SQL Database から Microsoft Azure 仮想マシン + SQL Server 環境 へのデータ移行方法について

  皆さん、こんにちは。SQL Server/Microsoft Azure SQL Database サポートチームです。今回のテーマは SQL Database から IaaS 環境へのデータ移行方法についてです。 Microsoft Azure SQL Database (以下 MASD) /Microsoft Azure 仮想マシン + SQL Server  (以下 SQL VM) をご利用いただいているお客様からよく頂くご質問の一つに、MASD から SQL VM へのデータ移行方法に関するものがあります。 当初は、MASD の使用した開発を検討していたが、SQL Server のフル機能を使用したいなど、開発途中で要件変更が発生し、別の環境にデータ移行を行う必要が出てくる可能性があると思います。 今回は、このような状況で役立つ、MASD から SQL VM へのデータ移行方法をご紹介します。   [前提条件] データ移行先の Microsoft Azure 仮想マシンに SQL Server がインストールされていることを前提にしています。   [事前準備] 1) Microsoft Azure…

0

[SQL Database] SQL Server – Windows Azure SQL Database (WASD) 間のデータ同期方法について

皆さん、こんにちは。 SQL Server/Windows Azure SQL Database サポートチームの高原です。 今回は、Windows Azure SQL Database (以下 WASD) に関するお問い合わせの中で、よくあるお問い合わせの一つを紹介します。 [質問] オンプレミス上の SQL Server と WASD 間のデータの同期を実施したいが、同期する方法について知りたい。 [回答] オンプレミス上の SQL Server と WASD 間のデータの同期(差分同期) を自動的に行える機能は、2014年2月 時点にてございません。 しかしながら、毎回 全データの同期となりますが、代替案として、以下のツールを使用することにより、データの同期を行うことができます。 A) SqlPackage.exe メリット : リトライロジックが実装されているため、何らかの要因により Export/Import 処理が失敗したとしても、失敗した処理から再処理を行うことが可能となります。 B) SQL Azure へのデータベースの配置 (SQL Server Management Studio 以下 SSMS) メリット : SSMS から 簡単に処理を実行することが可能となります。 C)…

0

KB 2517589 / 2640696 : Win7 SP1 上でビルドした ADO を参照するプログラムが下位バージョン OS 上で動作しない現象と対処方法 (Ver 2.1)

横井 羽衣子 SQL Developer Support Engineer ※ Tue, Apr 3 2012 Ver 1.0 / Published ※ Tue, May 2 2012 Ver 2.0 / ADO PIA についての言及を追記 ※ Tue, Oct 23 2012 Ver 2.1 / 動作概念図追記および現象発生しない場合についての言及追記 今回は、サポート技術情報 2517589 の現象についてのご案内です。     この技術情報は、Windows 7 Service Pack 1 または Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 上でビルドした ADO を参照する Visual…

0

[SSMA] SSMA for Oracle Extension Pack インストール時に「スカラー変数 “xxx” を宣言してください。」エラーが発生する。

山田 浩史 SQL Engine Support Engineer みなさんは SQL Server Migration Assistant (SSMA) というツールをご存知ですか。 SSMA とは、Oracle、Sybase、MySQL、Access といったデータベースから、SQL Server への移行作業を支援するツールで、無償で利用出来ます。 SSMA を利用することで、一部のオブジェクトやデータの移行が行え、その結果をもとに、各種オブジェクトやデータの修正を行うことで、SQL Server への移行作業のコストを削減できるものと期待しています。 今回は、SSMA for Oracle をご利用いただいているお客様が導入時に経験する可能性のある問題について紹介します。 現象 SSMA for Oracle Extension Pack のインストールをすると、以下のエラーが発生する。     Invalid connection (スカラ変数"@Param2" を宣言してください。 スカラ変数"@Param2" を宣言してください。 スカラ変数"@Param1" を宣言してください。 スカラ変数"@Number_value5" を宣言してください。 スカラ変数"@Param2" を宣言してください。 スカラ変数"@Nulls_part1" を宣言してください。 スカラ変数"@Param2" を宣言してください。 スカラ変数"@Nulls_part2" を宣言してください。 スカラ変数"@Nulls_part1" を宣言してください。…

0

Known Issue: NullProcessing プロパティを Preserve にすると「Preserve は、個別のカウント メジャー ‘XXXX’ の有効な NullProcessing 値ではありません。」が発生する。

小林 真治SQL Developer Support Escalation Engineer  今回は、SQL Server Analysis Services 2012 (以下 SSAS 2012) において、「メジャーの AggregateFunction に DistinctCount を指定している」場合における  NullProcessing プロパティ値の選択方法について解説します。 問題 SSAS 2012 では、 DistictCount 利用時における NULL 評価を厳密にするため、 NullProcessing プロパティに Preserve が利用されることを制限しました。このため、SSAS 2012 において、下記条件を含むデータベースを配置/作成しようとすると、エラー「メタデータ マネージャーでエラーが発生しました。 Preserve は、個別のカウント メジャー ‘XXXX’ の有効な NullProcessing 値ではありません。」が発生します。     - メジャーの AggregateFunction として DistinctCount を指定しているメジャーがキューブ内に存在する。    - 該当メジャーの Source 内の NullProcessing プロパティにおいて Preserve…

0

Oracle 経験者のための SQL Server HowTo #2: サーバートレースを使ってセッション・レベルのSQLトレースを取得する

早川 邦彦 SQL Engine Support Engineer   Oracle 経験者のための SQL Server HowTo 2回目の今回は、SQL Server のサーバートレースを使って Oracle でいうセッション・レベルのSQLトレースを取得する方法について紹介します。 1. セッション・レベルのSQLトレースについて Oracle データベースでは以下のようなコマンドを実行することで、該当セッションで実行されるSQLの構文、実行統計、および実行プラン情報をトレースファイルに出力させることができます。   ALTER SESSION SET EVENTS ‘10046 trace name context forever, level 1’; SQL Server ではサーバートレースを使用することで上記の Oracle のコマンドのように、特定のセッションが実行しているSQLの詳細情報をトレースファイルに出力させることができます。なお、 Oracle の上記コマンドとは違い、SQL Server のサーバートレースを使用すればどのセッションの、どのような情報を出力するかをより詳細に制御することが可能です。 2. トレース定義スクリプトの作成 トレース定義スクリプトを作成する基本的な手順は以下の弊社ブログ情報に記載されているのでこちらの手順をベースに SQL Server でのセッション・レベルのSQLトレースを取得するためのスクリプト生成方法を説明します。   SQL トレーススクリプトの作成、実行 (SQL Server 2005, 2008,…

0

Oracle 経験者のための SQL Server HowTo #1: 拡張イベントを使って On-Error Dump を取得する

早川 邦彦  SQL Engine Support Engineer   技術者としていくつかのデータベース製品を扱う機会があるかと思いますが、データベース製品には構文や機能の違いがあるので、一つのデータベース製品でできることが別の製品では実装方法が分からないケースが多々あると思います。そこで、 Oracle データベースでできることをいくつか例として挙げて、 SQL Server ではどのようにこれらを実装できるかを何回かのシリーズで紹介しようと思います。 まず一回目の今回は、SQL Server の拡張イベント機能を使って Oracle でいう On-Error Dump を取得する方法について紹介します。 1. On-Error Dump について Oracle データベースでは以下のようなコマンドを実行することで特定のエラーが発生した際にエラー発生時の情報をトレースファイルに出力させることができます。 下記のコマンドは ORA-942 エラーが発生した際に errorstack というタイプのダンプファイルを詳細レベル 3 で出力するというコマンド例です。     alter system set events ‘942 trace name errorstack level 3’ SQL Server 2008 以降では拡張イベントを使えば上記の Oracle データベースのコマンドのように特定のエラーが発生したタイミングで情報をトレースファイルに出力させることができます。なお、 Oracle のコマンドとは違い、SQL Server の拡張イベントを使用すればいつ、何を、どこに出力するかをより詳細に制御することが可能です。…

0