Visual Studio 2012 で Windows XP をターゲットとする Visual C++ アプリケーションを作成する方法



Visual Studio 2012 Update2 の更新により、Windows XP、Windows 2003 もターゲットに含めた Visual C++ アプリケーションを作成することが可能です。

Update 1 適用前の Visual Studio 2012 では、Windows Vista / Windows 2008 以降の OS のみをターゲットとします。

Windows XP(Windows 2003)をターゲットとするための手順を、以下にご案内します。

 

1. Visual Studio 2012 Update 4 の入手

Visual Studio 2012 Update 4

http://www.microsoft.com/visualstudio/jpn/downloads#d-visual-studio-2012-update

上記ページにて「今すぐインストール」をクリックし、[実行] を選択します。

※Visual Studio 2012がすでにインストールされていることが、前提条件となります。

 

2. Windows XP(Windows 2003)用の開発環境への変更方法

 

1) Update 2 のインストールが完了したら、Visual Studio 2012 を起動し、XP をターゲットに開発する VC++ のプロジェクトファイルを開きます。

 

2) プロジェクトの [プロパティ] – [構成プロパティ] – [全般] を選択し、プラットフォーム ツールセットに「Visual Studio 2012 – Windows XP (v110_xp)」を選択します。

Toolset

 

 

v110_xp ツールセットでビルドされた実行ファイルは Windows XP 上で動作するほか、Windows Vista、Windows 7、Window 8 上でも動作します。

 

補足:

2014 年 4 月 9 日 (日本時間) をもちまして、Windows XP のサポートが終了いたします。

サポート終了後は、セキュリティ更新プログラムなどの重要なサービスが提供されなくなりますため、その点をご留意の上、上記をご活用ください。

サポートの終了とその影響について

http://www.microsoft.com/ja-jp/windows/lifecycle/xp_eos.aspx

 

Visual Studio サポート チーム

Skip to main content