内部バージョンを使用しています。

現在サポートされている Visual Studio 2005 以降のフォルダー名との対応は以下のとおりです。

 

バージョン フォルダー
Visual Studio 2005 Microsoft Visual Studio 8
Visual Studio 2008 Microsoft Visual Studio 9.0
Visual Studio 2010 Microsoft Visual Studio 10.0
Visual Studio 2012 Microsoft Visual Studio 11.0
Visual Studio 2013 Microsoft Visual Studio 12.0

 

なお、現在 CTP (Community Technology Preview) 版がリリースされている最新の Visual Studio のバージョンは 13 ではなく “14” となっています。

13 という数字を好まない文化があり、こういった番号付けになっています。

Skip to main content