VSS から TFSへの移行 – 機能編


こんにちは。Visual Studio サポート チームです。

前回の投稿に続き、Visual SourceSafe (VSS)から Team Foundation Server (TFS)へ移行についてのお話です。

今回は VSSと TFSの持つ機能の違いについてです。

前回までの投稿でご紹介したように、VSSで管理されていたソース資産はTFSに移行し、引き続き利用することが可能です。

しかし、VSSとTFSは異なる製品となるため、データの種類によっては移行後にその形式が異なることや、VSSで利用可能ないくつかの機能はTFSで対応する機能がありません。

これらのVSSとTFS間の機能差異は、移行後のTFSソース管理での運用において影響を与えます。

そのため、移行計画の時点で十分に考慮をする必要があります。

VSSとTFSでは以下のような変更点があります。

 

[VSSとTFS 変更点]

 

1). 履歴データの形式について

VSSでのデータの履歴は、ここのファイル単位でのみ管理されていましたが、TFSでは “変更セット” と呼ばれる単位で管理されます。

この変更セットは、ユーザーによって変更のセットがチェックインされたときに複数のファイルへの変更を 1 つの単位にまとめる機能です。

VSSでは、この変更セットに相当する機能はありませんが、移行するVSSデータの履歴が以下の条件が満たされいて、かつ、ソースの移行を VSSUpgradeツール、または、VSSConverterツールで実行した場合には、移行プロセス中にソースに対する各変更が TFSでの “変更セット” にまとめられます。

 

- 各ファイル、フォルダーの変更が互いに競合していない場合。

- 各ファイル、フォルダーの変更が数分以内の間隔で起きている。

- 各ファイル、フォルダーの変更が同一ユーザーによってチェックインされている。

- 各ファイル、フォルダーの変更のチェックイン コメントが同じである。

 

これらの条件をすべて満たしている場合には、VSSの履歴データは、TFSに移行されたのち、単一の変更セットにまとめられます。

VSSからTFSへデータ移行した際のデータ変換、ならびに、TFS変更セットについては、以下のMSDNドキュメントにその記載があります。

 

VSS アップグレード ツールによるデータの変換方法について

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms253166(v=vs.120).aspx#history

 

 

2). TFSで対応されていない VSSの機能

以下の VSSの機能は、TFSでの対応がありません。

そのため、データをTFSに移行した後は、これらの機能は使用できません。

 

TFS にはない VSS の機能について

----------------------------------

- 共有 (※)

- ピン

- アーカイブおよび復元

- キーワード展開

---------

このVSSとTFSとの機能の違いについは、以下のMSDNドキュメントにその記載がありますので、詳細についてはこちらをご覧ください。

 

Visual SourceSafe ユーザーの Team Foundation について

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms181369(VS.90).aspx

※なお、VSSの共有機能と完全に同じ方法ではありませんが、TFSソース管理の共通ファイルを共有する方法につきましては、一例をこちらのブログに投稿しています!
 

移行作業を実施する場合には、予め、移行完了後の本番環境での運用想定も含め、充分な計画、検証作業を行った後、実際の移行作業を進めましょう。

以下にご案内いたしますドキュメントにはそれらの事前計画についての参考例等の記述がありますので、こちらも併せて確認ください。

 

Visual SourceSafe からアップグレードする準備

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/vstudio/ms253127.aspx

 

Skip to main content