トラブルシューティング手法とサポートサービス

システムで何らかのエラーが発生したという場合や、やりたいことができないといった場合に、トラブルシューティングを行うことになりますが、その際の一般的なトラブルシューティングの流れについてご紹介します。私たちサポートチームもだいたいこのようなフローの考え方をもとに調査を行っています。また、テクニカルサポートでは、インシデント単位で承っているプロフェッショナルサービスと、時間単位で承っているプレミアサービスがあります。トラブルシューティング内容に応じた、それらのサポートサービスの違いについても、参考としてご案内します。 大きく、運用でのエラー発生、開発時の How-to では考え方も異なりますので、それぞれ分けて見ていきます。 エラー発生 A) いま事象が発生しているか これは一番重要なポイントになります。いま事象が発生している場合には、すぐに対処が必要なため緊急度は高くなり、できることも多くなります。復旧優先で対処となりそうな対応をすぐに行ったり、原因調査のためにいったん情報も採取してから対処を行うといった対応があります。 一方、いま発生していないけれども、過去発生していたエラーをさかのぼって調査することもあります。この場合には、どれだけ手掛かりとなる情報が残っているかが重要です。 B)エラーメッセージやログから調査 いま事象が発生している場合には、エラーメッセージやログを確認します。 SQL Server を例にとると、既定で出力されている情報として参考になるのは、下記があります。 既定の情報 SQL Server エラーログ (ERRORLOGファイルや、同じフォルダにあるデフォルトトレースやダンプファイル等) Reporting Services ログ (ログファイルや同じフォルダにあるダンプファイル、ExcecutionLog ビュー) Analysis Services ログ (msmdsrv.logやフライトレコーダー) イベントログ その他、事象に応じて、次のような情報を採取することもあります。 追加情報 ブロッキング情報 動的管理ビュー サーバートレース 拡張イベント パフォーマンス カウンター 問題ステップ記録ツール BID トレース ネットワークトレース ダンプファイル プロフェッショナルサービス、プレミアサービスのいずれでも、これらの情報からの調査は承っています。違いとしては、下記があります。 プロフェッショナルサービス これらの情報から、対処方法を調査してご案内します。 プレミアサービス これらの情報から、対処方法を調査してご案内します。また、必要に応じて原因追及の調査も行うことが可能です。 追加情報の中でも、BIDトレース、ネットワークトレース、ダンプファイルを採取する必要がある事象については、環境依存の問題の可能性が一般的には高いと言えます。その場合にはプレミアサービスでのみ調査可能です。   C) 発生状況の切り分け 事象によっては、情報採取よりも、事象が発生するパターン、発生しないパターンを切り分けることによって、問題点が特定できる場合があります。また、発生しないパターンが確認できると、それが対処方法に直結する場合もあります。例えば、次のような切り分けがあります。 特定の環境で発生する、もしくは複数の環境で発生する 特定のクライアントで発生する、複数のクライアントで発生する 特定のユーザーで発生する、複数のユーザーで発生する…

0

[SSAS] SQL Server Analysis Services トラブルシューティングのご案内

山崎 実久 SQL Server Developer Support Engineer 以前、SQL Server Engine のトラブルシューティングや SQL Server Reporting Services のトラブルシューティングについて案内いたしました。 今回は SQL Server Analysis Services (SSAS) のトラブルシューティングに必要な情報採取項目について本 blog でご案内します。 SSAS に関して問題が発生した場合、以下の情報を採取後、2 以降のログに対し問題が発生した日時に関連するエラーが記録されていないか確認します。 1. Analysis Services のバージョンの確認 2. イベントログ(アプリケーション、システム、セキュリティ) の確認 3. Analysis Services のログの確認 4. Analysis Services の構成情報の確認 5. パフォーマンスログの確認 6. サーバートレースの確認 1. Analysis Services のバージョンの確認 =========================== 現象が発生した Analysis Services…

0

[SSAS] 属性のメンバのプロパティ表示について

  胡 淑鳳 SQL Developer Support Excel で分析観点(パースペクティブ)に接続しピポットテーブル レポートを利用する際、SQL Server Analysis Services のバージョンがSQL Server 2012以降では、分析観点で非表示にした属性のメンバのプロパティの表示ができなくなりました。今回は具体例を挙げてその動きの変化を説明します。 Analysis Services データベースに [Adventure] キューブが存在します。キューブのディメンションの [Employee] の構造は下記となります。 今回は [Birth Date] というプロパティを例として説明します。 SQL Server 2008R2 までのメンバのプロパティの表示 まず Microsoft Visual Studio で SSAS データベースに接続しキューブの状況を確認しましょう。 Microsoft Visual Studio [ファイル] → [開く] → [Analysis Services データベース] をクリックします。 [データベースの接続] ダイアログにて [既存のデータベースに接続] の [サーバー] と [データベース]…

0

Analysis Services のデッドロックとブロッキングの確認方法

はじめに Analysis Services データベースにおいてもデッドロックやブロッキングが発生することがあり、SQL Server Profiler を使って発生状況を確認する事が可能です。 Profiler の起動方法についてはこちらをご覧下さい。SQL Server も Analysis Services も Profiler の起動方法は同じです。Profiler の接続先を Analysis Services インスタンスに指定することで、Analysis Services のトレースを取得できます。 ※Profiler を GUI で使用すると、スクリプトで取得する場合と比較して負荷が大きくなります。そのため、運用環境で情報を取得する場合は、スクリプトで取得する事をお勧めします。スクリプトでの取得方法は、[SSAS] SQL Server Analysis Services トレース採取方法 をご覧ください。 — 参考情報DO’s&DONT’s #1: やらない方がいいこと   運用環境で、Profiler GUI を使用してトレースする デッドロックの確認方法Analysis Services のデッドロックは SQL Server Profiler の Deadlock イベントで確認することができます。Deadlock イベントでは、デッドロックを検知した際に、XML の構造でその情報を取得します。どのセッションがどのオブジェクトに対してロックを獲得していて、どのセッションがそのオブジェクトへのロック獲得を待っているのかを確認することができます。 Deadlock イベントは既定で有効になっていないため、トレースのプロパティで [すべてのイベントを表示する] オプションから…

0

[SQL Server] Hyper-V 仮想化の対応状況について

  皆さん、こんにちは。 SQL Server/Microsoft Azure SQL Database サポートチーム です。 今回は、SQL Server の仮想化対応状況についてご紹介します。 以下に Hyper-V の各テクノロジー サポート状況をまとめましたのでご参考ください。 ※ 2015 年 7 月 SQL Server 2014 のサポート状況を追記いたしました。   項目 機能 SQL Server 2008 R2 SQL Server 2012 SQL Server 2014 Hyper-V 全般 仮想化のサポート サポート対象 サポート対象 サポート対象 Hyper-V バージョン 2008 以降 2008 以降 2008 以降 CPU 仮想プロセッサー(VP) と論理プロセッサー(LP)…

0

[TroubleShooting] PowerPivot ギャラリーで PowerPivot ファイルを開くとエラーが発生する

SQL Developer Support Engineer 山崎実久 SQL Server 2012 Reporting Services と SharePoint 2010 で統合モードを構成し、PowerPivot ギャラリー上で PowerPivot のブックを利用した際、SQL Server 2012 のサービスパックや修正プログラムを適用後、PowerPivot ファイルを開くと、以下の予期しないエラーが発生する場合があります。      原因 SharePoint の サーバーの全体管理の監視の項目で設定可能な診断ログを採取し、ログを確認するとエラー再現時以下のメッセージが記録されています。本事象はエラーメッセージの通り、サービスパックや修正プログラムを Analysis Services を含めた SQL Server に適用したことで、ローカルの SQL Server Analysis Services (PowerPivot) インスタンスのバージョン番号が、コンピューター上のプログラム ファイルに関連付けられているバージョンと一致しないために発生しています。 ——————– 08/13/2014 15:10:23.29         w3wp.exe (0x0130)         0x1E34        PowerPivot Service         Request Processing         45        High         Local Analysis Services in…

0

NULL データが含まれる場合の MDX 関数 BOTTOMCOUNT 使用の注意事項

  SQL Server Developer Support チーム   概要     SQL Server Analysis Services のキューブデータには、データソースとなるデータに依存し、メジャーに NULL データを含む場合があります。 MDX 関数に BOTTOMCOUNT という関数があり、これは、指定した項目を並べ替え、下位から指定した件数分のデータを取得するという関数です。   この関数を利用した場合に NULL データが含まれていると、並べ替えの結果、NULL が下位となり NULL のデータを優先して返すこととなり、想定しない結果が返ったと感じる場合があります。   データ例 弊社 Adventure Works DW サンプルデータベースを基に、BOTTOMCOUNT を利用し、メジャーの Internet Sales Amount が最下位 3 つの [Product].[SubCategory] を返却する方法を案内します。 [Product].[SubCategory] 別の Internet Sales Amount は以下の通り、NULL を含むレコードが含まれています。   上記から、NULL でない値を保持する最下位 3…

0

SQL Server 2012 の SysPrep で Analysis Services と共有機能を準備する方法

  福原 宗稚 Support Escalation Engineer   SQL Server 2012 の SysPrep で Analysis Services と共有機能を含めてイメージの準備をする際に、日本語版のインストーラーに問題があることが分かりました。そこで、正しくイメージの準備をする方法をご紹介します。     前提 SQL Server 2012 のサービスパック (SP) や更新プログラム(CU)を含めてイメージの準備をするためには、「/UpdateSource」パラメーターを指定してインストーラーをコマンド実行します。 SQL Server 2012 SP1 CU2 から、Analysis Services と共有機能の SysPrep が利用できるようになりました。   問題 英語版での SysPrep では問題なく、Analysis Services と共有機能をイメージに含めることができますが、日本語等ローカライズされたバージョンでは正しく動作しません。 インストールウィザードの [機能の選択] 画面で、Analysis Services、共有機能が一覧に表示されないため、これらの機能をイメージに含めることができません。    対処方法 使用するバージョンによって、対処方法が異なります。 A. SQL Server 2012 SP1 の…

0

[SSAS] 信頼関係のない異なるドメインに存在する名前付きインスタンスの Analysis Services へ接続する際の制限

SQL Developer Support Engineer 山崎実久 事象 信頼関係のない異なるドメインに名前付きインスタンスでインストールされた Analysis Services へ、ユーザ名とパスワードを指定しパススルー認証で接続すると、以下のエラーが出力され接続できない。 OLE DBプロバイダーでエラーが発生しました。リダイレクターに接続できませんでした。’SSASのサーバー名’サーバーでSQL Browserサービスが実行されていることを確認してください。 具体的な例 – 環境 ドメインA の Windows 7 には、Office 2010 の Excel が存在する。 ドメインB の Windows Server 2012 上に名前付きインスタンス tabular でインストールされた SQL Server 2012 Analysis Services 表形式モード が存在する。 ドメインA とドメイン B には信頼関係がない。 ドメイン サーバーの構成 役割 存在するユーザー名とパスワード ドメイン A – Windows 7 – Excel…

0

2013 年 8 月 SQL Server 最新モジュール

2013 年 8 月 28 日時点の SQL Server 最新モジュールです。  SQL Server 2000 は 2013 年 4 月 9 日に延長サポートが終了しました。長らくのご愛用ありがとうございました。                         サービス パック 更新プログラム バージョン リリース年月 SQL Server 2012 SP1 KB 2861107(CU5) 11.00.3373 2013/7 メインストリームサポート SQL Server 2008 R2 SP2 KB 2871401 (CU8) 10.50.4290 2013/8 メインストリームサポート SQL Server 2008 SP3 KB 2863205 (CU12) 10.00.5844 2013/7…

0