Visual Studio 2012 で「プログラム互換性アシスタント」ダイアログが表示される


 

こんにちは。Visual Studio サポート チームです。

Windows Update を適用しているにもかかわらず、Visual Studio 2012 起動時に、以下のような「プログラム互換性アシスタント」ダイアログが表示されることがあります。

 

 

Compatibility Assistant dialog

 

 

原因について

本現象は、Windows Update から配信される .NET Framework 4.5 ランタイムの更新に対応する Visual Studio の更新が適用されていない状態で、Visual Studio を起動した際に発生する問題です。

Windows Update を適用すると .NET Framework 4.5 ランタイムなど、Windows Update での更新の配信対象となるモジュールは、最新の状態になります。

しかし、Visual Studio 製品に関しては、対応する更新プログラムの配信方法が Windows Update ではなく、Visual Studio 製品として別途配信されます。

そのため、Windows Update で .NET Framework ランタイムに更新が適用された環境で Visual Studio 2012 を起動する際に、.NET Framework に適用された更新に対応する Visual Studio 側の更新が適用されていない場合、バージョンが不一致となることにより、起動時に本来であれば表示されない [互換性の問題] ダイアログが表示されてしまうことがあります。

 

回避策

この「プログラム互換性アシスタント」ダイアログを表示させず、Visual Studio 2012 を正常に使用するためには、以下の Visual Studio 2012 の個別更新プログラム、または、最新の Visual Studio 2012 の累積更新プログラムである Update4 を適用します。

Microsoft Visual Studio 2012 更新プログラム (KB2781514)

<http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=36020>

 

上記の更新プログラムも含まれている Visual Studio 2012 の最新の更新は Update 4 となり、以下のサイトよりダウンロードが可能です。

Visual Studio 2012 Update 4

<http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=39305 >

Visual Studio 2012 Update 4 に対する公開技術情報は以下となります。

Visual Studio 2012 の更新プログラム 4

<http://support.microsoft.com/kb/2872520/ja >

上記 Visual Studio Update は、最新の更新を含んでおります。(*1)

Visual Studio の Update では、複数の問題に対する修正も含まれていますので、Visual Studio 2012 を利用する際には、最新の Update 版のご適用ください。

 

*1 Visual Studio 2012 Update4 は、現在 2014 年 9 月時点での最新の累積更新プログラムとなります。 将来において、この Update 4 以降に Visual Studio 2012 の累積更新が公開された場合には、最新バージョンの更新プログラムをご適用ください。

Skip to main content