分散型可用性グループのフェールオーバーについて

このポストは 2019年1月に公開された Replica Failover within the Secondary Availability Group in a Distributed Availability Group の翻訳です。 ————— 分散型可用性グループ (distributed AG) は、特別な可用性グループであり、2つの可用性グループにまたがっています。このブログでは、分散型可用性グループのフェールオーバーについての問題を説明します。特に可用性グループ間の同期状態にかかわらず、分散型可用性グループのデータ損失への耐性をご紹介します。 検証のために、シンプルな分散型可用性グループ ‘TIWENDAG’ を作成します。 ‘TIWENDAG’ の構成は次の図のとおりです。 ‘TIWENAG1’ が分散型可用性グループ ‘TIWENDAG’ のプライマリ可用性グループで、’TIWENVM1′ がプライマリ レプリカ、’TIWENVM2′ がセカンダリレプリカです。’TIWENAG2′ が分散型可用性グループ ‘TIWENDAG’ のセカンダリ可用性グループで、’TIWENVM3′ がプライマリ レプリカ、’TIWENVM4′ がセカンダリレプリカです。 分散型可用性グループで定義されている、2つの可用性グループの自動フェールオーバーはサポートされています。例えば、可用性グループ TIWENAG1 でフェールオーバーモードが “自動” で設定されていると、TIWENAG1 がダウンした際にはTIWENAG1 (プライマリ) と TIWENAG2 (同期セカンダリ) 間で自動フェールオーバーが発生します。同様に、可用性グループ TIWENAG2 でTIWENVM3 (プライマリ) がダウンした場合には、TIWENVM4 (同期セカンダリ) に自動的にフェールオーバーされます。…

0