[SSAS] SQL Server Analysis Services トラブルシューティングのご案内

山崎 実久 SQL Server Developer Support Engineer 以前、SQL Server Engine のトラブルシューティングや SQL Server Reporting Services のトラブルシューティングについて案内いたしました。 今回は SQL Server Analysis Services (SSAS) のトラブルシューティングに必要な情報採取項目について本 blog でご案内します。 SSAS に関して問題が発生した場合、以下の情報を採取後、2 以降のログに対し問題が発生した日時に関連するエラーが記録されていないか確認します。 1. Analysis Services のバージョンの確認 2. イベントログ(アプリケーション、システム、セキュリティ) の確認 3. Analysis Services のログの確認 4. Analysis Services の構成情報の確認 5. パフォーマンスログの確認 6. サーバートレースの確認 1. Analysis Services のバージョンの確認 =========================== 現象が発生した Analysis Services…


[SSRS Troubleshooting] SQL Server Reporting Services トラブルシューティングのご案内

山崎 実久 SQL Server Developer Support Engineer   以前、[SQL Troubleshooting] SQL Server トラブルシューティング 6 回シリーズのご案内 で、SQL Server Engine 側で発生する問題について、基本的な切り分け方法をご案内しました。 今回は、SQL Server Reporting Services (SSRS) のトラブルシューティングに必要な情報採取項目について本 blog でご案内します。 SSRS に関して問題が発生した場合、以下の 8 つの情報を採取、確認し、2 以降のログに対して、問題が発生した日時に関連するエラーが記録されていないか確認します。 1.  Reporting Services のバージョンの確認 2.  イベントログ(アプリケーション、システム、セキュリティ) の確認 3.  Reporting Services ログの確認 4.  Reporting Services の詳細ログ 5.  HTTP ログ 6.  実行ログ executionlog 7.  パフォーマンスログ…


[SQL Troubleshooting] 第6回:ブロッキング情報を採取する (SQL Server 2000 ~ 2008 R2)

  [このエントリについて] SQL Server のブロッキングを調査する為の情報、いわゆるブロッキング情報の採取手順を紹介します。 SQL Server サポートでは、ブロッキング発生が疑われる際に、一般的に以下の手順で情報採取をお願いしています。 [手順概要] 事前に情報採取の準備を行い、ブロッキングが発生する前に情報採取を開始し、現象発生を確認後に情報採取を停止し、出力情報を採取します。 おおまかな情報採取の流れは以下となります。 1. sp_blocker_pss80 ストアド プロシージャを作成する 2. ストアドプロシージャを定期的に呼び出すスクリプトを作成する 3. ブロッキング情報の採取を開始 4. 調査対象の処理を実行 5. 現象(クエリ遅延など)発生を確認 6. ブロッキング情報の採取を停止 7. 出力情報を採取   [手順詳細] それでは、実際の手順について順を追って説明します。 1. sp_blocker_pss80 ストアド プロシージャを作成する 以下のサイトにアクセスし、sp_blocker_pss80 ストアド プロシージャ作成用スクリプトを入手します。   <タイトル : SQL Server 2005 および SQL Server 2000 のブロッキングを監視する方法> URL : http://support.microsoft.com/kb/271509/ja   ※URL の公開情報は SQL…