方法 : 作業項目の添付ファイルの最大サイズを設定する – Team Foundation Server 2010/ 2012


こんにちは、Visual Studio サポートチームです。

今回は、Team Foundation Server 2010/ 2012 で作業項目の添付ファイルの最大サイズの設定方法についてをご案内します。

 

Team Foundation Server 2008 では、次の URL に記載されている手順により、最大サイズを指定できます。

 

方法 : 作業項目の添付ファイルの最大サイズを設定する
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ms400780(v=vs.90).aspx

 

しかしながら、Team Foundation Server 2010以上のバージョン では、URLの記述が異なっています。

これは、Team Foundation Server 2010以上のバージョンでは、チーム プロジェクト コレクションで、複数のチーム プロジェクトをグループ化し、管理することが可能となったことからとなります。    
このため、Team Foundation Server 2010 以上のバージョンの作業項目の添付ファイルの最大サイズを設定する場合には、WebサービスのURLに チーム プロジェクト コレクション 名の指定が必要となります。

具体的には以下の手順で最大サイズの設定が可能です。

 

-手順:
——-
1). アプリケーション層サーバーが ホストされている サーバーに管理者権限でログオンします。

 

2). Internet Explorer を起動し、以下の URLを入力します。

 

<URL>
http://<TFSサーバーのホスト名>:8080/tfs/<チーム プロジェクト コレクションの名前>/WorkItemTracking/v1.0/ConfigurationSettingsService.asmx?op=SetMaxAttachmentSize

 

3). “maxsize:” パラメータの横にある テキストボックスに添付ファイルの最大サイズをバイト単位で入力し、[起動] ボタンをクリックします。

設定が正しく完了した場合には、以下のURLのページが 空白のままIEで表示されます。

 

<URL>

http://<TFSサーバーのホスト名>:8080/tfs/<チーム プロジェクト コレクションの名前>/WorkItemTracking/v1.0/ConfigurationSettingsService.asmx/ SetMaxAttachmentSize

 

 

また、設定した値を確認は、以下のURLから可能です。

<URL>
http://<TFSサーバーのホスト名>:8080/tfs/<チーム プロジェクト コレクション名>/WorkItemTracking/v1.0/ConfigurationSettingsService.asmx/GetMaxAttachmentSize

※ <TFSサーバーのホスト名>は アプリケーション層サーバーのホスト名になります。
※ Webサービスの実行はアプリケーション層サーバー上から可能であり、クライアントマシン上からは処理の実行はできません。

 

なお、設定可能な最大サイズは 2GBまでとなります。

 

 

<参考URL>

チーム プロジェクト コレクションを使用したサーバーの整理
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/vstudio/dd236915(v=vs.100).aspx

Skip to main content