SQL Server プロセスダンプの採取

    神谷 雅紀 Escalation Engineer   SQL Server データベースエンジンプロセス (プロセス名 sqlservr.exe) のプロセスダンプを採取する方法です。SQL Server 製品に付属の sqldumper.exe を使用することで、デバッガ等を追加インストールすることなく、かつ、データベースのデータを含まない形のダンプの採取が可能です。   手順1 How to use Powershell script to generate a dump file の Code details をクリックし、Powershell ソースコードをファイル名  SQLDumpHelper.ps1 ファイルとして、プロセスダンプ採取の対象となるSQL Serverが実行されているサーバーに保存します。 How to use the Sqldumper.exe utility to generate a dump file in SQL Server https://support.microsoft.com/en-us/help/917825/how-to-use-the-sqldumper-exe-utility-to-generate-a-dump-file-in-sql-se   手順2 Windows…

0

元号/和暦 の変更に伴う影響について (SQL Server, Azure SQL Database, SQL Data Warehouse)

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、元号/和暦 の変更に伴う SQL Server、Azure SQL Database、SQL Data Warehouse への影響について紹介します。   製品名 影響 SQL Server SQL Engine 無し Reporting Services 無し Analysis Services 無し Integration Services 無し Azure SQL Database 無し SQL Data Warehouse 無し   上記の表の通り、元号/和暦 の変更に伴い、SQL Server、Azure SQL Database、SQL Data…

0

ライセンス関連のお問い合わせ窓口について (Azure 仮想マシン : SQL Server)

  高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure 仮想マシン上にインストールする SQL Server のライセンスに関するお問い合わせ窓口 を紹介します。 Azure 仮想マシン上にインストールする SQL Server のライセンスに関するお問い合わせを 技術サポート窓口 にお問い合わせをいただくことがありますが、ライセンスに関するお問い合わせを承る専門の窓口があります。 Azure 仮想マシン上にインストールする SQL Server のライセンスに関する内容については、Cloud Direct にお問い合わせ下さい。   Cloud Direct https://www.microsoft.com/ja-jp/cloud-platform/Cloud-Direct     [参考情報] 既存の SQL Server ライセンスを使用し、Azure 仮想マシン上に SQL Server をインストールするためには。   [FAQ] Azure 管理ポータルのギャラリーからデプロイした Azure 仮想マシン上の…

0

ディストリビューションの構成時に「パブリッシャーとして有効にできませんでした。」エラーが発生する

  SQL Server Management Studio GUI を使用してディストリビューションを構成しようとした時に次のエラーが発生することがあります。   SQL Server で、’Server\Instance’ をパブリッシャーとして有効にできませんでした。 (Microsoft.SqlServer.Rmo) プログラムの場所: 場所 Microsoft.SqlServer.Management.UI.ReplicationSqlConnection.EnablePublisher(Publisher publisher, Boolean bScripting) 場所 Microsoft.SqlServer.Management.UI.ConfigureDistributionWizard.InstallDistributor(Boolean& anyExceptions, Boolean bScripting, ApplicationException& outerEx, StringBuilder command) =================================== オブジェクトがサーバーにありません。このオブジェクトがサーバーに存在することを確認してください。  (Microsoft.SqlServer.Rmo) プログラムの場所: 場所 Microsoft.SqlServer.Replication.ReplicationObject.CommonCreate() 場所 Microsoft.SqlServer.Management.UI.ReplicationSqlConnection.EnablePublisher(Publisher publisher, Boolean bScripting)   このエラーは、大文字小文字を区別する照合順序 (名前に CS, BIN, BIN2 を含む照合順序) がサーバー照合順序 (master データベースの照合順序) として設定されており、かつ、sys.servers カタログビューに登録されているローカルサーバ名が小文字を含む場合に発生します。 上記条件を満たしている場合には、オンプレミス環境、クラウド環境を問わず、いずれの環境においても発生します。     対処方法…

0

読み取りスケール可用性グループをお使いいただく際の注意点

皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームです。 今回は、読み取りスケール可用性グループをお使いいただく際の注意点についてご紹介します。 ■構成手順について 読み取りスケール可用性グループについては下記の公開情報に解説があります。 読み取りスケール可用性グループ 現時点では具体的な構築または管理手順につきましては Linux を対象にした下記の公開情報のみとなっておりますが、本手順につきましては、Windows にも適用いただける手順です。 SQL Server on Linux の読み取りのスケールの可用性グループを構成します ※必要に応じて、Linux のコマンドを Windows のコマンドなどへ置き換える必要があります。該当箇所を下記に抜き出しましたので、参考にしていただければ幸いです。 – 「前提条件」: Windows の場合 Hosts ファイルは既定で C:\Windows\System32\drivers\etc にございますので、管理者で実行されたメモ帳などで変更することが可能です。 「可用性レプリカをホストするすべてのサーバーが通信できるように、環境を設定します。」が目的となりますので、DNS などで名前解決ができる環境では必須ではありません。 – 「AlwaysOn 可用性グループを有効にし、mssql サーバーを再起動」: 下記弊社公開情報にて、SQL Server 構成マネージャーを使用した手順の記載がございます。 AlwaysOn 可用性グループの有効化と無効化 (SQL Server) – 「データベース ミラーリング エンドポイントのユーザーを作成します。」~「すべてのレプリカにデータベース ミラーリング エンドポイントを作成する」 これらの設定は、下記2つの公開情報にて、より具体的に記載させていただいておりますので、ご参考にしてください。 データベース ミラーリング – 発信接続に証明書を使用する データベース…

0

スタンバイモードでのトランザクション ログのリストア時にエラー 9004 が発生する事象について

    今後、修正予定となっている問題について、ご紹介いたします。 なお、本記事は、サポート技術情報(KB)が公開されるまでの間に本問題をご案内する意図で掲載しております。 事象 スタンバイモードでトランザクション ログのリストア時にエラー 9004 、状態6 が発生し、リストアに失敗することがあります。 ログ配布をスタンバイモードで構成している場合は、セカンダリでのリストアジョブでエラー 9004 が発生します。 (※ ログ配布を構成していない場合でも、トランザクション ログの復元時に、スタンバイモード(RESTORE LOG WITH STANDBY)を実行する場合は本事象が発生することがあります。) ログ出力例 2017-07-29 12:05:02.68 spid65      エラー: 9004、重大度: 16、状態: 6。 2017-07-29 12:05:02.68 spid65      An error occurred while processing the log for database ‘Database_name’.  If possible, restore from backup. If a backup is not available, it might be necessary…

0

SQL Server on Linux を Azure Linux 仮想マシンで使用する場合の注意点について

高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure 管理ポータルのギャラリーからデプロイした SQL Server 2017 on Linux を含む Azure Linux 仮想マシンを使用する場合の注意点について紹介します。 SQL Server 2017 on Linux を使用するうえで スワップ領域 (Swap) を作成することが推奨されていますが、Azure 管理ポータルのギャラリーからデプロイした SQL Server 2017 on Linux を含むAzure Linux 仮想マシンの場合、デプロイ後の Linux には、スワップ領域 (Swap) が存在しないイメージが存在します。   # Free SQL Server License: SQL Server 2017…

0

Azure 仮想マシン上に作成した SQL Server の日本語化手順(Windows OS 版 SQL Server 2017 対応手順)

高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure 管理ポータルのギャラリーからデプロイした Azure 仮想マシン上に作成した SQL Server 2017 (Windows OS 版) の日本語化手順 について紹介します。   Azure 管理ポータルのギャラリーから、SQL Server を含む Azure 仮想マシンのイメージをデプロイすることが可能ですが、該当イメージに含まれている SQL Server は英語版となります。 SQL Server データベース エンジンの実行可能ファイルは全言語共通であるため、英語版 SQL Server でも、日本語を挿入可能なデータ型 (Unicode 型など) をテーブル列として追加することで、日本語データの格納、取り出し、また、検索を実施することが可能です。 しかしながら、管理ツールのインターフェースを日本語にする必要がある場合は、以下の手順を実施することで、日本語化することが可能です。   ◆ SQL Server 2012 、2014  および 2016 の日本語化手順は以下の…

0

SQL Server 2017 のインストール時に tempdb のサイズを大きくしすぎるとExecution Timeout Expiredエラーになる事がある

皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームです。 SQL Server 2017 以降ではインストール時に tempdb の初期サイズを変更できるようになっています。 これに伴い、インストール時にある程度大きなサイズを指定してインストールを検討されるお客様もいらっしゃるかと思います。 ただ、上記の初期サイズの設定箇所では内部的なタイムアウト(20分)が設定されており、ファイルの作成に20分を超えるとインストールが失敗(Execution Timeout Expired)します。 tempdbの初期サイズが変更できる新機能ではありますが、それ故に大きなサイズを指定してインストールが失敗する事がないように、事例としてご紹介させて頂きます。 事象 SQL Server 2017 のインストール時に大きい tempdb のファイルサイズを指定した場合、セットアップが失敗する事がある。 //エラー画面 //Message全文 The following error has occurred: Execution Timeout Expired. The timeout period elapsed prior to completion of the operation or the server is not responding. //ログ抜粋 C:\Program Files\Microsoft SQL Server\140\Setup Bootstrap\Log\yyyymmdd_hhmmss\Detail.txt…

0

SQL Server AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス 環境に .NET Framework 4.6 をインストール後、メンテナンスプラン から SQL Server への接続に失敗する

高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、SQL Server AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス 環境に .NET Framework 4.6 をインストール後、メンテナンスプラン から SQL Server への接続に失敗する問題について紹介します。   SQL Server AlwaysOn フェールオーバー クラスター インスタンス環境 (以下 SQL Server AlwaysOn FCI) で、かつ、名前付きインスタンスをインストールした環境に、.NET Framework 4.6 をインストールすると、メンテンナンス プラン 及び syspolicy_purge_history ジョブ から 該当の名前付きインスタンスに接続しようとした際に、以下のエラーにより、接続に失敗するという現象が発生します。 この問題は、スタンドアローン環境 及び SQL Server AlwaysOn…

0