SQL Server Management Studio 2012 と Visual Studio 2012 をインストールした環境で、Visual Studio 2010 のソリューションファイルを開こうとするとエラーメッセージが表示される


 

 

SQL Server Management Studio 2012 と Visual Studio 2012 をインストールした環境で、Visual Studio 2010 のソリューションファイルをWindows エクスプローラーから、ダブルクリックして開こうとすると、以下のエラーメッセージが表示されます。

なお、Visual Studio 2012 のメニューから [ファイル] – [開く] – [プロジェクト/ソリューション] を選択して開く際にはエラーは表示されません。

 

VS2010Shell_error

 

[回避方法]


回避策1.
Visual Studio 2010 をインストールします。

 

回避策 2.
Visual Studio ソリューション ファイルの拡張子の関連付けの既定のプログラムを Visual Studio 2012 へ変更することにて、Visual Studio 2012でソリューションファイルを開くことができます。

 

– 手順

1) Visual Studio 2010 のソリューション ファイルを右クリックし、[プログラムから開く] – [既定のプログラムを選択] を選択します。

2) 表示より Visual Studio 2012 を選択します。

 

[この現象が発生する経緯]


この現象は SQL Server 2012 Management Studio にVisual Studio 2010 Shellが使用されているために起こります。

SQL Server Management Studio 2012 をインストールすると、必須コンポーネントとして Visual Studio 2010 Shell がインストールされます。

この際に Visual Studioのソリューションファイル の拡張子 (.sln) に対する既定のファイル関連付けが Visual Studio 2010 Shell として設定されます。

しかし、Visual Studio 2010 Shell にはソリューション一式の情報を読み取りが可能な言語サービス機能等を含んでいないため、正しく開くことができず、上記のエラーメッセージが表示されます。

このような構成の環境でVisual Studio のソリューションファイルを開く際には、ファイルのだブルクリックではなく、Visual Studio 2012 統合開発環境の [ファイル] メニューから開き、ご利用ください。

 

Skip to main content