[Azure SQL DB] 誤って削除したデータベースの復元方法

Escalation Engineer神谷 雅紀 復元の条件 以下の条件を両方とも満たしている場合に限り、誤って削除してしまったデータベースを復元することができます。 削除したデータベースの配置されていた論理 SQL Server が存在している。(SQL Server は削除していない。) データベースバックアップの保有期間である。(2018/5/1 時点では既定の保有期間は Basic は 7 日、Standard および Premium は 35 日。https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/sql-database/sql-database-automated-backups) 復元の手順 1. Azure ポータル (https://portal.azure.com) でリソースとして [SQL Server] を選択し、続いて、削除したデータベースをホストしていた論理 SQL Server 名、[削除されたデータベース]、復元したいデータベース名の順番に選択します。 ※ [削除されたデータベース] に復元したいデータベース名が表示されていない場合には、5 ~ 10 分程度待った後に改めて確認して下さい。 2. 次に、復元後のデータベース名を指定します。既定では、削除したデータベース名の後ろに日時が付加された名前になっています。データベース名を指定して OK を押下すると復元が開始されます。しばらく待つと復元が完了します。 3. 復元後にデータベース名を変更したい場合は、SQL Server Management Studio で Azure SQL Database に接続し、オブジェクトエクスプローラーでデータベース名を右クリックして [名前の変更]…

0

[FAQ] よくある質問事項について (Azure SQL Database)

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure SQL Database でよくある質問事項について紹介します。   Q1)  アプリケーション から Azure SQL Database への接続が数十秒間行えない現象が発生したが、データセンター側で何らかの問題が発生していたのか知りたい。 A1) 長期間(数分間)、継続的にアプリケーション から Azure SQL Database への接続が行えない状況が発生していない限り、データセンター側の問題ではありません。 Azure SQL Database では 高可用性を維持するため、定期的に リコンフィグレーション (Reconfiguration) を行っており、リコンフィグレーションの間、数十秒間、一時的に アプリケーション から Azure SQL Database への接続が行えない状況が発生する可能性があります。 詳細は、以下の公開情報を参照。 [SQL Database] Reconfiguration (リコンフィグレーション) は悪ではない。   Q2) …

0

[FAQ] Azure 管理ポータルのギャラリーからデプロイした Azure 仮想マシン上の SQL Server に対する構成変更 について

高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure 管理ポータルのギャラリーからデプロイした Azure 仮想マシン上の SQL Server の構成変更 (ディスク拡張) について紹介します。   Azure 管理ポータルのギャラリーから 以下のイメージを選択し、デプロイした場合、以下の構成でインストールが行われます。   SQL Server 2012 SP3 Standard on Windows Server 2012 R2SQL Server 2012 SP3 Enterprise on Windows Server 2012 R2 SQL Server 2014 SP2 Enterprise on Windows Server 2012…

0

Azure Preview (プレビュー) 機能 のサポートについて

高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 ※ BI Data Platformサポートチーム では、Microsoft SQL Server/Azure SQL Database/BI Azure などの製品をサポートしています。 Azure では、Preview (プレビュー) 機能が存在し、最新の機能をいち早く公開しています。 しかしながら、Preview (プレビュー) 機能を使用するうえで、次の点にご注意ください。   1) サービス レベル契約 および 限定的保証の対象とはならない 2) 限定的なサポート (英語のみ もしくは、フォーラムのみ など)   1) については、Preview (プレビュー) 機能を使用し、該当の機能が正常に動作しない状況となったとしても、サービス レベル契約 (SLA) の対象とならないため、返金の対象にはなりません。 また、該当の Preview (プレビュー) 機能が正常に動作しない状態となったとしても、該当機能が使用できる状態に復旧させるために、多くの時間を頂く可能性があります。   また、2)…

0

照合順序 – 文字の比較と並び順 (その 2)

神谷 雅紀Escalation Engineer   照合順序 – 文字の比較と並び順 (その 1) では照合順序とは何かを書きました。今回は、照合順序に関わるいくつかの注意点について書きます。     照合順序の衝突   異なる照合順序が指定されている列同士は、比較することができません。 以下は、その簡単なサンプルです。   use mastergodrop database ja_90_bin2go– 照合順序 japanese_90_bin2 のデータベースを作成create database ja_90_bin2 collate japanese_90_bin2gouse ja_90_bin2go– 照合順序 japanese_90_bin2 のデータベースに japanese_90_ci_as と japanese_90_cs_as の列を持つテーブルを作成create table dbo.ja_90_cias (c1 int, c2 nvarchar(10) collate japanese_90_ci_as)create table dbo.ja_90_csas (c1 int, c2 nvarchar(10) collate japanese_90_cs_as)go– japanese_90_ci_as と japanese_90_cs_as…

0

照合順序 – 文字の比較と並び順 (その 1)

神谷 雅紀Escalation Engineer 照合順序が分かりにくいという意見がありましたので、今回は照合順序を取り上げます。        照合順序とは何か SQL Server では、文字の大小関係を比較する場合の基準を照合順序 (collation) と呼んでいます。例えば、「朝」と「海」ではどちらが大きいのか、「あ」「ア」「ア」を大きい順に並べた場合どのように並ぶのかといった、文字の大小関係を決めているのが照合順序です。 言語としての日本語の観点では、「朝」と「海」のどちらが大きくても、さほど問題にはならないように思えるかもしれません。しかし、もしこれらの文字に大小関係がなかったら、データを大きい順に並べても毎回違った並び順になる可能性があります。さらに、もしこれらの文字に大小関係がなかったら、大きくも小さくもないということになります。大きくも小さくもないということは、   if (a < b) …else if (a > b) …else …   の式で最後の else に入るということであり、そこに入るのは a = b の場合だけです。つまり、等しいということです。「朝」と「海」が等しいとなると、それは言語としての日本語でも問題となってきます。 このように、照合順序 (文字の大小関係) は、データを扱う処理にとっては、重要な要素です。 照合順序はどのような場面で使われるのか 文字の比較を行うすべての場面で使われます。 例えば、インデックスを作成する際には、キー列の値順にインデックス行を並び替えるために使われます。select … from … order by Col1 のようなクエリでデータを並び替える際にも使われます。select … from … group by Col1 のようなクエリでグルーピングを行う際にも使われます。また、if (@a = @b)…

1

[SQL Database] Web および Business エディションの終了に伴う、新エディションへの移行について (Microsoft Azure SQL Database)

  皆さん、こんにちは。 SQL Server/Microsoft Azure SQL Database サポートチーム です。 既にご存知の方も多いかと思いますが、Microsoft Azure SQL Database (以下 MASD) の 旧エディション (Web および Business) が、2015年9月以降、利用できなくなります。 本サービスの終了に伴い、現在 旧エディション (Web および Business) をご利用のお客様は、新エディションへの移行 (アップグレード) が必要となります。 そのため、本サービスが終了するまでに、計画的に新エディションへの移行 (アップグレード) をお願いします。 尚、新エディション (Basic/Standard/Premium) への移行 (アップグレード) は、Windows Azure 管理ポータル から オンライン処理 で実施することが可能です。※ 新エディションへの移行中も、お客様データベースへのアクセス (SELECT/UPDATE/DELETE/INSERT) が可能です。   [新エディションへの移行手順] 1) Windows Azure 管理ポータルにログインします。 2) 移行対象 (アップグレード対象) のデータベースを選択します。…

0

[Info] .NET Framework アプリケーションをリモート配置した場合に SQL Server への接続がタイムアウトすることがある

今回の記事では、SQL Server データアクセスを行うアプリケーションについて、その実体の配置場所によって処理の遅延が発生し、接続処理がタイムアウトしたという事例について紹介いたします。もし、身近に同様の事例や、経験をお持ちの方は、以下の内容がご参考になれば幸いです。   事例 : 「ファイル共有に配置したADO から ADO.NET アプリケーションに移行したら遅くなった」 ADO 経由で SQL Server に接続しデータアクセスを実行するアプリケーション(*.exe)を共有フォルダ上に配置し、クライアントには共有フォルダ上のアプリケーションのショートカットをダブルクリックしてアプリケーションを実行していたシステムを、.NET Framework で再構成し、ADO.NET 経由で SQL Server に接続するようにマイグレーションしたところ、SQL Server への接続が高確率でタイムアウトするようになった。 接続文字列で、”Connection Timeout” プロパティを 120 秒程に延長してみたが、状況は改善しなかった。処理の序盤ではタイムアウトせず、だんだんタイムアウトしていく確率が上がっていくような動きになっている。そこでアプリケーションをクライアント ローカルもしくは SQL Server と同じ環境に配置したところ、タイムアウトは一切発生しないことがわかった。 検証結果から、アプリケーションの配置場所がローカルか、リモートかという違いのみ、動作に影響しているようであるが、以前の ADO 経由のアプリケーションでは問題が発生しなかった。 発生例) Visual Basic 6.0 アプリケーションから Visual Basic (.NET Framework ベース) に移行した場合など   この事例での対処 この問題は障害ではなく、以下の二つの要因により接続処理のすべてのフェーズが接続タイムアウト期間中に完遂していない可能性が高いという判断に至りました。このため、この件ではアプリケーションの配置を各ローカルに変更することにより、問題を解消することができました。 1. 非同期で読み込まれていくアプリケーション実行関連のファイル(DLL、EXE、ini、config ファイルなど)のネットワーク伝送およびネットワーク伝送処理における IO のオーバーヘッド 2….

0

Windows Azure の仮想マシンで実行する SQL Server Reporting Services の構築手順

山崎 実久 SQL Developer Support Engineer Windows Azure に格納されたレポート定義言語 (RDL) レポートの実行と表示を提供するサービスである SQL レポートは、2014年10月31日にサービスの提供が中止されます。 SQL レポートを今までお使いのお客様は、Windows Azure の仮想マシン上で動作する SQL Server Reporting Services にレポートの移行をお願いいたします。 Windows Azure の仮想マシンの作成手順や、仮想マシン上での SQL Server Reporting Services (SSRS) の構築手順を下記構成でお伝えいたします。 ————————————— (A). Windows Azure の仮想マシンの作成 (B). 仮想マシン上での SQL Server Reporting Services の構築 (C). 仮想マシンへのエンドポイントの追 (D). 仮想マシンのファイアウォールのポートの解放 (E). Report Server のサイトへのアクセス可否の確認 ————————————— (A). Windows Azure…

0

[Windows XP] 暗号化された SQL Server Compact Edition データベースに対してアクセス遅延が発生することがある

.NET Framework 4.0 ベースのアプリケーションにおいて、暗号化された SQL Server Compact Edition データベースに対するデータアクセス処理を行った際、Windows XP 環境で処理が遅くなることがあります。 1. 問題発生要因 SQL Server Compact Edition プロバイダは、暗号化されたデータベースを参照する際に初回に CryptAcquireContext メソッドをコールします。暗号化されたデータの複合のためのキー コンテナーは、マシンコンテナに格納されているため(※)、下記フォルダ (以下 MachineKeys フォルダと呼称) を参照することになります。 C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Microsoft\Crypto\RSA\MachineKeys MachineKeys フォルダにアクセス出来ない場合、後処理ロジックに分岐しますが、この後続処理に時間を要し処理が遅くなります。従って、対処方法としてはアプリケーションを実行するユーザーに MachineKeys フォルダに対する参照権限を付与していただくことで、後続の処理ロジックを実行させないということになります。 2. 対処方法 事前に MachineKeys フォルダに対し、SQL Server Compact Edition を参照するユーザーに対してアクセス権限を付与します。これにより後続の処理ロジックを実行させないことにより遅延が抑止されます。なお、既に SQL Server Compact Database をインストールしている環境には、既に MachineKeys フォ ルダ以下にキーコンテナが存在します。他のアプリケーションが、SQL Server Compact Database を使用している場合などは、キーコンテナの権限を手動で編集し、他のアプリケーションに対しての影響がないか十分に評価を行っていただくことを推奨いたします。…

0