“Action recommended: Allow outbound traffic to all Azure SQL Database routers in <データセンター>” メールの対処方法について

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure SQL Database でよくある質問事項の一つである ”Action recommended: Allow outbound traffic to all Azure SQL Database routers in <データセンター>” メールの対処方法について紹介します。   皆さんは、先日 Azure SQL Database に接続をする際に利用される Gateway に割り振られた IP アドレスが追加されたことをご存知でしょうか。 接続先の IP アドレスをファイアウォールで絞った環境では、この変更により影響を受ける可能性があります。 また、Azure SQL Database を使用している方は、以下のようなメール (タイトル:   ”Action recommended: Allow outbound traffic…

0

[Azure SQL DB] 誤って削除したデータベースの復元方法

Escalation Engineer神谷 雅紀 復元の条件 以下の条件を両方とも満たしている場合に限り、誤って削除してしまったデータベースを復元することができます。 削除したデータベースの配置されていた論理 SQL Server が存在している。(SQL Server は削除していない。) データベースバックアップの保有期間である。(2018/5/1 時点では既定の保有期間は Basic は 7 日、Standard および Premium は 35 日。https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-automated-backups) 復元の手順 1. Azure ポータル (https://portal.azure.com) でリソースとして [SQL Server] を選択し、続いて、削除したデータベースをホストしていた論理 SQL Server 名、[削除されたデータベース]、復元したいデータベース名の順番に選択します。 ※ [削除されたデータベース] に復元したいデータベース名が表示されていない場合には、5 ~ 10 分程度待った後に改めて確認して下さい。 2. 次に、復元後のデータベース名を指定します。既定では、削除したデータベース名の後ろに日時が付加された名前になっています。データベース名を指定して OK を押下すると復元が開始されます。しばらく待つと復元が完了します。 3. 復元後にデータベース名を変更したい場合は、SQL Server Management Studio で Azure SQL Database に接続し、オブジェクトエクスプローラーでデータベース名を右クリックして [名前の変更]…

0

[FAQ] よくある質問事項について (Azure SQL Database)

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure SQL Database でよくある質問事項について紹介します。   Q1)  アプリケーション から Azure SQL Database への接続が数十秒間行えない現象が発生したが、データセンター側で何らかの問題が発生していたのか知りたい。 A1) 長期間(数分間)、継続的にアプリケーション から Azure SQL Database への接続が行えない状況が発生していない限り、データセンター側の問題ではありません。 Azure SQL Database では 高可用性を維持するため、定期的に リコンフィグレーション (Reconfiguration) を行っており、リコンフィグレーションの間、数十秒間、一時的に アプリケーション から Azure SQL Database への接続が行えない状況が発生する可能性があります。 詳細は、以下の公開情報を参照。 [SQL Database] Reconfiguration (リコンフィグレーション) は悪ではない。   Q2) …

0

SQL Server プロダクト キーの変更手順について

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、SQL Server プロダクトキーの変更手順について紹介します。   SQL Server をインストールする際、プロダクト キー (Product Key) の入力画面より、プロダクト キーを入力する必要があります。 しかしながら、SQL Server のインストールが完了後、別の環境に使用する予定の プロダクト キー を誤って使用してしまったなど、プロダクト キーを変更したい状況があるかもしれません。 SQL Server では、同じエディション (例えば SQL Server 2017 Standard Edition から SQL Server 2017 Standard Edition など)  へのエディションのアップグレードが可能です。 そのため、エディションのアップグレードを実施することで、プロダクト キーを変更することが出来ます。 また、SQL Server Enterprise…

0

SQL Server プロセスダンプの採取

    神谷 雅紀 Escalation Engineer   SQL Server データベースエンジンプロセス (プロセス名 sqlservr.exe) のプロセスダンプを採取する方法です。SQL Server 製品に付属の sqldumper.exe を使用することで、デバッガ等を追加インストールすることなく、かつ、データベースのデータを含まない形のダンプの採取が可能です。   手順1 How to use Powershell script to generate a dump file の Code details をクリックし、Powershell ソースコードをファイル名  SQLDumpHelper.ps1 ファイルとして、プロセスダンプ採取の対象となるSQL Serverが実行されているサーバーに保存します。 How to use the Sqldumper.exe utility to generate a dump file in SQL Server https://support.microsoft.com/en-us/help/917825/how-to-use-the-sqldumper-exe-utility-to-generate-a-dump-file-in-sql-se   手順2 Windows…

0

ライセンス関連のお問い合わせ窓口について (Azure 仮想マシン : SQL Server)

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure 仮想マシン上にインストールする SQL Server のライセンスに関するお問い合わせ窓口 を紹介します。 Azure 仮想マシン上にインストールする SQL Server のライセンスに関するお問い合わせを 技術サポート窓口 にお問い合わせをいただくことがありますが、ライセンスに関するお問い合わせを承る専門の窓口があります。 Azure 仮想マシン上にインストールする SQL Server のライセンスに関する内容については、Cloud Direct にお問い合わせ下さい。   Cloud Direct https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/Cloud-Direct     [参考情報] 既存の SQL Server ライセンスを使用し、Azure 仮想マシン上に SQL Server をインストールするためには。   [FAQ] Azure 管理ポータルのギャラリーからデプロイした Azure 仮想マシン上の…

0

Linux 版 クライアントツール (sqlcmd, bcp) で使用できないオプションについて

高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Linux 版 クライアントツール (sqlcmd, bcp) で使用できないオプションについて紹介します。 SQL Server 2017 on Linux  では、SQL Server 2017 on Windows と同様に、クライアント ツール (sqlcmd, bcp) をインストールし、使用することが可能です。   Sqlcmd および bcp、SQL Server コマンド ライン ツールを Linux にインストールします。   しかしながら、Windows 版の クライアント ツール (sqlcmd, bcp) では使用可能なオプションも、Linux 版の クライアント ツール…

0

ARITHABORT の設定

ARITHABORT の設定について、既定値や変更方法、設定の確認方法をご紹介します。 ARITHABORT の詳細は、SET ARITHABORT (Transact-SQL) を参照ください。 ※内容は、2018 年1月 現在の情報となります。本情報の内容 (添付文書、リンク先などを含む) は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 既定値 アプリケーションによって、セッションの既定値が異なります。主なアプリケーションとして、Management Studio と SQLCMDでは違いがあります。 アプリケーション 既定値 動作 Management Studio ON クエリ実行中にオーバーフローまたは 0 除算のエラーが発生した場合に、クエリを終了させる SQLCMD OFF クエリ実行中にオーバーフローまたは 0 除算のエラーが発生した場合に、クエリを終了させず、続行する   変更方法 サーバーレベル、データベースレベル、セッションレベルでの変更が可能です。 サーバーレベル EXEC sys.sp_configure N’user options’, N’64’ GO RECONFIGURE WITH OVERRIDE GO データベースレベル ALTER DATABASE database_name SET ARITHABORT ON セッションレベル SET ARITHABORT…

0

SQL Server on Linux を Azure Linux 仮想マシンで使用する場合の注意点について

高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure 管理ポータルのギャラリーからデプロイした SQL Server 2017 on Linux を含む Azure Linux 仮想マシンを使用する場合の注意点について紹介します。 SQL Server 2017 on Linux を使用するうえで スワップ領域 (Swap) を作成することが推奨されていますが、Azure 管理ポータルのギャラリーからデプロイした SQL Server 2017 on Linux を含むAzure Linux 仮想マシンの場合、デプロイ後の Linux には、スワップ領域 (Swap) が存在しないイメージが存在します。   # Free SQL Server License: SQL Server 2017…

0

SQL Server アップグレードパスについて

皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームです。今回は SQL Server のアップグレードパスについてご紹介いたします。 アップグレードパスにつきましては、弊社では以下のような技術情報を公開いたしております。(下記の技術情報は SQL Server 2016 へのアップグレードパスに関する情報です。)   タイトル : サポートされるバージョンとエディションのアップグレード URL      : https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/database-engine/install-windows/supported-version-and-edition-upgrades   上述の公開情報は、同一サーバーにおけるアップグレードパス (インプレース アップグレード) に関し記載しているものであり、別サーバーへのデータベース移行によるアップグレード (マイグレーション) の場合には該当いたしません。 例えば、上述の公開情報によるインプレース アップグレードでは、SQL Server 2014 Standard Edition から SQL Server 2016 Express Edition はサポートされていないアップグレードパスである為、アップグレードを実施した場合には失敗します。一方、マイグレーションによるアップグレードの場合には、上述の公開情報には該当しない為、SQL Server 2014 Standard edition から別のサーバーの SQL Server 2016 Express Edition へのデータ移行によるアップグレードは成功いたします。 つまり、マイグレーションによるアップグレードの場合には、上述の公開情報のパスを意識する必要はなく、下位のエディションにもアップグレードが可能となります。また、公開情報にあるアップグレード元のサービスパックの適用条件も考慮する必要はありません。 ただし、移行先となる SQL Server…

0